2019年12月10日

J2 2007 第47節 湘南ベルマーレ 2-1 水戸ホーリーホック

公式戦471試合目(J2-351試合目)
2007年10月24日
J2 2007 第47節 湘南ベルマーレ 2-1 水戸ホーリーホック
A 平塚 3,412人
湘南ベルマーレ
監督: 菅野将晃
GK: 25金永基
DF:30山口貴弘、2斉藤俊秀、3ジャーン、21尾亦弘友希
MF: 10アジエル、15北島義生(87分 6田村雄三)、8坂本紘司、24加藤望(82分 14永里源気)
FW: 7エドワルド・マルケス(69分 20原竜太)、11石原直樹
得点: ジャーン(57分)、加藤望(61分)
警告: 斉藤俊秀(64分)
控え: 1伊藤友彦、9梅田直哉
水戸ホーリーホック
監督: 前田秀樹
GK: 1本間幸司
DF: 4鈴木和裕、3平松大志、3吉本岳史、20倉本崇史
MF: 17金澤大将、6小椋祥平、26ビジュ、13椎原拓也(67分 25鈴木良和)、
FW: 11塩沢勝吾、19西野晃平
得点: 西野晃平(34分)
警告: ビジュ(72分)
控え: 21武田博行、5初田真也、7村松潤、29眞行寺和彦

・J2シーズン: 44試合6勝10分28敗、得点29失点67
・J2通算: 352試合88勝77分187敗、得点311失点523
・J2順位: 最下位/13チーム

【TV観戦】
公式戦TV観戦24試合目


by junn-chang, Dec.10, 2019
posted by junn-chang at 06:30| 茨城 ☔| Comment(0) | 2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月09日

J2 2007 第46節 水戸ホーリーホック 0-2 サガン鳥栖

公式戦471試合目(J2-351試合目)
2007年10月21日
J2 2007 第46節 水戸ホーリーホック 0-2 サガン鳥栖
H 笠松 1,306人
水戸ホーリーホック
監督: 前田秀樹
GK: 1本間幸司
DF: 4鈴木和裕(78分 20倉本崇史)、3平松大志、26ビジュ、30中村英之(87分退場)
MF: 17金澤大将、6小椋祥平、7村松潤(67分 13椎原拓也)、25鈴木良和
FW: 11塩沢勝吾(67分 19西野晃平)、27岩舘侑哉(71分退場)
得点: なし
警告: 岩舘侑哉(7分)、村松潤(32分)、中村英之(51分)、岩舘侑哉(71分)、中村英之(87分)
退場: 岩舘侑哉(71分)、中村英之(87分)
控え: 31原田欽庸、24島貫純

サガン鳥栖
監督: 岸野靖之
GK: 12赤星拓
DF: 15鐵戸裕史(78分 28野崎陽介)、27柴小屋雄一(50分 29日高拓磨)、5飯尾和也、4吉田恵
MF: 16高地系治(85分 2小井手翔太)、8尹晶煥、14高橋義希、24清水康也
FW: 9金信泳、25藤田祥史
得点: 清水康也(40分)、藤田祥史(64分)
警告: 藤田祥史(56分)、吉田恵(71分)
控え: 31中林洋次、30レオナルド
・J2シーズン: 43試合6勝10分27敗、得点28失点65
・J2通算: 351試合88勝77分186敗、得点310失点521
・J2順位: 最下位/13チーム

【スタジアム観戦】
公式戦スタジアム観戦186試合目
自滅する水戸、激高するサポと冷笑する半月。第46節、ホームでの鳥栖戦。最初に言うべきことは、またしても審判の判定は酷かったこと。判定基準は曖昧だし、ピッチに倒れている選手に対する処置は不適切だったし、結果的に試合を荒れさせた責任は審判にもある。そして、次に言うべきこと(これが重要なんだけど)は、退場した選手には猛省してもらいたい。これは個人的な私闘じゃないし、今夜の試合はサポーターへのあからさまな裏切りに等しい。特に岩館の行為はすでに警告を1枚もらっている選手のすべきことではなかった。退場の判定を受けた後、看板に蹴りを入れた行為は最低(スポンサーにも失礼でしょう)。更に中村も2枚目の警告で退場。不可解なジャッジを続ける審判、やたらとピッチに倒れる鳥栖の選手、激高し退場する水戸の選手、こんな試合を観に来たわけじゃない。


by junn-chang, Dec.9, 2019
posted by junn-chang at 06:25| 茨城 ☀| Comment(0) | 2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月08日

J2 2007 第45節 水戸ホーリーホック 1-0 徳島ヴォルティス

公式戦470試合目(J2-350試合目)
2007年10月14日
J2 2007 第45節 水戸ホーリーホック 1-0 徳島ヴォルティス
H 笠松 1,336人
水戸ホーリーホック
監督: 前田秀樹
GK: 1本間幸司
DF: 4鈴木和裕(65分 7村松潤)、3平松大志、14吉本岳史(80分退場)、30中村英之
MF: 17金澤大将、6小椋祥平、26ビジュ、13椎原拓也
FW: 11塩沢勝吾(88分 29眞行寺和彦)、27岩舘侑哉(53分 19西野晃平)
得点: 吉本岳史(20分)
警告: 吉本岳史(22分)、吉本岳史(80分)
退場: 吉本岳史(80分)
控え: 31原田欽庸、24島貫純

徳島ヴォルティス
監督: 今井雅隆
GK: 30鈴木正人
DF: 32塩川岳人、6西河翔吾(65分 24小山拓土)、4青葉幸洋、16挽地祐哉
MF: 17丹羽大輝、7アンドレ、8ダ・シルバ、11片岡功二
FW: 9小林康剛、33長谷川太郎(45分 14石田祐樹)
得点: なし
警告: 西河翔吾(15分)、青葉幸洋(20分)
控え: 21島津虎史、23天羽良輔、28高橋健史
・J2シーズン: 42試合6勝10分26敗、得点28失点63
・J2通算: 350試合88勝77分185敗、得点310失点519
・J2順位: 最下位/13チーム

【スタジアム観戦】
公式戦スタジアム観戦185試合目
第45節、ホームでの徳島戦に辛勝、8試合ぶりの勝利! クラブ通算310(みと)ゴール目となる、記念すべき吉本のPKでの得点を何とか守りきっての勝利。(降格のない)J2最下位を争う2チームの直接対決、試合開始から前線からのプレスが良かった。得点への意識の高さを感じたし。岩館のアグレッシヴな姿勢とスピード、それに呼応した塩沢の突破がPKを得ての得点。問題は後半、当然FWの運動量は落ちてしまうわけで、それでも同じサッカーをやっているとどうしても得点への期待を感じられなくなってします。塩沢の運動量は賞賛すべきながら、後半20分ぐらいからはもうへとへと。後半早々にまだ動ける岩館を西野に替えるという采配にはやや疑問。か。それと吉本が得点を決めた際に、アンダーシャツを見せただけで(310って書いてあったのか?)イエローはないでしょう。


by junn-chang, Dec.8, 2019
posted by junn-chang at 22:00| 茨城 ☀| Comment(0) | 2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月07日

J2 2007 第44節 ザスパ群馬 0-0 水戸ホーリーホック

公式戦469試合目(J2-349試合目)
2007年10月10日
J2 2007 第44節 ザスパ群馬 0-0 水戸ホーリーホック
A 敷島 2,865人
ザスパ草津
監督: 植木繁晴
GK: 1本田征治
DF: 23藤井大輔、3尾本敬、36喜多靖、7佐田聡太郎
MF: 2寺田武史(45分 18櫻田和樹)、17秋葉忠宏、24吉岡聡(74分 14佐藤正美)、6鳥居塚伸人
FW: 9高田保則、20松浦宏治(53分 25佐藤大基)
得点: なし
警告: 高田保則(43分)、佐藤大基(71)
控え: 22北一真、4田中淳
水戸ホーリーホック
監督: 前田秀樹
GK: 1本間幸司
DF: 4鈴木和裕、3平松大志、14吉本岳史、30中村英之
MF: 17金澤大将、6小椋祥平、26ビジュ、25鈴木良和(87分 29眞行寺和彦)
FW: 11塩沢勝吾(62分 19西野晃平)、27岩舘侑哉(78分 7村松潤)
得点: なし
警告: 鈴木良和(30分)、岩舘侑哉(52分)、小椋祥平(64分)、ビジュ(69分)
控え: 31原田欽庸、13椎原拓也

・J2シーズン: 41試合5勝10分26敗、得点27失点63
・J2通算: 349試合87勝77分185敗、得点309失点519
・J2順位: 最下位/13チーム
・J2リーグ戦: 7試合連続未勝利

【TV観戦】
公式戦TV観戦23試合目


by junn-chang, Dec.7, 2019
posted by junn-chang at 09:16| 茨城 ☔| Comment(0) | 2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月06日

天皇杯 2007 3回戦 水戸ホーリーホック 1-0 ツエーゲン金沢

公式戦468試合目(天皇杯-26試合目)
2007年10月7日
天皇杯 2007 3回戦 水戸ホーリーホック 1-0 ツエーゲン金沢
H 笠松 1,054人
水戸ホーリーホック
監督: 前田秀樹
GK: 31原田欽庸
DF: 18金基洙、3平松大志、14吉本岳史、30中村英之
MF: 17金澤大将、6小椋祥平、7村松潤(62分 26ビジュ)、25鈴木良和
FW: 11塩沢勝吾、19西野晃平(71分 27岩舘侑哉)
得点: 村松潤
警告: 吉本岳史
控え: 1本間幸司、24島貫純、15大橋直矢

ツエーゲン金沢
監督: 池田司信
・天皇杯シーズン: 1試合1勝0分0敗、得点1失点0
・天皇杯通算: 26試合16勝0分10敗、得点62失点40

【スタジアム観戦】
公式戦スタジアム観戦184試合目
秋晴れの笠松、北信越社会人リーグのツエーゲン金沢に辛勝。天皇杯2年ぶりの勝利。試合後、キャプテン吉本のインタビューでの最初の言葉が「すいません」。この言葉がすべて。直接狙ったわけではない村松のFKが、幸運にもそのままゴールを割った1点のみ、あとは決定機をほとんど作れず、逆に後半は被決定機の連続。原田の好セーブで防ぐという展開。その原田が公式戦フル出場したことが収穫の試合。金沢はかつて水戸に在籍した森陽一、権東勇介、吉田智尚が揃って先発出場。


by junn-chang, Dec.6, 2019
posted by junn-chang at 06:29| 茨城 ☁| Comment(0) | 2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月05日

J2 2007 第43節 水戸ホーリーホック 0-1 ベガルタ仙台

公式戦467試合目(J2-348試合目)
2007年9月30日
J2 2007 第43節 水戸ホーリーホック 0-1 ベガルタ仙台
H 日立 3,172人
水戸ホーリーホック
監督: 前田秀樹
GK: 1本間幸司
DF: 4鈴木和裕(86分 24島貫純)、3平松大志、14吉本岳史、30中村英之
MF: 17金澤大将、6小椋祥平、26ビジュ、7村松潤
FW: 11塩沢勝吾、19西野晃平
得点: なし
警告: 小椋祥平(89分)
控え: 21武田博行、18金基洙、13椎原拓也、27岩舘侑哉

ベガルタ仙台
監督: 望月達也
GK: 16林卓人
DF: 25菅井直樹、3渡辺広大、34岡山一成、17磯崎敬太
MF: 24永井篤志、7千葉直樹(34分退場)、10梁勇基(84分 20関口訓充)、8ロペス
FW: 13中島裕希(40分 5ジョニウソン)、18萬代宏樹(89分 27富田晋伍)
得点: 梁勇基(55分)
警告: 千葉直樹(18分)、千葉直樹(34分)、ロペス(71分)、渡辺広大(78分)
退場: 千葉直樹(34分)
控え: 21萩原達郎、26田ノ上信也
・J2シーズン: 40試合5勝9分26敗、得点27失点63
・J2通算: 348試合87勝76分185敗、得点309失点519
・J2順位: 最下位/13チーム
・J2リーグ戦: 6試合連続敗戦、7試合連続失点

【スタジアム観戦】
公式戦スタジアム観戦183試合目
第43節、ホーム日立(7年振り)での仙台戦。数的有利を生かせず、雨の日立に沈黙の6連敗。前半に相手選手が退場となり、試合の半分以上を数的有利で戦えたのに、逆に一人少ない相手から失点して、反撃の糸口を見つけられないまま90分間沈黙。ピッチ上の選手が機能しているとは言えない上京で交代枠を残したままの試合終了、唯一投入されたのが初出場の島貫、見てみたい選手ではありましたが、あのタイミングでの起用か?とも思う。


by junn-chang, Dec.5, 2019
posted by junn-chang at 06:22| 茨城 ☀| Comment(0) | 2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月04日

J2 2007 第42節 アビスパ福岡 3-2 水戸ホーリーホック

公式戦466試合目(J2-347試合目)
2007年9月26日
J2 2007 第42節 アビスパ福岡 3-2 水戸ホーリーホック
A 長崎 2,724人
アビスパ福岡
監督: リトバルスキー
GK: 1神山竜一
DF: 20山形辰徳、2宮本亨、17川島眞也(57分 10久藤清一)、8チェッコリ
MF: 11田中佑昌、15城後寿(79分 7宮崎光平)、6布部陽功、16久永辰徳
FW: 3アレックス、9リンコン(89分 5長野聡)
得点: 城後寿(59分)、アレックス(60分)、リンコン(63分)
警告: 宮本亨(18分)、アレックス(72分)
控え: 30六反勇治、35長谷川悠
水戸ホーリーホック
監督: 前田秀樹
GK: 1本間幸司
DF: 4鈴木和裕、3平松大志、26ビジュ、5初田真也
MF: 17金澤大将(79分 8エジナウド)、13椎原拓也、22森賢一、30中村英之、29眞行寺和彦(65分 27岩舘侑哉)
FW: 11塩沢勝吾(57分 19西野晃平)
得点: 塩沢勝吾(21分)、中村英之(65分)
警告: なし
控え: 21武田博行、18金基洙

・J2シーズン: 39試合5勝9分25敗、得点27失点62
・J2通算: 347試合87勝76分184敗、得点309失点518
・J2順位: 最下位/13チーム
・J2リーグ戦: 5試合連続敗戦、3試合連続得点、6試合連続失点

【TV観戦】
公式戦TV観戦22試合目


by junn-chang, Dec.4, 2019
posted by junn-chang at 06:28| 茨城 ☀| Comment(0) | 2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月03日

J2 2007 第41節 水戸ホーリーホック 1-2 東京ヴェルディ1969

公式戦465試合目(J2-346試合目)
2007年9月22日
J2 2007 第41節 水戸ホーリーホック 1-2 東京ヴェルディ1969
H 笠松 4,028人
水戸ホーリーホック
監督: 前田秀樹
GK: 1本間幸司
DF: 4鈴木和裕、3平松大志、4吉本岳史(9分 5初田真也)、30中村英之
MF: 17金澤大将、7村松潤(69分 22森賢一)、26ビジュ、25鈴木良和(60分退場)
FW: 11塩沢勝吾、13椎原拓也(86分 29眞行寺和彦)
得点: 鈴木良和(18分)
警告: 平松大志(15分)、鈴木和裕(16分)、村松潤(58分)
退場: 鈴木良和(60分)
控え: 21武田博行、8エジナウド

東京ヴェルディ1969
監督: ラモス瑠偉
GK: 21高木義成
DF: 18海本幸治郎(81分 15金澤慎)、17土屋征夫、2萩村滋則、22服部年宏
MF: 6菅原智、7名波浩(79分 13佐藤悠介)、20廣山望、16飯尾一慶(45分 31シウバ)
FW: 9フッキ、10ディエゴ
得点: フッキ(58分)、廣山望(83分)
警告: 名波浩(14分)
控え: 26柴崎貴広、4戸川健太
・J2シーズン: 38試合5勝9分24敗、得点25失点59
・J2通算: 346試合87勝76分183敗、得点307失点515
・J2順位: 最下位/13チーム
・J2リーグ戦: 4試合連続敗戦、5試合連続失点

【スタジアム観戦】
公式戦スタジアム観戦182試合目
第41節、ホームでのヴェルディ戦。不可解な判定、水戸逆転負けで4連敗。試合開始直後、前半9分にキャプテン吉本が負傷交代という緊急事態が発生、そして前田監督は代わりに初田を投入すると、ビジュを1列下げて、中村をディエゴのマンマークにつけるという作戦に変更、この作戦は見事に成功、中村はディエゴを試合終了までかなり抑えていた。水戸の先取点は椎原が右サイドを突破、難しい体勢から上げた素晴らしいクロスから、鈴木良が鮮やかなミドル・シュート! 今夜は行けそうな予感が笠松に充満! そして後半はまったく予想外の展開に。後半13分、ビジュのペネルティエリア外でのファウルが何故かPKの判定となりフッキに決められて同点、その後試合を再開したものの、その直後になんと鈴木良が一発退場! 何が起こったのか全くわからないまま場内騒然に。試合内容は良かっただけに、主審の不可解な判定によって負けた、典型的な試合。


by junn-chang, DEc.3, 2019
posted by junn-chang at 05:35| 茨城 ☁| Comment(0) | 2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月02日

J2 2007 第40節 京都サンガ 2-1 水戸ホーリーホック

公式戦464試合目(J2-345試合目)
2007年9月15日
J2 2007 第40節 京都サンガ 2-1 水戸ホーリーホック
A 鹿児島 4,259人
京都サンガ
監督: 美濃部直彦
GK: 1平井直人
DF: 34平島崇、35角田誠、2秋田豊、36中谷勇介
MF: 22渡邉大剛(86分 11星大輔)、17石井俊也、16斉藤大介、7徳重隆明(56分 20倉貫一毅)
FW: 9アンドレ、10パウリーニョ(72分 31田原豊)
得点: アンドレ(1分)、アンドレ(11分)
警告: 平井直人(89分)
控え: 26西村弘司、6森岡隆三
水戸ホーリーホック
監督: 前田秀樹
GK: 1本間幸司
DF: 4鈴木和裕、3平松大志(7分 30中村英之)、4吉本岳史、17金澤大将
MF: 7村松潤、6小椋祥平、26ビジュ、25鈴木良和(77分 29眞行寺和彦)
FW: 19西野晃平(65分 11塩沢勝吾)、27岩舘侑哉
得点: 吉本岳史(26分)
警告: なし
控え: 21武田博行、24島貫純

・J2シーズン: 37試合5勝9分23敗、得点24失点57
・J2通算: 345試合87勝76分182敗、得点306失点513
・J2順位: 最下位/13チーム
・J2リーグ戦: 3試合連続敗戦、4試合連続失点

【TV観戦】
公式戦TV観戦21試合目


by junn-chang, Dec.2, 2019
posted by junn-chang at 06:27| 茨城 🌁| Comment(0) | 2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月01日

J2 2007 第39節 水戸ホーリーホック 0-1 モンテディオ山形

公式戦463試合目(J2-344試合目)
2007年9月9日
J2 2007 第39節 水戸ホーリーホック 0-1 モンテディオ山形
H 笠松 3,267人
水戸ホーリーホック
監督: 前田秀樹
GK: 1本間幸司
DF: 4鈴木和裕、3平松大志、4吉本岳史、17金澤大将
MF: 13椎原拓也(45分 7村松潤)、6小椋祥平、26ビジュ、25鈴木良和(85分 30中村英之)
FW: 11塩沢勝吾(66分 27岩舘侑哉)、19西野晃平
得点: なし
警告: なし
控え: 21武田博行、29眞行寺和彦

モンテディオ山形
監督: 樋口靖洋
GK: 1清水健太
DF: 2鷲田雅一 、3レオナルド、4小原章吾、13石川竜也(81分 15前田和也)
MF: 16臼井幸平、7宮沢克行、28佐藤健太郎(77分 6佐々木勇人)、19秋葉勝、
FW: 24坂井将吾(56分 11豊田陽平)、26北村知隆
得点: 石川竜也(58分)
警告: 佐藤健太郎(77分)、豊田陽平(72分)、臼井幸平(89分)
控え: 21遠藤大志、31グスタヴォ
・J2シーズン: 36試合5勝9分22敗、得点23失点55
・J2通算: 344試合87勝76分181敗、得点305失点512
・J2順位: 最下位/13チーム
・J2リーグ戦: 3試合連続失点

【スタジアム観戦】
公式戦スタジアム観戦181試合目
第39節、ホームでの山形戦。遠ざかるアクションサッカー、攻撃の形を作れないまま敗戦。前々節の札幌戦で、聖地笠松での約1年ぶりの勝利を得た余韻を引きずるような期待感があったのに。全然ダメな試合。特に前半はアグレッシヴさが感じられず、攻撃の形も作れないまま、パスミスの目立つ展開。全体的に動き出しが遅いので攻撃に連動性がなく、攻守の切り替えが遅い。後半、途中後退の岩舘が積極的な動きで試合のペースを握りかけたものの肝心な局面でミス連発。と、いいところなしの試合ながら村松の復帰だけが嬉しい材料に。


by junn-chang, Dec.1, 2019
posted by junn-chang at 14:54| 茨城 ☀| Comment(0) | 2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月30日

J2 2007 第38節 セレッソ大阪 2-0 水戸ホーリーホック

公式戦462試合目(J2-343試合目)
2007年9月2日
J2 2007 第38節 セレッソ大阪 2-0 水戸ホーリーホック
A 三木 12,711人
セレッソ大阪
監督: クルピ
GK: 22吉田宗弘
DF: 13柳沢将之、14江添建次郎、5前田和哉、23丹羽竜平
MF: 16濱田武(69分 17酒本憲幸)、4藤本康太(83分 2羽田憲司)、31ジェルマーノ、26香川真司
FW: 9古橋達弥、15小松塁(69分 20森島康仁)
得点: 古橋達弥(29分)、香川真司(89分)
警告: 古橋達弥(58分)、藤本康太(80分)
控え: 21山本浩正、18柿谷曜一朗
水戸ホーリーホック
監督: 前田秀樹
GK: 1本間幸司
DF: 17金澤大将、3平松大志、4吉本岳史、18金基洙(69分 30中村英之)
MF: 29眞行寺和彦(69分 27岩舘侑哉)、13椎原拓也、6小椋祥平、25鈴木良和
FW: 11塩沢勝吾、19西野晃平(79分 8エジナウド)
得点: なし
警告: 西野晃平(7分)、金基洙(35分)、金澤大将(61分)
控え: 21武田博行、22森賢一

・J2シーズン: 35試合5勝9分21敗、得点23失点54
・J2通算: 343試合87勝76分180敗、得点305失点511
・J2順位: 最下位/13チーム

【TV観戦】
公式戦TV観戦20試合目


by junn-chang, Nov.30, 2019
posted by junn-chang at 09:50| 茨城 ☀| Comment(0) | 2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月29日

J2 2007 第37節 水戸ホーリーホック 2-1 コンサドーレ札幌

公式戦461試合目(J2-342試合目)
2007年8月30日
J2 2007 第37節 水戸ホーリーホック 2-1 コンサドーレ札幌
H 笠松 1,779人
水戸ホーリーホック
監督: 前田秀樹
GK: 1本間幸司
DF: 4鈴木和裕、3平松大志、4吉本岳史、17金澤大将
MF: 13椎原拓也、6小椋祥平、26ビジュ、25鈴木良和
FW: 11塩沢勝吾(82分 27岩舘侑哉)、19西野晃平
得点: 塩沢勝吾(10分)、西野晃平(16分)
警告: 鈴木和裕(28分)、小椋祥平(52分)、ビジュ(75分)、本間幸司(88分)
控え: 21武田博行、30中村英之、18金基洙、29眞行寺和彦

コンサドーレ札幌
監督: 三浦俊也
GK: 28高木貴弘
DF: 3西澤淳二(62分 5池内友彦)、4曽田雄志、15ブルーノ・クアドロス、6西嶋弘之
MF: 25藤田征也(57分 8砂川誠)、16大塚真司、18芳賀博信、29西谷正也
FW: 10ダヴィ、13中山元気(45分 9石井謙伍)
得点: ダヴィ(11分)
警告: ブルーノ・クアドロス(22分)、中山元気(44分)、西嶋弘之(47分)、石井謙伍(67分)、芳賀博信(80分)、西谷正也(82分)
控え: 26佐藤優也、17カウエ
・J2シーズン: 34試合5勝9分20敗、得点23失点52
・J2通算: 342試合87勝76分179敗、得点305失点509
・J2順位: 12位/13チーム
・J2リーグ戦: 4試合連続不敗

【スタジアム観戦】
公式戦スタジアム観戦180試合目
第37節、ホームでの首位札幌戦、迎撃完遂、遂に笠松で勝利! そして最下位脱出! “聖地”笠松での未勝利記録が19試合となり、昨年9月9日以来、実に笠松での未勝利1年まであと10日、とせまったこの日、相手は首位札幌。選手の気力がこの難しい試合を勝利に変えた。この結果をどれだけ待ったことか。何度何度も、敗戦後の笠松に連呼されたアンセム、長かった。2トップの西野と塩沢の見事なゴールはもとより、2人の連携は過去最高。早い動き出し、曽田とブルーノ・クアドロスに競り負けない高さ、何本も供給された鈴木和の高精度クロス、そして全員が身体を張って守備を貫徹、特に中盤のボール奪取力は高く、タッチ数の少ないパスが綺麗に回り、最後は本間が獅子奮迅のスーパーセーヴを連発。絶対に勝つという気持ちが、魂が、感じられたそんな試合。試合後、水戸サポに囲まれた前田監督が、警備員もクラブのスタッフも付かないままに、10分以上に渡ってサポからの質問一つ一つに真摯に答え、サポもそれを真剣に聞き入る、そして最後は、自家用車で帰る前田監督をサポーターが「前田コール」で送り出す。何という水戸らしい幸福な光景なのだろう。


by junn-chang, Nov.29, 2019
posted by junn-chang at 06:26| 茨城 ☀| Comment(0) | 2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月28日

J2 2007 第36節 サガン鳥栖 0-0 水戸ホーリーホック

公式戦460試合目(J2-341試合目)
2007年8月25日
J2 2007 第36節 サガン鳥栖 0-0 水戸ホーリーホック
A 鳥栖 16,661人
サガン鳥栖
監督: 岸野靖之
GK: 1浅井俊光
DF: 15鐵戸裕史、27柴小屋雄一、5飯尾和也、29日高拓磨
MF: 16高地系治、8尹晶煥(13分 28野崎陽介)、14高橋義希(70分 7山口貴之)、24清水康也(81分 4吉田恵)
FW: 9金信泳、25藤田祥史
得点: なし
警告: 飯尾和也(78分)
控え: 12赤星拓、6村主博正
水戸ホーリーホック
監督: 前田秀樹
GK: 1本間幸司
DF: 3平松大志、4吉本岳史、5初田真也
MF: 17金澤大将、6小椋祥平、26ビジュ、25鈴木良和
FW: 11塩沢勝吾(66分 9鈴木孝明)、19西野晃平(86分 13椎原拓也)、27岩舘侑哉(59分 29眞行寺和彦)
得点: なし
警告: なし
控え: 21武田博行、4鈴木和裕

・J2シーズン: 33試合4勝9分20敗、得点21失点51
・J2通算: 341試合86勝76分179敗、得点303失点508
・J2順位: 最下位/13チーム(30節連続、最多更新)
・J2リーグ戦: 3試合連続不敗

【TV観戦】
公式戦TV観戦19試合目


by junn-chang, Nov.28, 2019
posted by junn-chang at 06:39| 茨城 ☔| Comment(0) | 2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月27日

J2 2007 第35節 徳島ヴォルティス 0-1 水戸ホーリーホック

公式戦459試合目(J2-340試合目)
2007年8月20日
J2 2007 第35節 徳島ヴォルティス 0-1 水戸ホーリーホック
A 鳴門 2,206人
徳島ヴォルティス
監督: 今井雅隆
GK: 21島津虎史
DF: 17丹羽大輝、6西河翔吾、4青葉幸洋(73分 15冨士祐樹)
MF: 32塩川岳人、28高橋健史(54分 14石田祐樹)、8ダ・シルバ、11片岡功二(85分 16挽地祐哉)
FW: 9小林康剛、33長谷川太郎
得点: なし
警告: 片岡功二(44分)、西河翔吾(56分)
控え: 30鈴木正人、24小山拓土
水戸ホーリーホック
監督: 前田秀樹
GK: 1本間幸司
DF: 4鈴木和裕、4吉本岳史(82分 30中村英之)、3平松大志、17金澤大将
MF: 13椎原拓也(65分 29眞行寺和彦)、6小椋祥平、26ビジュ、25鈴木良和
FW: 11塩沢勝吾(45分 19西野晃平)、27岩舘侑哉
得点: 小椋祥平(44分)
警告: 小椋祥平(87分)
控え: 21武田博行、18金基洙

・J2シーズン: 32試合4勝8分20敗、得点21失点51
・J2通算: 340試合86勝75分179敗、得点303失点508
・J2順位: 最下位/13チーム(29節連続、最多更新)

【TV観戦】
公式戦TV観戦18試合目


by junn-chang, Nov.27, 2019
posted by junn-chang at 06:29| 茨城 ☔| Comment(0) | 2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月26日

J2 2007 第34節 水戸ホーリーホック 1-1 アビスパ福岡

公式戦458試合目(J2-339試合目)
2007年8月16日
J2 2007 第34節 水戸ホーリーホック 1-1 アビスパ福岡
H 笠松 2,071人
水戸ホーリーホック
監督: 前田秀樹
GK: 1本間幸司
DF: 4鈴木和裕、4吉本岳史、3平松大志、17金澤大将
MF: 13椎原拓也(45分 29眞行寺和彦)、6小椋祥平、26ビジュ、25鈴木良和(72分 18金基洙)
FW: 11塩沢勝吾、27岩舘侑哉(77分 19西野晃平)
得点: 眞行寺和彦(63分)
警告: なし
控え: 31原田欣庸、22森賢一

アビスパ福岡
監督: リトバルスキー
GK: 1神山竜一
DF: 20山形辰徳、2宮本亨、8チェッコリ
MF: 11田中佑昌、7宮崎光平(73分 5長野聡)、18山形恭平、10久藤清一(63分 19林祐征)、6布部陽功、16久永辰徳(79分 29宇野沢祐次)
FW: 9リンコン
得点: 布部陽功(89分)
警告: 山形辰徳(37分)
控え: 30六反勇治、13柳楽智和
・J2シーズン: 31試合3勝8分20敗、得点20失点51
・J2通算: 339試合85勝75分179敗、得点302失点508
・J2順位: 最下位/13チーム(28節連続、最多更新)
・J2リーグ戦: 11試合連続未勝利、3試合連続失点

【スタジアム観戦】
公式戦スタジアム観戦179試合目
第34節、“聖地”笠松での福岡戦。本間のスーパーセーブと小椋が垣間見せた積極性とファンタジー、それでも埋められない11ヵ月(の笠松未勝利)。まるで手のひらで掬う水のごとく、水戸はいつまでそれを掴みそこね続けるのだろうか。あと一歩、あと1分、いやロスタイムを含めるとあと4分。1点が守りきれない。残暑(夜7時で34度!)の中、悩めるファンタジスタ眞行寺が吹っ切れた、シュート撃ちまくりのポジポジ眞行寺のゴールで1点を先制したときの喜びは最高だった。それゆえに…。


by junn-chang, Nov.26, 2019
posted by junn-chang at 06:29| 茨城 ☁| Comment(0) | 2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月23日

J2 2007 第33節 東京ヴェルディ1969 2-0 水戸ホーリーホック

公式戦457試合目(J2-338試合目)
2007年8月12日
J2 2007 第33節 東京ヴェルディ1969 2-0 水戸ホーリーホック
A 西が丘 4,382人
東京ヴェルディ1969
監督: ラモス瑠偉
GK: 21高木義成
DF: 17土屋征夫、2萩村滋則、4戸川健太
MF: 6菅原智(88分 14富澤清太郎)、5ゼ・ルイス、22服部年宏、18海本幸治郎、10ディエゴ
FW: 9フッキ(84分 23齋藤将基)、19船越優蔵(76分 11大野敏隆)
得点: ディエゴ(22分)、船越優蔵(32分)
警告: ゼ・ルイス(81分)
控え: 26柴崎貴広、15金澤慎
水戸ホーリーホック
監督: 前田秀樹
GK: 1本間幸司
DF: 4鈴木和裕、4吉本岳史、3平松大志、5初田真也
MF: 17金澤大将、6小椋祥平、26ビジュ、25鈴木良和(56分 13椎原拓也)
FW: 9鈴木孝明(38分 27岩舘侑哉)、11塩沢勝吾(75分 19西野晃平)
得点: なし
警告: 本間幸司(22分)、ビジュ(57分)
控え: 31原田欣庸、18金基洙

・J2シーズン: 30試合3勝7分20敗、得点19失点50
・J2通算: 338試合85勝74分179敗、得点301失点507
・J2順位: 最下位/13チーム(27節連続、最多更新)
・J2リーグ戦: 10試合連続未勝利

【スタジアム観戦】
公式戦スタジアム観戦178試合目
第33節、アウェイ、西が丘(初めて行った)でのヴェルディ戦。これだけ勝てなくてもコアな水戸サポによってアウェイ自由席は完売。水戸は対ヴェルディ戦で昨年からアウェイ3戦3勝(ホームで3戦3敗はこの際忘れる)、しかも完勝の試合ばかり。選手にも、サポにも苦手意識はまったくなく、試合前も選手はかなりリラックスした感じで、よし、今夜も完勝!…….のはずが。ヴェルディのディエゴ、フッキの技術と身体能力と対等に闘うのは無理、最初の失点のシーンでのフッキが平松を吹っ飛ばしたのを見せられると、個人能力の差を実感。そして奮闘虚しく0-2で敗戦、但しサポーターの一体感は最高だった。試合開始前から延々とアンセムを連呼し、それはヴェルディサポよりも迫力あったと思う。そして試合終了のホイッスルが鳴ってからも、ずっと鳴り響く歌声。選手はただこの熱きサポの声に応えるしかない。次、頑張ろう。


by junn-chang, Nov.23, 2019
posted by junn-chang at 07:47| 茨城 ☔| Comment(0) | 2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月22日

J2 2007 第32節 ベガルタ仙台 1-1 水戸ホーリーホック

公式戦456試合目(J2-337試合目)
2007年8月5日
J2 2007 第32節 ベガルタ仙台 1-1 水戸ホーリーホック
A ユアテック仙台 13,569人
ベガルタ仙台
監督: 望月達也
GK: 16林卓人
DF: 25菅井直樹、3渡辺広大、7千葉直樹、26田ノ上信也
MF: 27富田晋伍、5ジョニウソン、10梁勇基(66分 24永井篤志)、8ロペス
FW: 13中島裕希(77分 11ファビーニョ)、20関口訓充(85分 4白井博幸)
得点: ロペス(28分)
警告: なし
控え: 1小針清允、23田村直也
水戸ホーリーホック
監督: 前田秀樹
GK: 1本間幸司
DF: 4鈴木和裕、4吉本岳史、3平松大志、18金基洙
MF: 17金澤大将(77分 29眞行寺和彦)、6小椋祥平、26ビジュ、25鈴木良和(71分 13椎原拓也)
FW: 9鈴木孝明、11塩沢勝吾
得点: 塩沢勝吾(21分)
警告: なし
控え: 31原田欣庸、30中村英之、22森賢一

・J2シーズン: 29試合3勝7分19敗、得点19失点48
・J2通算: 337試合85勝74分178敗、得点301失点505
・J2順位: 最下位/13チーム(26節連続、最多更新)
・J2リーグ戦: 9試合連続未勝利、3試合連続引分

by junn-chang, Nov.22, 2019
posted by junn-chang at 06:29| 茨城 ☀| Comment(0) | 2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月21日

J2 2007 第31節 水戸ホーリーホック 0-0 ザスパ草津

公式戦455試合目(J2-336試合目)
2007年7月28日
J2 2007 第31節 水戸ホーリーホック 0-0 ザスパ草津
H 笠松 2,773人
水戸ホーリーホック
監督: 前田秀樹
GK: 1本間幸司
DF: 4鈴木和裕、4吉本岳史、3平松大志、18金基洙
MF: 13椎原拓也、6小椋祥平、26ビジュ、25鈴木良和(87分 29眞行寺和彦)
FW: 9鈴木孝明、11塩沢勝吾(75分 23遠藤敬佑)
得点: なし
警告: 塩沢勝吾(64分)、小椋祥平(70分)、眞行寺和彦(89分)
控え: 21武田博行、16木村純哉、22森賢一

ザスパ草津
監督: 植木繁晴
GK: 1本田征治
DF: 7佐田聡太郎、4田中淳、3尾本敬、2寺田武史
MF: 6鳥居塚伸人、30松下裕樹、18櫻田和樹、9高田保則
FW: 11氏原良二、35カレカ(85分 20松浦宏治)
得点: なし
警告: 松下裕樹(38分)
控え: 22北一真、17秋葉忠宏、8山崎渡、13マーロン
・J2シーズン: 28試合3勝6分19敗、得点18失点47
・J2通算: 336試合85勝73分178敗、得点300失点504
・J2順位: 最下位/13チーム(25節連続、最多更新)
・J2リーグ戦: 8試合連続未勝利

【スタジアム観戦】
公式戦スタジアム観戦177試合目
第31節、ホームでの草津戦。スコアレスドロー、またしても勝てなかった。ホーム、すなわち笠松、すなわち聖地。水戸の「聖地」笠松において昨年9月9日の徳島戦で勝利後、実に10ヶ月を経過し、今日に至るまで勝利なし。J2リーグ公式戦、18試合連続、笠松で不勝。0勝3分15敗、得点は僅かに7点。これが「聖地」での戦いなのか? それでいいのか? 結果もさることながら試合内容が、ダメ。はっきり言って、これは前田監督の提唱するアクションサッカーでは、ない。7月7日のヴェルディ戦(あれも、笠松ではなかった)で見せた、あのサッカーはどこに行ったのか? サポーターの心に残ったのは、鮮やかなオレンジ色の月と美しくもはかない花火、それだけ。

by junn-chang, Nov.21, 2019
posted by junn-chang at 06:40| 茨城 ☁| Comment(0) | 2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月20日

J2 2007 第30節 愛媛FC 0-0 水戸ホーリーホック

公式戦454試合目(J2-335試合目)
2007年7月25日
J2 2007 第30節 愛媛FC 0-0 水戸ホーリーホック
A 愛媛 2,166人
愛媛FC
監督: 望月一仁
GK: 35川北裕介
DF: 15森脇良太、10金守智哉、5星野慎悟、13関根永悟
MF: 6井上秀人、17大山俊輔(66分 16赤井秀一)、27青野大介、18江後賢一
FW: 26内村圭宏、33ジョジマール(74分 20大木勉)
得点: なし
警告: 関根永悟(29分)、星野慎悟(51分)
控え: 21佐藤昭大、22新井翔太、14藤井貴
水戸ホーリーホック
監督: 前田秀樹
GK: 1本間幸司
DF: 4鈴木和裕、4吉本岳史、3平松大志、18金基洙
MF: 17金澤大将、6小椋祥平、13椎原拓也、29眞行寺和彦(55分 25鈴木良和)
FW: 11塩沢勝吾(69分 9鈴木孝明)、27岩舘侑哉
得点: なし
警告: 金澤大将(59分)、鈴木孝明(80分)
控え: 21武田博行、22森賢一、23遠藤敬佑

・J2シーズン: 27試合3勝5分19敗、得点18失点47
・J2通算: 335試合85勝72分178敗、得点300失点504
・J2順位: 最下位/13チーム(24節連続、最多更新)
・J2リーグ戦: 7試合連続未勝利

【TV観戦】
公式戦TV観戦17試合目


by junn-chang, Nov.20, 2019
posted by junn-chang at 06:42| 茨城 ☀| Comment(0) | 2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月19日

J2 2007 第29節 水戸ホーリーホック 1-2 京都サンガ

公式戦453試合目(J2-334試合目)
2007年7月21日
J2 2007 第29節 水戸ホーリーホック 1-2 京都サンガ
H 笠松 2,579人
水戸ホーリーホック
監督: 前田秀樹
GK: 1本間幸司
DF: 4鈴木和裕、4吉本岳史、3平松大志
MF: 17金澤大将、6小椋祥平、26ビジュ、7村松潤(67分 18金基洙)、13椎原拓也(84分 29眞行寺和彦)
FW: 11塩沢勝吾、27岩舘侑哉(79分 23遠藤敬佑)
得点: 小椋祥平(56分)
警告: ビジュ(23分)、岩舘侑哉(46分)、塩沢勝吾(52分)
控え: 21武田博行、9鈴木孝明

京都サンガ
監督: 美濃部直彦
GK: 1平井直人
DF: 34平島崇、35角田誠、6森岡隆三、13三上卓哉
MF: 20倉貫一毅(84分 14中払大介)、17石井俊也、16斉藤大介、7徳重隆明(76分 22渡邉大剛)
FW: 10パウリーニョ、31田原豊(65分 9アンドレ)
得点: パウリーニョ(20分)、田原豊(49分)
警告: 平島崇(73分)
控え: 33上野秀章、5手島和希
・J2シーズン: 26試合3勝4分19敗、得点18失点47
・J2通算: 334試合85勝71分178敗、得点300失点504
・J2順位: 最下位/13チーム(23節連続、最多更新)
・J2リーグ戦: 6試合連続敗戦、6試合連続失点

【スタジアム観戦】
公式戦スタジアム観戦176試合目
第29節、ホームでの京都戦、沈黙のスタジアム。試合後、水戸コールが連呼されなくなったのはいつからだろう。ちょっと前までは連敗を重ねても試合後のホーム笠松には、水戸コールが鳴り響いて止まなかったのに。これで聖地笠松での連続未勝利は何試合になったのだろうか。


by junn-chang, Nov.19, 2019
posted by junn-chang at 06:33| 茨城 ☔| Comment(0) | 2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする