2016年11月26日

水戸ホーリーホック 試合記録【2016年11月】

水戸ホーリーホック 試合記録【2016年11月】

2016年11月3日
J2 2016 第39節 水戸ホーリーホック 0-3 徳島ヴォルティス
H ケーズデンキスタジアム水戸 4,274人
水戸ホーリーホック
監督: 西ケ谷隆之
GK: 笠原昴史
DF: 佐藤祥(57分 宮本拓弥)、細川淳矢、伊藤槙人、内田航平
MF: 白井永地、兵働昭弘(64分 平松宗)、ロメロ・フランク、湯沢洋介
FW: 久保裕一(82分 山村佑樹)、佐藤和弘
得点: なし
警告: 佐藤祥(52分)
控え: 本間幸司、今瀬淳也、福井諒司、萬代宏樹

徳島ヴォルティス
監督: 長島裕明
GK: 長谷川徹
DF: 冨田大介、石井秀典、藤原広太朗
MF: 広瀬陸斗(78分 福元洋平)、岩尾憲、井澤惇、アレックス(89分 佐々木一輝)、渡大生、大ア淳矢
FW: 山ア凌吾(70分 佐藤晃大)
得点: 渡大生(27分)、オウンゴール(76分)、大ア淳矢(79分)
警告: なし
控え: 杉本大地、キム・キョンジュン、前川大河、木村祐志、長谷川悠
【TV観戦】
完敗。今季最悪の試合、か。立ち上がりは悪くなかったし、後半選手交代後にペースを取り返したものの、全体的に動きが悪く、水戸のサッカーができなかった。片や、冨田、岩尾、広瀬の元水戸3選手の動きは素晴らしく、アイロニカルなほどに対称的。先発のチャンスを得た久保にとっては、またしても結果を残せなかった試合、残念。頑張れ、久保!

2016年11月6日
J2 2016 第40節 ファジアーノ岡山 1-2 水戸ホーリーホック
A シティライトスタジアム 9,216人
ファジアーノ岡山
監督: 長澤徹
GK: 中林洋次
DF: 篠原弘次郎、岩政大樹、片山瑛一
MF: 金珍圭、矢島慎也、島田譲(60分 関戸健二)、三村真(67分 酒井宣福)
FW: 伊藤大介、豊川雄太(85分 押谷祐樹)、赤嶺真吾
得点: 豊川雄太(61分)
警告: 押谷祐樹(90+2分)
控え: 椎名一馬、秋吉泰佑、澤口雅彦、藤本佳希
水戸ホーリーホック
監督: 西ケ谷隆之
GK: 笠原昴史
DF: 細川淳矢、今瀬淳也、福井諒司
MF: 田向泰輝、兵働昭弘、ロメロ・フランク、船谷圭祐(62分 佐藤和弘)、内田航平
FW: 平松宗(87分 白井永地)、山村佑樹(72分 宮本拓弥)
得点: 山村佑樹(54分)、福井諒司(85分)
警告: なし
控え: 本間幸司、伊藤槙人、石神幸征、湯沢洋介

【TV観戦】
J2残留決定! 惨敗した前節から中2日、先発6人を入れ替え、3バックで挑んだアウェイ岡山戦。プレイオフ圏内を確定させたい岡山、という簡単ではない試合だったものの、相手の3トップを見事封印、不運なPKによる失点後も自分たちのサッカーを続け6試合ぶりの勝利。前節よりも疲労が多かったはずながら走り続けた水戸の、魂の残留劇。

2016年11月12日
J2 2016 第41節 ギラヴァン北九州 2-2 水戸ホーリーホック
A 北九州市立本城陸上競技場 5,689人
ギラヴァンツ北九州
監督: 柱谷幸一
GK: 阿部伸行
DF: 星原健太、西嶋弘之、福田俊介、川島大地
MF: 風間宏希、新井純平(82分 池元友樹)、井上翔太(72分 ロドリゴ)、本山雅志(64分 小手川宏基)
FW: 原一樹、小松塁
得点: ロドリゴ(90分)、池元友樹(90+2分)
警告: なし
控え: 鈴木彩貴、石神直哉、寺岡真弘、加藤弘堅
水戸ホーリーホック
監督: 西ケ谷隆之
GK: 笠原昴史
DF: 田向泰輝、細川淳矢、福井諒司(70分退場)、内田航平
MF: 兵働昭弘、ロメロ・フランク、湯沢洋介(72分 伊藤槙人)、佐藤和弘
FW: 平松宗(86分 久保裕一)、山村佑樹(63分 白井永地)
得点: ロメロ・フランク(62分)、白井永地(64分)
警告: 山村佑樹(36分)、福井諒司(50分)、福井諒司(70分)、久保裕一(88分)
退場: 福井諒司(70分)
控え: 石井綾、佐藤祥、船谷圭祐、宮本拓弥

【TV観戦】
背負っているものの違い、と言えばそれまでかもしれないが、2点リードの状況で70分に福井が退場、守りを固める選択をした水戸が後半ロスタイムに2失点するという、その必然。北九州の気持ちの勝利ではなく、水戸にない勝負のメンタリティ、ゆえの敗戦。水戸に消化試合なんてないだろう?

2016年11月20日
J2 2016 第42節 水戸ホーリーホック 0-2 レノファ山口
H ケーズデンキスタジアム水戸 7,274人
水戸ホーリーホック
監督: 西ケ谷隆之
GK: 笠原昴史
DF: 田向泰輝、細川淳矢、伊藤槙人、内田航平
MF: 白井永地(52分 山村佑樹)、兵働昭弘(71分 船谷圭祐)、ロメロ・フランク(84分退場)、湯沢洋介
FW: 平松宗(71分 宮本拓弥)、佐藤和弘
得点: なし
警告: ロメロ・フランク(41分)、山村佑樹(56分)ロメロ・フランク(84分)、笠原昴史(90+5分)
退場: ロメロ・フランク(84分)
控え: 石井綾、今瀬淳也、佐藤祥、久保裕一

レノファ山口
監督: 上野展裕
GK: 一森純
DF: 小池龍太(89分 廣木雄磨)、ユン・シンヨン、奥山政幸、星雄次
MF: 鳥養祐矢(66分 岡本英也)、庄治悦大、三幸秀稔、島屋八徳(81分 安藤由翔)、福満隆貴
FW: 加藤大樹
得点: 福満隆貴(20分)、福満隆貴(58分)
警告: 庄治悦大(62分)、小池龍太(65分)
控え: 村上昌謙、望月嶺臣、中山仁斗、岸田和人
【TV観戦】
シーズン最終戦をホームで迎えられる幸福と、結果への失望。第39節ホーム徳島戦での惨敗を払拭すべきホーム最終戦だったはずなのに、0-2で敗戦。残念ながら来季につながるような期待感はみられず、消化試合を見に来たわけではない観客は、このピッチから何を拾えばいいのか。…来年、頑張ろう!

by junn-chang, Nov.26, 2016
Last Update, Jan.7, 2017
posted by junn-chang at 12:44| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球団水戸葵戦記 2016年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月01日

水戸ホーリーホック 試合記録【2016年10月】

水戸ホーリーホック 試合記録【2016年10月】

2016年10月2日
J2 2016 第34節 水戸ホーリーホック 1-0 モンテディオ山形
H ケーズデンキスタジアム水戸 4,773人
水戸ホーリーホック
監督: 西ケ谷隆之
GK: 笠原昴史
DF: 田向大輝、細川淳矢、福井諒司、内田航平(90+1分 今瀬淳也)
MF: 白井永地、兵働昭弘、佐藤祥、山村佑樹(70分 久保裕一)
FW: 平松宗(90分 石神幸征)、佐藤和弘
得点: 内田航平(61分)
警告: なし
控え: 本間幸司、伊藤槙人、グエン・コンフォン、宮本拓弥

モンテディオ山形
監督: 石ア信弘
GK: 山岸範宏
DF: 宇佐美宏和、渡辺広大(85分 石川竜也)、田代真一、山田拓巳
MF: 伊藤俊、アルセウ、松岡亮輔(77分 佐藤優平)、ディエゴ、鈴木雄斗(70分 汰木康也)
FW: 林陵平
得点: なし
警告: なし
控え: 富居大樹、栗山直樹、高木利弥、永藤歩
【スタジアム観戦】
一時帰国、今季3試合目の水戸戦スタジアム観戦。真夏日!10月だというのに何なんだこの暑さは。船谷もフランクも湯澤もいない中、佐藤祥をヴォランチにして左サイドバックに位置した内田(!)の得点を守りきり完封勝利! その歓喜もさることながら、こうやって小吹で水戸の試合を観戦できた幸福感の方が大きい。多分今季に観れるのはこの試合が最後、この空と風とサポーターの歌声を目と耳と胸に留めてまた異国で頑張ろう、と。

2016年10月8日
J2 2016 第35節 北海道コンサドーレ札幌 1-0 水戸ホーリーホック
A 札幌厚別公園競技場 8,269人
北海道コンサドーレ札幌
監督: 四方田修平
GK: ク・ソンユン
DF: 菊地直哉、増川隆洋、福森晃斗
MF: 石井謙伍(90+4分 小野伸二)、前寛之、宮澤裕樹、堀米悠斗、ヘイス(90+2分 中原彰吾)
FW: 都倉賢、内村圭宏(77分 上原慎也)
得点: ヘイス(5分)
警告: なし
控え: 金山隼樹、永坂勇人、上里一将、河合竜二
水戸ホーリーホック
監督: 西ケ谷隆之
GK: 笠原昴史
DF: 田向大輝(75分 宮本拓弥)、伊藤槙人、福井諒司、内田航平
MF: 白井永地(70分 久保裕一)、兵働昭弘、佐藤祥、湯澤洋介
FW: 平松宗(79分 山村佑樹)、佐藤和弘
得点: なし
警告: なし
控え: 本間幸司、今瀬淳也、佐藤和樹、伊藤槙人

【TV観戦】
前節山形戦1-0のいい勢いをもって挑んだアウェイ首位札幌戦、前半5分、水戸の守備陣形の中で一瞬フリーにしてしまったヘイスに先制された後、ペースを握れないまま、前半シュートゼロ。後半も79分に前節の得点のリピートかのような内田の惜しいシュート以後、選手交代で攻撃が活性化するまでもどかしい試合内容。得点差以上にチーム力の差の知らされた試合。厳しい。

2016年10月16日
J2 2016 第36節 水戸ホーリーホック 1-1 横浜FC
H ケーズデンキスタジアム水戸 5,517人
水戸ホーリーホック
監督: 西ケ谷隆之
GK: 笠原昴史
DF: 佐藤祥、細川淳矢、福井諒司、内田航平
MF: 白井永地、兵働昭弘、ロメロ・フランク(87分 グエン・コンフォン)、湯澤洋介(87分 伊藤槙人)
FW: 平松宗(71分 宮本拓弥)、佐藤和弘
得点: 細川淳矢(25分)
警告: 平松宗(24分)、細川淳矢(27分)
控え: 本間幸司、今瀬淳也、佐藤和樹、久保裕一

横浜FC
監督: 中田仁司
GK: 南雄太
DF: 藤井悠太、西河翔吾、大ア玲央、永田拓也
MF: 佐藤謙介、中里崇宏、野村直輝(85分 大久保哲哉)、野崎洋介(67分 小野瀬康介)
FW: イバ、津田知宏(58分 田所涼)
得点: 野村直輝(12分)
警告: 野村直輝(49分)、佐藤謙介(71分)、野上結貴(90+3分)
控え: 渋谷飛翔、市村篤司、内田智也、三浦知良
【TV観戦】
「茨城・ベトナム親善交流マッチデー」と題されヴェトナム国旗色(赤)を模したユニフォームを着用した水戸。この企画への努力は賞賛すべきものだと思う。ヴェトナムでもパブリックヴューイングでの放送と舞台は整いながら、グエン・コンフォンはベンチ、横浜FCのグエン・トゥアン・アインは怪我でベンチ外ということで、キャストが揃わず。87分にやっと登場したグエン・コンフォンはボールにさえ触れないまま試合終了、という結末は1-1の結果よりも残念、か。ところで試合は、細川攻守に大奮闘!

2016年10月23日
J2 2016 第37節 水戸ホーリーホック 1-1 京都サンガFC
H ケーズデンキスタジアム水戸 4,768人
水戸ホーリーホック
監督: 西ケ谷隆之
GK: 笠原昴史
DF: 田向泰輝、細川淳矢、伊藤槙人、内田航平
MF: 白井永地(69分 宮本拓弥)、兵働昭弘、ロメロ・フランク、湯澤洋介(78分 佐藤祥)
FW: 平松宗(69分 久保裕一)、佐藤和弘
得点: 宮本拓弥(76分)
警告: 田向泰輝(37分)、細川淳矢(90+4分)
控え: 本間幸司、今瀬淳也、山村佑樹、グエン・コンフォン

京都サンガFC
監督: 石丸清隆
GK: 菅野孝憲
DF: 菅沼駿哉、本多勇喜、吉野恭平、石櫃洋祐
MF: アンドレイ、高橋祐治、堀米勇輝
FW: イ・ヨンジェ(76分 沼大希)、エスクデロ競飛王(80分 キロス)、ダニエル・ロビーニョ(64分 齊藤隆成)
得点: アンドレイ(90+4分)
警告: 石櫃洋祐(53分)
控え: 清水圭介、下畠翔吾、山瀬功治、國領一平
【TV観戦】
ロスタイム、痛恨のPK。勝つべき試合をドローに。ホームでの京都戦、西ケ谷監督の志向する水戸のサッカーがほぼ完遂できた試合となったこの試合、交代出場した宮本のスーパーゴールによる得点をあと1分、守りきれなかったことと、京都にとってみれば2試合連続で石櫃がロスタイムにPK奪取ということの差は、「6位以内」を現実的に戦っているか否かの差、なのか。それにしてこの試合を落としたことは、痛い。

2016年10月30日
J2 2016 第38節 セレッソ大阪 2-2 水戸ホーリーホックFC
A キンチョウスタジアム 9,445人
セレッソ大阪
監督: 大熊清
GK: キム・ジンヒョン
DF: 松田陸、藤本康太、山下達也、田中裕介(79分 山村和也)
MF: ソウザ、丸橋祐介、山口螢、清原翔平(67分 酒本憲幸)
FW: 杉本健勇、澤上竜二(81分 リカルド・サントス)
得点: ソウザ(23分)、松田陸(52分)
警告: 松田陸(26分)
控え: 丹野研太、茂庭照幸、椋原健太、玉田圭司
水戸ホーリーホック
監督: 西ケ谷隆之
GK: 笠原昴史
DF: 田向泰輝、細川淳矢、伊藤槙人、内田航平
MF: 白井永地(45分 福井諒司)、兵働昭弘(83分 佐藤祥)、ロメロ・フランク、湯澤洋介(45分 久保裕一)
FW: 平松宗、佐藤和弘
得点: 佐藤和弘(4分)、佐藤和弘(58分)
警告: 湯澤洋介(26分)、ロメロ・フランク(28分)、笠原昴史(64分)、田向泰輝(76分)
控え: 本間幸司、山村佑樹、宮本拓弥、萬代宏樹

【TV観戦】
和弘、2得点! アウェイ、セレッソ戦で貴重な勝ち点1! 昇格を目指すセレッソ相手に逆転を許しながらも同点に追いつき、何とかドローに持ち込んだ水戸、もちろん勝つつもりでやっていただろうけど、試合内容からもても上出来の結果。勝てない水戸への失望と、負けない水戸への信頼。この日は後者に軍配。

by junn-chang, Nov.1, 2016
Last Update, Nov.6, 2016
posted by junn-chang at 21:58| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球団水戸葵戦記 2016年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月09日

J2 2016 第34節 水戸ホーリーホック 1-0 モンテディオ山形

【水戸ホーリーホック スタジアム観戦記 2016年】

20161002_mito_yamagata1.JPG   20161002_mito_yamagata2.JPG
2016年10月2日
【スタジアム観戦 - 水戸公式戦スタジアム観戦328試合目】
J2 2016 第34節 水戸ホーリーホック 1-0 モンテディオ山形
H ケーズデンキスタジアム水戸 4,773人
水戸ホーリーホック
監督: 西ケ谷隆之
GK: 笠原昴史
DF: 田向大輝、細川淳矢、福井諒司、内田航平(90+1分 今瀬淳也)
MF: 白井永地、兵働昭弘、佐藤祥、山村佑樹(70分 久保裕一)
FW: 平松宗(90分 石神幸征)、佐藤和弘
得点: 内田航平(61分)
警告: なし
控え: 本間幸司、伊藤槙人、グエン・コンフォン、宮本拓弥

モンテディオ山形
監督: 石ア信弘
GK: 山岸範宏
DF: 宇佐美宏和、渡辺広大(85分 石川竜也)、田代真一、山田拓巳
MF: 伊藤俊、アルセウ、松岡亮輔(77分 佐藤優平)、ディエゴ、鈴木雄斗(70分 汰木康也)
FW: 林陵平
得点: なし
警告: なし
控え: 富居大樹、栗山直樹、高木利弥、永藤歩
【スタジアム観戦】
一時帰国、今季3試合目の水戸戦スタジアム観戦。真夏日!10月だというのに何なんだこの暑さは。船谷もフランクも湯澤もいない中、佐藤祥をヴォランチにして左サイドバックに位置した内田(!)の得点を守りきり完封勝利! その歓喜もさることながら、こうやって小吹で水戸の試合を観戦できた幸福感の方が大きい。多分今季に観れるのはこの試合が最後、この空と風とサポーターの歌声を目と耳と胸に留めてまた異国で頑張ろう、と。

by junn-chang, Oct.9, 2016
posted by junn-chang at 10:12| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球団水戸葵戦記 2016年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月30日

水戸ホーリーホック 試合記録【2016年9月】

水戸ホーリーホック 試合記録【2016年9月】

2016年9月3日
天皇杯 2016 2回戦 清水エスパルス 3-0 水戸ホーリーホック
A IAIスタジアム日本平 3,703人
清水エスパルス
監督: 小林伸二
GK: 植草裕樹
DF: 六平光成、ビョン・ジュンボン、角田誠、松原后
MF: 河井陽介、竹内涼、枝村匠馬(76分 村田和哉)、白崎凌兵、金子翔太(71分 北川航也)
FW: 鄭大世(83分 長谷川悠)
得点: 金子翔太(18分)、鄭大世(24分)、枝村匠馬(66分)
警告: 北川航也(90+2分)
控え: 杉山力裕、三浦弦太、キム・ボムヨン、澤田崇
水戸ホーリーホック
監督: 西ケ谷隆之
GK: 本間幸司
DF: 石神幸征、伊藤槙人、木下高彰、麦倉捺木
MF: 船谷圭祐(66分 佐藤和弘)、今瀬淳也、山村佑樹、ロメロ・フランク
FW: グエン・コンフォン(45分斎藤翔太)、久保裕一(74分 湯澤洋介)
得点: なし
警告: 木下高彰(23分)、ロメロ・フランク(50分)、石神幸征(75分)
控え: 石井綾、佐藤和樹、宮本拓弥、萬代宏樹


2016年9月7日
J2 2016 第8節 V・ファーレン長崎 1-1 水戸ホーリーホック
A トランスコスモススタジアム長崎 2,692人
V・ファーレン長崎
監督: 高木琢也
GK: 大久保択生
DF: 村上佑介、高杉亮太、趙民宇
MF: 岸田翔平、前田悠佑、田中裕人、梶川涼太(58分 佐藤洸一)、パク・ヒョンジン
FW: 木村裕(78分 永井龍)、白東星(85分 中村慶太)
得点: 木村裕(7分)
警告: 前田悠佑(68分)
控え: 三浦雅也、坂井達弥、碓井鉄平、李栄直
水戸ホーリーホック
監督: 西ケ谷隆之
GK: 笠原昴史
DF: 田向大輝(82分 伊藤槙人)、細川淳矢、福井諒司、今瀬淳也
MF: 白井永地、兵働昭弘、内田航平、湯澤洋介(87分 船谷圭祐)、佐藤和弘(76分 久保裕一)
FW: 平松宗
得点: 平松宗(39分)
警告: 細川淳矢(69分)
控え: 本間幸司、麦倉捺木、石神幸征、グエン・コンフォン

【TV観戦】
天皇杯は観戦できなかったためサブ組(?)での戦いがどんなものだったかわからないけど、2回戦敗退も有意義な2試合だったはず。そして熊本地震の影響で順延となっていた試合で再開されたリーグ戦、フランクと佐藤祥を欠く以外はベストメンバーで挑んだアウェイの長崎戦は、1-1のドローに。平松が一人で奪った得点シーンは圧巻の一言、3試合連続得点はポスト三島の地位を得たと言ってもいい、か。試合も序盤こそ入り方が良くなかったもののあとは水戸ペース、それで1点しか取れないところも水戸らしさ(?)。安定感を高めると兵働と内田のダブルヴォランチ、船谷を完全にベンチに追いやった白井、相変わらず鋭利な湯澤、そして勝負強さをみせた平松、とチームとしては安定しているだけに、勝ち点3を取るべき(取れる)試合だった。

2016年9月11日
J2 2016 第31節 水戸ホーリーホック 1-1 東京ヴェルディ
H ケーズデンキスタジアム水戸 5,631人
水戸ホーリーホック
監督: 西ケ谷隆之
GK: 笠原昴史
DF: 田向大輝、伊藤槙人、福井諒司、内田航平
MF: 白井永地、兵働昭弘、ロメロ・フランク(90+3分 石神幸征)、湯澤洋介
FW: 平松宗(82分 久保裕一)、船谷圭祐(66分 佐藤和弘)
得点: 船谷圭祐(48分)
警告: 伊藤槙人(32分)
控え: 本間幸司、今瀬淳也、木下高彰、グエン・コンフォン

東京ヴェルディ
監督: 冨樫剛一
GK: 鈴木椋大
DF: 大木暁、平智広、井林章、田村直也(49分 安在和樹)
MF: 船山祐二、二川孝広(64分 北脇健慈)、中後雅喜、澤井直人(54分 アラン・ピニェイロ)、高木善朗
FW: ドウグラス・ヴィエイラ
得点: 高木善朗(27分)
警告: 高木善朗(52分)、大木暁(74分)、船山祐二(83分)
控え: 柴崎貴広、安西幸輝、南秀仁、高木大輔
【TV観戦】
続くドローゲーム、またしても勝ちきれず1-1。お互いGKの痛恨のミスによって失点したまま決定機を逃し続けた試合ながら、ホームの水戸にとっては勝ちを逃した失意の試合、か。自分たちの時間帯に得点できない、先制されると追いつくのが精一杯で、勝てない。湯澤、白井の両翼はよく機能していただけに…、という決まり文句はいつまで続くのか。

2016年9月18日
J2 2016 第32節 清水エスパルス 2-1 水戸ホーリーホック
A IAIスタジアム日本平 10,098人
清水エスパルス
監督: 小林伸二
GK: 植草裕樹
DF: 六平光成、ビョン・ジュンボン、角田誠、松原后
MF: 河井陽介、竹内涼(79分 長谷川悠)、枝村匠馬(25分 村田和哉)、白崎凌兵、金子翔太(64分 大前元紀)
FW: 鄭大世
得点: 松原后(85分)、ビョン・ジュンボン(90+5分)
警告: なし
控え: 杉山力裕、三浦弦太、二見宏志、本田拓也
水戸ホーリーホック
監督: 西ケ谷隆之
GK: 笠原昴史
DF: 田向大輝、細川淳矢、福井諒司(82分 今瀬淳也)、内田航平
MF: 白井永地、兵働昭弘、ロメロ・フランク、佐藤和弘
FW: 平松宗(80分 久保裕一)、山村佑樹(73分 佐藤祥)
得点: 山村佑樹(66分)
警告: なし
控え: 本間幸司、麦倉捺木、グエン・コンフォン、宮本拓弥

【TV観戦】
呆然の敗戦。J1昇格を絶対的使命としているか否か、その差が最後10分間に出た試合。スタジアムの雰囲気、選手の気持ち、全てにおいて清水が優った10分間、水戸にとってはこの試合から受けたダメージとともに、またしても大きなものを学んだ試合だったはず。水戸のサッカーが功を奏した80分間と10分間の劣勢、試合を決めたのは後者。山村の今期初得点も水泡に帰す。

2016年9月25日
J2 2016 第33節 愛媛FC 2-1 水戸ホーリーホック
A ニンジニアスタジアム日本平 2,342人
愛媛FC
監督: 木山隆之
GK: 児玉剛
DF: 玉林睦実(45分 白井康介)、茂木力也、林堂眞
MF: 藤田息吹(67分 安田晃大)、三原向平、小島秀仁、表原玄太(87分 西田剛)、内田健太
FW: 瀬沼優司、阪野豊史
得点: 阪野豊史(73分)
警告: 小島秀仁(22分)
控え: 原裕太郎、西岡大輝、鈴木隆雅、河原和寿
水戸ホーリーホック
監督: 西ケ谷隆之
GK: 笠原昴史
DF: 田向大輝、細川淳矢、福井諒司(83分 伊藤槙人)、佐藤祥
MF: 白井永地、兵働昭弘、内田航平、山村佑樹(76分 湯澤洋介)
FW: 平松宗(88分 宮本拓弥)、佐藤和弘
得点: 佐藤和弘(4分)
警告: 内田航平(5分)、細川淳矢(38分)、佐藤和弘(63分)、湯澤洋介(81分)
控え: 本間幸司、今瀬淳也、グエン・コンフォン、久保裕一

【TV観戦】
和弘の先制点、そこまでは良かった。でもあとは、木山対西ケ谷の師弟”隆之”対決はお互いに主導権を握れない凡戦に。前節今季リーグ戦初得点を決めた山村のMF起用も、終盤の選手交替も効果的ではなかったし、どうしたいのか、という意志がベンチにもピッチにも希薄な、全体に重い空気が試合した一戦。

by junn-chang, Sep.30, 2016
Last Update, Oct.9, 2016
posted by junn-chang at 19:43| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球団水戸葵戦記 2016年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月01日

水戸ホーリーホック 試合記録【2016年8月】

水戸ホーリーホック 試合記録【2016年8月】

2016年8月7日
J2 2016 第27節 松本山雅 0-0 水戸ホーリーホック
A 松本平広域公園 4,506人
松本山雅
監督: 反町康治
GK: シュミット・ダニエル
DF: 飯尾竜太朗、飯田真輝、當間建文、喜山康平
MF: 石原崇兆(67分 山本大貴)、宮阪政樹、岩間雄大、安藤淳
FW: 高崎寛之(82分 三島康平)、工藤浩平
得点: 喜山康平(45分)
警告: 山本大貴(21分)、飯尾竜太朗(86分)
控え: 白井裕人、後藤圭太、那須川将大、パウリーニョ、ウィリアンス
水戸ホーリーホック
監督: 西ケ谷隆之
GK: 笠原昴史
DF: 細川淳矢、今瀬淳也、福井諒司、佐藤祥
MF: 白井永地、兵働昭弘、船谷圭祐(57分 佐藤和弘)、湯澤洋介(90+2分 佐藤和樹)、ロメロ・フランク
FW: 平松宗(72分 久保裕一)、
得点: なし
警告: 福井諒司(83分)
控え: 本間幸司、伊藤槙人、石神幸征、グエン・コンフォン

【TV観戦】
三島移籍から2週間、早くも実現した松本戦。高崎、三島というかつて水戸の絶対的エースとして君臨した2人、そして前回の対戦で2点を先制した後に3失点、悪夢の逆転負けを喫したカードなだけに注目の一戦となったこの試合。序盤から細川VS高崎の強靭なバトルに代表されるように、強い意地のぶつかり合いの果てのスコアレスドロー。水戸にしてみれば2試合連続3得点の流れから勝利が欲しかったものの、上位松本相手にアウェイで(2試合連続)無失点は上出来。

2016年8月11日
J2 2016 第28節 水戸ホーリーホック 1-1 ロアッソ熊本
H ケーズデンキスタジアム水戸 4,952人
水戸ホーリーホック
監督: 西ケ谷隆之
GK: 笠原昴史
DF: 石神幸征、細川淳矢、福井諒司、今瀬淳也(79分 内田航平)
MF: 白井永地、船谷圭祐(45分 久保裕一)、湯澤洋介(72分 佐藤和樹)、ロメロ・フランク、佐藤和弘
FW: 平松宗
得点: ロメロ・フランク(53分)
警告: なし
控え: 本間幸司、伊藤槙人、兵働昭弘、グエン・コンフォン

ロアッソ熊本
監督: 清川浩行
GK: 佐藤昭大
DF: 黒木晃平、園田拓也、薗田淳、片山奨典
MF: 高柳一誠、中山雄登(60分 嶋田慎太郎)、岡本賢明(88分 キム・テヨン)、上原拓郎
FW: 巻誠一郎(82分 若杉拓哉)、清武功暉
得点: 黒木晃平(30分)
警告: 黒木晃平(58分)
控え: 金井大樹、小谷祐喜、藏川洋平、八久保颯
【TV観戦】
真夏の3連戦の第2戦。兵働をベンチに置くということの意味がよくわかった試合、か。前節に続き田向を欠き、更に佐藤祥も不在、DFラインの右に石神、左に今瀬という布陣ゆえに両サイドからの積極的な攻撃は沈黙。後半、船谷に代えて久保を投入、平松&久保の2トップとしたものの、攻撃の形が作れない苦しい展開。ピッチ上に兵働と船谷が共にいないとき、このチームはやはり核がなくなるなあ、と。それでもフランクの1点でドロー。最低限の結果は残せた試合。

2016年8月15日
J2 2016 第29節 ザスパクサツ群馬 2-1 水戸ホーリーホック
A 正田醤油スタジアム群馬 4,002人
ザスパクサツ群馬
監督: 服部浩紀
GK: 清水慶記
DF: 舩津徹也、パク・ゴン、乾大知、高橋優孝(88分 坪内秀介)
MF: 松下裕樹、山岸祐也、中村駿、高橋駿太
FW: 常盤聡(57分 吉濱遼平)、瀬川祐輔(90+1分 マテウス)
得点: 瀬川祐輔(56分)、中村駿(77分)
警告: なし
控え: 鈴木雄太、鵜飼亮多、小林竜樹、小牟田洋佑
水戸ホーリーホック
監督: 西ケ谷隆之
GK: 笠原昴史
DF: 田向泰輝、細川淳矢、福井諒司、佐藤祥
MF: 白井永地、兵働昭弘、ロメロ・フランク、湯澤洋介(63分 久保裕一)
FW: 平松宗(78分 内田航平)、佐藤和弘(63分 船谷圭祐)、
得点: 平松宗(32分)
警告: 笠原昴史(90+3分)
控え: 本間幸司、伊藤槙人、グエン・コンフォン、萬代宏樹

【TV観戦】
前節、試合を作ることが出来ないながらもドローにした水戸、フルメンバーで「三島後」の真価が問われる、真夏の3連戦最終戦、北関東ダービー。前半は良い形で試合が進められたと思うし、兵働のCKから平松のヘッドによる得点は完璧な美しさだった。しかし逆転を許した後半に長居時間帯で押し込まれたのは、力負けなのか、気持ち負けなのか、交替選手が新たなアクセントをつけることが出来なかったから、か。気持ちの面だけで言えば、後半投入すべきだったのは久保ではなく、新加入選手が活躍する中、久しぶりにベンチ入りした萬代だったはず。痛恨の1敗。

2016年8月21日
J2 2016 第30節 水戸ホーリーホック 3-2 カマタマーレ讃岐
H ケーズデンキスタジアム水戸 4,105人
水戸ホーリーホック
監督: 西ケ谷隆之
GK: 笠原昴史
DF: 田向泰輝、細川淳矢、福井諒司、佐藤祥
MF: 白井永地、兵働昭弘(77分 内田航平)、ロメロ・フランク(74分退場)、湯澤洋介(90+1分 船谷圭祐)
FW: 平松宗(82分 久保裕一)、佐藤和弘
得点: 白井永地(35分)、平松宗(51分)、白井永地(80分)
警告: ロメロ・フランク(73分)
退場: ロメロ・フランク(74分)
控え: 本間幸司、伊藤槙人、グエン・コンフォン、萬代宏樹

カマタマーレ讃岐
監督: 北野誠
GK: 清水健太
DF: 荻野広大、エブソン、我那覇和樹(61分 アラン)
MF: 渡邉大剛(76分 高木和正)、山本翔平、永田亮太、馬場賢治
FW: 西弘則、ミゲル、仲間隼斗(84分 木島徹也)
得点: ミゲル(39分)、渡邉大剛(53分)
警告: 永田亮太(32分)、エブソン(56分)
控え: 瀬口拓弥、小澤雄希、綱田大志、木島良輔
★白井、電撃点2得点! 美しき3得点で苦手讃岐を迎撃。敗戦した前節群馬戦と全く同じ布陣で讃岐を迎えた水戸。2度のリードを即座に追いつかれる嫌な展開だったものの、蒸し暑さ全開の中でも前線の連動性が機能、フランクから白井、和弘から平松、そして湯澤から白井、と重ねた得点は美しかった。特に湯澤と白井の攻撃的MFの運動量は圧巻。2失点とフランクの退場はいただけないものの、充実の1勝!

2016年8月27日
天皇杯 2016 1回戦 水戸ホーリーホック 0-0 東京国際大学
H ケーズデンキスタジアム水戸 1,859人
水戸ホーリーホック
監督: 西ケ谷隆之
GK: 本間幸司
DF: 石神幸征、伊藤槙人、木下高彰、麦倉捺木
MF: 船谷圭祐、内田航平、山村佑樹、斎藤翔太(60分 佐藤和弘)
FW: グエン・コンフォン(72分 湯澤洋介)、久保裕一(89分 萬代宏樹)
得点: 山村佑樹(86分)
警告: なし
控え: 石井綾、今瀬淳也

東京国際大学
監督: 前田秀樹
GK: 伊原清也
DF: 高橋和洋、國井拓也、中村彰吾、辻川祐介
MF: 浅利航大、石田勇大、篠洋介(90+3分 成田悠冴)、室井佑斗(75分 川上翔平)
FW: 安東輝、進昴平(45分 町田ブライト)
得点: なし
警告: 中村彰吾(36分)
控え: 古島桂人、小木曽佑太

by junn-chang, Sep.1, 2016
posted by junn-chang at 20:50| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球団水戸葵戦記 2016年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月04日

水戸ホーリーホック 試合記録【2016年7月】

水戸ホーリーホック 試合記録【2016年7月】

2016年7月3日
J2 2016 第21節 水戸ホーリーホック 2-3 松本山雅
H ケーズデンキスタジアム水戸 5,328人
水戸ホーリーホック
監督: 西ケ谷隆之
GK: 本間幸司
DF: 田向泰輝、細川淳矢、宗株薫、佐藤祥(82分 宮本拓弥)
MF: 白井永地(60分 佐藤和弘)、兵働昭弘、湯澤洋介(60分 今瀬淳也)、船谷圭祐、ロメロ・フランク
FW: 三島康平
得点: 湯澤洋介(15分)、細川淳矢(41分)
警告: なし
控え: 笠原昴史、佐藤和樹、石神幸征、グエン・コンフォン

松本山雅
監督: 反町康治
GK: シュミット・ダニエル
DF: 飯尾竜太朗、飯田真輝、喜山康平、後藤圭太
MF: 宮阪政樹(90+1分 安川有)、岩間雄大、那須川将大(45分 安藤淳)、工藤浩平
FW: 高崎寛之、山本大貴(45分 パウリーニョ)
得点: オウンゴール(53分)、飯尾竜太朗(61分)、高崎寛之(76分)
警告: 山本大貴(21分)、飯尾竜太朗(86分)
控え: 白井裕人、鐵戸裕史、武井拓也、前田大然
【TV観戦】
2試合連続の2点先制という結果は、水戸の好調さ、やりたいことができている結果そのものだったと思うし、前節同様に試合内容もよかったものの、前節同点にされたことを経験として克服するどころか、負のトラウマとなってしまった試合。選手交代も消極的だったし、負の空気が覆う中、よりによって高崎に決められてしまった展開は、痛恨の一言。

2016年7月10日
J2 2016 第22節 ジェフユナイテッド市原千葉 0-1 水戸ホーリーホック
A フクダ電子アリーナ 9,132人
ジェフユナイテッド市原千葉
監督: 関塚隆
GK: 佐藤優也
DF: 阿部翔平(83分 オナイウ阿道)、若狭大志、イ・ジュヨン、丹羽竜平
MF: 長澤和輝(68分 山本真希)、富澤清太郎、井出遥也、町田也真人
FW: エウトン、船山貴之(68分 船山貴之)
得点: なし
警告: 富澤清太郎(24分)
控え: 藤嶋栄介、大久保裕樹、多々良敦斗、佐藤勇人
水戸ホーリーホック
監督: 西ケ谷隆之
GK: 本間幸司
DF: 田向泰輝、細川淳矢、宗株熏、佐藤祥
MF: 白井永地、兵働昭弘、湯澤洋介(88分 福井諒司)、船谷圭祐(75分 平松宗)、ロメロ・フランク(83分 石神幸征)
FW: 三島康平
得点: 湯澤洋介(15分)、細川淳矢(41分)
警告: なし
控え: 笠原昴史、木下高彰、佐藤和弘、グエン・コンフォン

【TV観戦】
遂に勝った! 8試合ぶりの勝利、しかもフクアリ初勝利! 美しき1-0!前々節、前節は2点先制しながら同点、逆転を許し、堅守水戸に揺らぎをみせていたものの、今節は完封、しかも鬼門フクアリで、という今季の水戸にとって重要な意味をもった結果。白井が主力としてフィットしてきたことや、新戦力に平松と福井を加えたことでこのまま上昇気流に乗れるか?

2016年7月16日
J2 2016 第23節 水戸ホーリーホック 1-0 FC岐阜
H ケーズデンキスタジアム水戸 4,318人
水戸ホーリーホック
監督: 西ケ谷隆之
GK: 本間幸司
DF: 田向泰輝、細川淳矢、宗株薫(45分 福井諒司)、佐藤祥
MF: 白井永地(90分 内田航平)、兵働昭弘、湯澤洋介(75分 平松宗)、船谷圭祐、ロメロ・フランク
FW: 三島康平
得点: 三島康平(16分)
警告: 湯澤洋介(62分)
控え: 笠原昴史、伊藤槙人、佐藤和弘、グエン・コンフォン

FC岐阜
監督: ラモス瑠偉
GK: 高木義成
DF: 益山司、阿部正紀、田代雅也、冨士祐樹
MF: 水野泰輔、田森大己、高地系治(85分 岡根直哉)、田中達也、レオミネイロ(45分 風間宏矢)
FW: 瀧谷亮(71分 鈴木ブルーノ)
得点: なし
警告: 田代雅也(15分)、益山司(78分)
控え: 常澤聡、磐瀬剛、苅部隆太郎、小川雄大
【TV観戦】
ああ、株薫、痛恨の負傷。水戸の誇りとして、水戸在籍中の選手として初めてオリンピック代表に選出されていた株薫、オリンピック前最終戦で骨折という悪夢に。我々サポも残念だけど、当の株薫の心象を思えば本当に心が痛む。安易な言葉をいくら積み重ねても埋めきれない悔しさであろうけど、株薫、頑張れ!
試合は、再び1-0での2連勝、そしてJ2リーグ戦通算200勝達成。

2016年7月20日
J2 2016 第24節 水戸ホーリーホック 0-2 V・ファーレン長崎
H ケーズデンキスタジアム水戸 3,815人
水戸ホーリーホック
監督: 西ケ谷隆之
GK: 本間幸司
DF: 田向泰輝、細川淳矢、福井諒司、佐藤祥
MF: 白井永地、内田航平(63分 兵働昭弘)、湯澤洋介(68分 平松宗)、船谷圭祐、ロメロ・フランク(80分 グエン・コンフォン)
FW: 三島康平
得点: なし
警告: ロメロ・フランク(35分)
控え: 笠原昴史、伊藤槙人、石神幸征、佐藤和弘

V・ファーレン長崎
監督: 高木琢也
GK: 大久保択生
DF: 村上佑介、高杉亮太、趙民宇
MF: 岸田翔平、前田悠佑、田中裕人、養父雄仁(70分 中村慶太)、パク・ヒョンジン
FW: 永井龍(89分 木村裕)、佐藤洸一(81分 李栄直)
得点: 永井龍(11分)、岸田翔平(75分)
警告: 岸田翔平(44分)、趙民宇(72分)、村上佑介(73分)
控え: 三浦雅也、宮本航汰、梶川涼太、北川滉平
【TV観戦】
3連勝ならず。こういう負け方を経験することの価値はある、というのは負け犬の捨て台詞か。連戦をホームで迎えられた利、圧倒的に支配した支配運び、こんなにあったか?と思えるほどの攻撃のヴァリエーション。しかし結果は、0-2。長崎のワンチャンスを確実にものにする決定力と、一貫した戦い方、そこに負けた。調子がよくなくてもこうやって勝てる、ということ学習した一戦。

2016年7月24日
J2 2016 第25節 町田ゼルビア 3-3 水戸ホーリーホック
A 町田市立陸上競技場 3,448人
町田ゼルビア
監督: 相馬直樹
GK: 高原寿康
DF: 土岐田洸平、深津康太、カルフィン・ヨン・ア・ピン、松本怜大
MF: 中村祐也(79分 松本純土)、李漢宰、森村昴太(90+3分 久木野聡)、谷澤達也(69分 鈴木崇文)
FW: 中島裕希、鈴木孝司
得点: 中島裕希(15分)、中村祐也(36分)、カルフィン・ヨン・ア・ピン(49分)
警告: 李漢宰(75分)
控え: 内藤圭祐、畠中慎之輔、三鬼海、戸島章
水戸ホーリーホック
監督: 西ケ谷隆之
GK: 本間幸司
DF: 田向泰輝、細川淳矢、福井諒司、佐藤祥(70分 佐藤和樹)
MF: 白井永地、内田航平(45分 湯澤洋介)、兵働昭弘、船谷圭祐(45分 佐藤和弘)
FW: 三島康平、平松宗
得点: 佐藤和弘(56分)、福井諒司(78分)、佐藤和弘(90分)
警告: 田向泰輝(38分)、細川淳矢(55分)、湯澤洋介(57分)、福井諒司(85分)
控え: 笠原昴史、伊藤槙人、石神幸征、グエン・コンフォン

【TV観戦】
突如として訪れたまさかの三島ラストマッチ。絶対的エースのシーズン途中離脱という現実とともに迎えたアウェイ町田戦だったものの、三島と平松のツインタワーを揃えた布陣が全く機能せず、せっかく前線に2枚の高い打点を置いても両翼が上がれずセンタリングは皆無、目論みは見事に外れ前半だけで2失点、さらに後半立ち上がりにも失点を重ねるという苦境に。しかし後半投入された湯澤と和弘が試合を完全に変貌させ、今季加入後沈黙を守っていた和弘の2得点1アシストで遂には追いつく、まるで18節町田戦、ラストプレーで同点に追いつかれたあの苦渋のお返しをするかのような同点劇。三島ラストマッチが三島の試合にならなかったことが残念なようでもあり、でもこの試合で三島不在の第一歩を踏み出すことができたという意味では、憂いなく三島にさよならと感謝を告げることができた試合だったとうこと、か。三島には本当に感謝しかない。

2016年7月31日
J2 2016 第26節 水戸ホーリーホック 3-0 ツェーゲン金沢
H ケーズデンキスタジアム水戸 4,506人
水戸ホーリーホック
監督: 西ケ谷隆之
GK: 笠原昴史
DF: 田向泰輝、細川淳矢、福井諒司、佐藤祥
MF: 白井永地、兵働昭弘、湯澤洋介(76分 久保裕一)、ロメロ・フランク
FW: 平松宗(90+2分 船谷圭祐)、グエン・コンフォン(53分 佐藤和弘)
得点: 福井諒司(62分)、平松宗(63分)、佐藤和弘(74分)
警告: 福井諒司(21分)
控え: 本間幸司、佐藤和樹、伊藤槙人、石神幸征

ツェーゲン金沢
監督: 森下仁之
GK: 原田欽庸
DF: 太田康介、廣井友信(45分 メンデス)、作田裕次、野田紘史
MF: 中美慶哉、秋葉勝、星野有亮、熊谷アンドリュー
FW: 山ア雅人(77分 玉城峻吾)、水永翔馬(60分 安柄俊)
得点: なし
警告: 山ア雅人(56分)
控え: 原田直樹、小柳達司、古田寛幸、安東輝
【TV観戦】
「三島後」の初試合、新たなる水戸を提示しなければならない重要な試合で起用されたのはGK笠原、FWグエン・コンフォン。本間と船谷、そして前節で電光石火の2得点をあげた和弘をベンチに置いた布陣、にやや驚き。ベトナムからの応援ツアーが企画されていたためコンフォンの起用は必然としてもまさか先発とは。コンフォンにとっては、この今シーズン最大のチャンスを残念ながら活かしきることはできなかった、か。悪くはなかったけど「三島後」のファーストチョイスにはなり得ない結果に。そしてコンフォンに変わって和弘が投入された後、流れが変わった水戸は圧巻の(2試合連続)3得点。「三島後」はそこにあり。原田&作田VS和弘の古巣対決は和弘に軍配。

by junn-chang, Aug.4, 2016
Last Update, Aug.15, 2016
posted by junn-chang at 20:00| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球団水戸葵戦記 2016年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月03日

水戸ホーリーホック 試合記録【2016年6月】

水戸ホーリーホック 試合記録【2016年6月】

2016年6月3日
J2 2016 第16節 水戸ホーリーホック 0-0 清水エスパルス
H ケーズデンキスタジアム水戸 8,827人
水戸ホーリーホック
監督: 西ケ谷隆之
GK: 本間幸司
DF: 田向泰輝、細川淳矢、今瀬淳也、佐藤祥
MF: 白井永地(58分 宮本拓弥)、石神幸征、兵働昭弘、湯澤洋介(81分 山村佑樹)
FW: 三島康平、船谷圭祐
得点: なし
警告: 佐藤祥(70分)
控え: 笠原昴史、伊藤槙人、佐藤和樹、佐藤和弘、萬代宏樹

清水エスパルス
監督: 小林伸二
GK: 杉山力裕
DF: 川口尚紀、犬飼智也、ビョン・ジュンホン、松原后
MF: 河井陽介、竹内涼、村田和哉(84分 枝村匠馬)、白崎凌兵
FW: 大前元紀、鄭大世(81分 北川航也)
得点: なし
警告: 鄭大世(34分)、犬飼智也(45分)、ビョン・ジュンホン(90+3分)
控え: 碓井健平、福村貴幸、杉山浩太、六平光成、金子翔太
【TV観戦】
水戸、惜しすぎるスコアレスドロー。またしても最後の決め手を欠き勝利を逃す。前節群馬に8-0の大勝を収めた清水をホームに迎えたリーグ戦初対決は、守備の要の宗株熏を韓国U-23代表で欠くものの、今瀬をCBに戻しヴォランチに石神、フランクの代わりに白井を今季初先発で起用した布陣は、強風の中、ボール運びが難しい試合となりながらも、自分達のペースで試合を進め、水戸のチームコンセプトが安定していることを再び示した試合に。これで15試合12失点となり、失点数の少なさだけではリーグ4位。でも得点12点ゆえに16位、か。

2016年6月8日
J2 2016 第17節 横浜FC 1-1 水戸ホーリーホック
A ニッパツ三ツ沢球技場 2,077人
横浜FC
監督: 増田功作(代行)
GK: 渋谷飛翔
DF: 市村篤司、西河翔吾、大ア玲央、田所涼
MF: 佐藤謙介、寺田紳一、野村直輝(67分 野上結貴)、小野瀬康介、松下年宏(80分 津田知宏)
FW: 大久保哲哉(55分 イバ)
得点: 大ア玲(12分)
警告: 野村直輝(49分)、佐藤謙介(71分)、野上結貴(90+3分)
控え: 南雄太、ナ・ソンス、中里崇宏、三浦知良
水戸ホーリーホック
監督: 西ケ谷隆之
GK: 本間幸司
DF: 田向泰輝、細川淳矢、宗株熏、佐藤祥
MF: 白井永地(45分 佐藤和弘)、石神幸征、兵働昭弘、湯澤洋介(65分 佐藤和樹)
FW: 三島康平、船谷圭祐(90+1分 ロメロ・フランク)
得点: 三島康平(14分)
警告: なし
控え: 笠原昴史、今瀬淳也、山村佑樹、萬代宏樹

【TV観戦】
三島、圧巻のヘッド! 鬼門中の鬼門三ツ沢、貴重な勝ち点1(と言うべきか)。3試合連続のドローとなったアウェイ横浜FC戦、中3日ながらこの日も水戸の標榜するサッカー自体はできていたと思うし、三島頼りの攻撃であることも、チームとしてのフィニッシュ構成力に欠けることもそのまま。飛躍的に決定力を上げること無理ゆえに、日々の僅かな積み上げしかないということなのだろうけど、ね。もう一つ、新たなアクセントが欲しい。

2016年6月12日
J2 2016 第18節 水戸ホーリーホック 2-2 町田ゼルビア
H ケーズデンキスタジアム水戸 4,280人
水戸ホーリーホック
監督: 西ケ谷隆之
GK: 本間幸司
DF: 田向泰輝、細川淳矢、宗株熏、佐藤祥
MF: 石神幸征(53分 兵働昭弘)、今瀬淳也、船谷圭祐、佐藤和弘(72分 ロメロ・フランク)
FW: 三島康平、萬代宏樹(53分 湯澤洋介)
得点: ロメロ・フランク(77分)、三島康平(83分)、
警告: 石神幸征(34分)
控え: 笠原昴史、佐藤和樹、白井永地、山村佑樹

町田ゼルビア
監督: 相馬直樹
GK: 高原寿康
DF: 三鬼海、金聖基、カルフィン・ヨン・ア・ピン、松本怜大
MF: 森村昴太(76分 重松健太郎)、李漢宰、井上裕大、谷澤達也(84分 久木野聡)
FW: 中島裕希(63分 戸島章)、鈴木孝司
得点: 鈴木孝司(10分)、鈴木孝司(90+4分)
警告: 松本怜大(43分)
控え: 内藤圭佑、畠中槙之輔、鈴木崇史、松下純土
【TV観戦】
幻の逆転劇、あと1分守りきれず、痛恨の4試合連続ドロー。中3日で続いた3連戦の最後、ホームで上位町田を迎えた水戸。前後半でここまで違うか、というほど兵働を先発から外した影響の大きさを示した試合、石神と今瀬の組み合わせはあまりにも守備的すぎたか。その兵働、湯澤、さらにフランクを投入したことで全体のリズムが攻撃的に変化、今季初、歓喜の逆転劇をもたらしことは大きな経験値になったはず。負傷でスプリントできない宗株熏を前線に残し、宗株熏が寄せたことでもたらした金聖基のミスを三島(!)が決めるという光景と、その後も三島が前線でプレッシャーをかけ続けるその献身性に感動していたのに、5バックにしながら最後の同点被弾のシーンでの守備の雑さは一体何だったんだ、というかなり複雑な余韻を残してゲームは終了。

2016年6月19日
J2 2016 第19節 レノファ山口 1-0 水戸ホーリーホック
A 維新百年記念公園陸上競技場 4,599人
レノファ山口
監督: 上野展裕
GK: 一森純
DF: 小池龍太、ユン・シンヨン、北谷史孝、香川勇気
MF: 鳥養祐矢(66分 原口拓人)、庄治悦大、三幸秀稔(90+1分 宮城雅史)、島屋八徳(82分 黒木恭平)、福満隆貴
FW: 岸田和人
得点: 福満隆貴(74分)
警告: 岸田和人(85分)、香川勇気(89分)
控え: 村上昌謙、廣木雄磨、加藤大樹、望月嶺臣
水戸ホーリーホック
監督: 西ケ谷隆之
GK: 本間幸司
DF: 田向泰輝、細川淳矢、宗株熏、佐藤祥
MF: ロメロ・フランク、兵働昭弘(79分 グエン・コンフォン)、佐藤和弘(57分 今瀬淳也)、湯澤洋介(66分 佐藤和樹)
FW: 三島康平、船谷圭祐
得点: なし
警告: なし
控え: 笠原昴、白井永地、山村佑樹、萬代宏樹

【TV観戦】
惜敗。いつもの水戸のサッカーを徹底し、いつものように1点勝負、つまりは1点とれなければ勝てない、重い、1点。西ケ谷監督のマグネットボードに描かれた戦術に間違いはない、と信じているからこそ、我々の悔しさは怒りに代わることは、ない。

2016年6月26日
J2 2016 第20節 モンテディオ山形 2-2 水戸ホーリーホック
A NDソフトスタジアム山形 5,113人
モンテディオ山形
監督: 石ア信弘
GK: 山岸範宏
DF: 宇佐美宏和(64分 荒堀謙次)、栗山直樹、田代真一、高木利弥
MF: 伊藤俊、川西翔太、アルセウ、汰木康也(45分 佐藤優平)
FW: 林陵平(45分 大黒将志)、ディエゴ
得点: ディエゴ(56分)、川西翔太(84分)
警告: アルセウ(67分)
控え: 富居大樹、山田拓巳、松岡亮輔、ディエゴ・ローザ
水戸ホーリーホック
監督: 西ケ谷隆之
GK: 本間幸司
DF: 田向泰輝、細川淳矢、宗株熏、佐藤祥
MF: ロメロ・フランク、兵働昭弘、白井永地(89分 萬代宏樹)、湯澤洋介(81分 山村佑樹)
FW: 三島康平、船谷圭祐(83分 佐藤和弘)
得点: 三島康平(23分)、白井永地(24分)
警告: ロメロ・フランク(59分)
控え: 笠原昴、今瀬淳也、石神幸征、宮本拓弥

【TV観戦】
2点先制(というV東京戦以来の展開)、ほぼ完璧な試合展開を見せた前半だっただけに、後半に追いつかれたこと、というよりも3点目を取りきれなかったことがすべて、か。但し、圧倒的な強さを見せる三島を軸に、得失点面だけで言えば、前半の幸福な展開と後半の失望、となるものの、水戸のなすべきことが出来た試合としていい試合だったと思う。

by junn-chang, Jul.2, 2016
posted by junn-chang at 00:05| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球団水戸葵戦記 2016年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月01日

水戸ホーリーホック 試合記録【2016年5月】

水戸ホーリーホック 試合記録【2016年5月】

2016年5月3日
J2 2016 第11節 徳島ヴォルティス 1-0 水戸ホーリーホック
A 鳴門大塚スポーツパークポカリスウェットスタジアム 3,698人
徳島ヴォルティス
監督: 長島裕明
GK: 相澤貴志
DF: 広瀬陸斗、橋内優也、福元洋平、冨田大介
MF: 渡大生(78分 キム・キョンジュン)、濱田武、岩尾憲、木村祐志(90+1分 大ア淳矢)、内田裕斗(88分 石井秀典)
FW: 山ア凌吾
得点: 岩尾憲
警告: なし
控え: 杉本大地、藤原広太朗、前川大河、長谷川悠
水戸ホーリーホック
監督: 西ケ谷隆之
GK: 本間幸司
DF: 田向泰輝、細川淳矢、宗株熏、佐藤祥
MF: 今瀬淳也、兵働昭弘(78分 佐藤和弘)、湯澤洋介(86分 萬代宏樹)、ロメロ・フランク(86分宮本拓弥)
FW: 三島康平、船谷圭祐
得点: なし
警告: 宗株熏(20分)
控え: 笠原昴史、佐藤和樹、伊藤槙人、白井永地

【TV観戦】
2連勝で迎えたアウェイ、冨田、広瀬、岩尾が先発に揃った徳島戦。GW連戦にも関わらず3試合連続で同じスタメン(ベンチも同じ)で挑んだ水戸(2連勝したから当然か)。強風の中の難しい試合となった中、水戸は風上に立った前半に試合の主導権を握りながらも、得点を決めきれなかったのが全てか。岩尾の外れたシュートが不運にも宗株熏に当たって失点、という結末も合わせて、次節累積警告で宗株熏を欠くのは、痛い。

2016年5月7日
J2 2016 第12節 水戸ホーリーホック 1-1 ギラヴァンツ北九州
H ケーズデンキスタジアム水戸 3,917人
水戸ホーリーホック
監督: 西ケ谷隆之
GK: 本間幸司
DF: 田向泰輝、細川淳矢(87分 グエン・コン・フォン)、伊藤槙人、佐藤祥(79分 宮本拓弥)
MF: 今瀬淳也、兵働昭弘、湯澤洋介、ロメロ・フランク(68分 萬代宏樹)
FW: 三島康平、船谷圭祐
得点: 萬代宏樹(90+4分)
警告: 細川淳矢(29分)
控え: 笠原昴史、佐藤和樹、石神幸征、白井永地

ギラヴァンツ北九州
監督: 柱谷幸一
GK: 阿部伸行
DF: 星原健太(90分 刀根亮輔)、市川恵多、前田和哉、石神直哉
MF: 風間宏希、加藤弘堅、小手川宏基、本山雅志(66分 井上翔太)
FW: 原一樹、小松塁(78分 大島秀夫)
得点: 原一樹(72分)
警告: 原一樹(57分)、井上翔太(90+1分)
控え: 鈴木彩貴、花井聖、多田高行、池元友樹
【TV観戦】
勝たなければならない試合、そして勝てた試合を最後に追いつき負けなくてすんだ、そんな試合。試合全体を通してポゼッション、攻撃ともに水戸が主導権を高く維持し続けながら、組織力ではなく個人技で失点、最後は超攻撃的にディフェンダーを2人削って3トップ、2バックにして前線を分厚くし、相手のミスにつけ込んで何とか1点を取った、そんな試合。内容的には悪くなく、むしろ良いだけにこんな試合を続けていてはダメだと思う。ロスタイムの同点劇の歓喜はさておき、多くの反省を残した試合、本間がJ2通算550試合出場達成、そしてグエン・コン・フォンが遂に水戸初出場した試合として記憶される試合。

2016年5月15日
J2 2016 第13節 水戸ホーリーホック 0-1 北海道コンサドーレ札幌
H ケーズデンキスタジアム水戸 6,028人
水戸ホーリーホック
監督: 西ケ谷隆之
GK: 本間幸司
DF: 田向泰輝、細川淳矢、宗株熏、伊藤槙人(86分 宮本拓弥)
MF: 今瀬淳也、兵働昭弘、湯澤洋介(77分 萬代宏樹)、ロメロ・フランク
FW: 三島康平、船谷圭祐(69分 佐藤祥)
得点: なし
警告: 伊藤槙人(32分)
控え: 笠原昴史、石神幸征、白井永地、グエン・コン・フォン

北海道コンサドーレ札幌
監督: 四方田修平
GK: ク・ソンユン
DF: 進藤亮佑、増川隆洋、櫛引一紀
MF: 前寛之(86分 河合竜二)、宮澤裕樹、深井一樹(72分 小野伸二)、堀米悠斗、荒野拓馬
FW: 都倉賢、ヘイス(61分 内村圭宏)
得点: 内村圭宏(81分)
警告: 宮澤裕樹(13分)、増川隆洋(49分)
控え: 金山隼樹、上原慎也、稲本潤一、イルファン
【TV観戦】
宗株熏が出場停止明けで復帰、札幌と同じ3バックで挑んだ水戸。お互いのチーム状態の良さをそのまま表すことができた好試合。但し首位札幌に対して試合展開としては互角に戦えたものの、札幌の堅守を結局は崩せなかったという点、後半の選手交代でどれだけ効果的に流れを変えられたかの差、つまり首位札幌との差を確認できた試合、か。

2016年5月22日
J2 2016 第14節 ロアッソ熊本 0-1 水戸ホーリーホック
A 日立柏サッカー場 8,201人
ロアッソ熊本
監督: 清川浩行
GK: 佐藤昭大
DF: 藏川洋平、園田拓也、植田龍仁朗、片山奨典
MF: 薗田淳(68分 鈴木翔登)、上村周平、岡本賢明(72分 黒木晃平)、上原拓郎
FW: 巻誠一郎、嶋田慎太郎(85分 アンデルソン
得点: なし
警告: なし
控え: 金井大樹、キム・テヨン、中山雄登、平繁龍一
水戸ホーリーホック
監督: 西ケ谷隆之
GK: 本間幸司
DF: 田向泰輝(88分 今瀬淳也)、細川淳矢、宗株熏、佐藤祥
MF: 石神幸征、兵働昭弘、湯澤洋介(77分 白井永地)、ロメロ・フランク(69分 山村佑樹)
FW: 三島康平、船谷圭祐
得点: 三島康平(81分)
警告: 田向泰輝(68分)、細川淳矢(89分)
控え: 笠原昴史、佐藤和樹、グエン・コン・フォン、萬代宏樹

【TV観戦】
震災の影響でホームスタジアムが使用できない、そもそもサッカーを続けられる状況にあるのか、という厳しい状況は2011年の東日本大震災のときに水戸も経験しているだけに、柏で熊本のホームゲームを行うことの意味、意義は水戸サポも深い想いで共有しているはず。サッカーファミリーとはこういうことなのだ、と象徴された試合。試合内容は、お互いのチーム状態からすれば水戸の試合となるはずだったものの、連携がいまいち、決してよくないながらも船谷から三島へつないだ美しい得点で何とか面目を保った、という試合。そしてこの試合にアンジとキム・テヨンがいたということは不思議なめぐり合わせ。

2016年5月28日
J2 2016 第15節 カマタマーレ讃岐 1-1 水戸ホーリーホック
A Pikaraスタジアム 1,924人
カマタマーレ讃岐
監督: 北野誠
GK: 清水健太
DF: 西弘則、エブソン、岡村和哉、砂森和也
MF: 永田亮太、馬場賢治、高木和正、仲間隼斗
FW: 木島徹也(88分 森川裕基)、我那覇和樹(75分 藤井航大)
得点: 西弘則(59分)
警告: なし
控え: 瀬口拓弥、綱田大志、山本翔平、大沢朋也、ミゲル
水戸ホーリーホック
監督: 西ケ谷隆之
GK: 本間幸司
DF: 田向泰輝、細川淳矢、宗株熏、佐藤祥(74分 萬代宏樹)
MF: 今瀬淳也、兵働昭弘、船谷圭祐、ロメロ・フランク(74分 湯澤洋介)
FW: 三島康平、山村佑樹(63分 白井永地)
得点: 湯澤洋介(90+2分)
警告: 宗株熏(84分)
控え: 笠原昴史、佐藤和樹、石神幸征、グエン・コンフォン

【TV観戦】
4戦1分3敗、得点0失点1という、沈黙の対戦成績を持つ讃岐戦、5試合目にして初得点は0-1で迎えた後半ロスタイム、湯澤、土壇場の同点弾! お互い堅守ながら得点力に苦しむ中位対決となったこの試合、過去のデータ通りに進む展開が水戸サポにもたらす暗雲を、半分だけ吹き飛ばした同点劇の歓喜。残り半分は次節、正念場の清水戦で吹き飛ばそう。

by junn-chang, Jun.1, 2016
posted by junn-chang at 21:17| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球団水戸葵戦記 2016年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月04日

水戸ホーリーホック 試合記録【2016年4月】

水戸ホーリーホック 試合記録【2016年4月】

2016年4月3日
J2 2016 第6節 水戸ホーリーホック 1-0 ザスパクサツ群馬
H ケーズデンキスタジアム水戸 4,657人
水戸ホーリーホック
監督: 西ケ谷隆之
GK: 笠原昴史
DF: 伊藤槙人、宗株熏、佐藤和樹(90分 今瀬淳也)
MF: 佐藤祥、内田航平、兵働昭弘(83分 湯澤洋介)、船谷圭祐、
FW: 三島康平、宮本拓弥(62分 萬代宏樹)
得点: 三島康平(20分)
警告: ロメロ・フランク(83分)
控え: 石井綾、細川淳矢、佐藤和弘、山村佑樹

ザスパクサツ群馬
監督: 服部浩紀
GK: 清水慶記
DF: 石川大徳(82分 永井雄一郎)、川岸祐輔、坪内秀介、高瀬優孝
MF: 松下裕樹、山岸祐也(88分 志村駿太)、舩津徹也、小林竜樹、高橋駿太(62分 瀬川祐輔)
FW: 小牟田洋佑
得点: なし
警告: 高瀬優孝(22分)
控え: 鈴木雄太、川島將、青木良太、中村駿
【スタジアム観戦】
一時帰国できたので今季水戸戦初のスタジアム観戦。半年ぶりの小吹で観たものは、今季初勝利! 三島、渾身の先制点! ある意味、試合内容は今季で一番悪かったかもしれない。特に後半、風上に立った優位を全く活かせず、連携もいまいち、僅かな決定も決めきれずに、主審の判定の曖昧さも相俟ってほとんど自分たちの流れを作れないまま、最後は防戦一方で終了、という内容ながら、先制点を奪って勝つ、という定石のウノ・ゼロ。必要なのは、結果だっただけに、訪れた安堵を素直に喜ぼう。二日前に中国広州で広州ダービーを観戦して来た直後、観客数は10分の1という落差を感じながらも、やはり水戸の試合を観ること、それが人生だ、感じます。勝って良かった。

2016年4月9日
J2 2016 第7節 水戸ホーリーホック 1-2 愛媛FC
H ケーズデンキスタジアム水戸 4,070人
水戸ホーリーホック
監督: 西ケ谷隆之
GK: 笠原昴史
DF: 伊藤槙人、宗株熏、佐藤和樹(90分 田向泰輝)
MF: 佐藤祥、内田航平、兵働昭弘(75分 湯澤洋介)、船谷圭祐、ロメロ・フランク
FW: 三島康平、宮本拓弥(43分 山村佑樹)
得点: 三島康平(20分)
警告: 宗株熏(32分)、湯澤洋介(90+4分)
控え: 石井綾、細川淳矢、佐藤和弘、萬代宏樹

愛媛FC
監督: 木山隆之
GK: 児玉剛
DF: 玉林睦実、西岡大輝、林堂眞
MF: 小島秀仁、安田晃大(86分 江口直生)、表原玄太(66分 近藤貴司)、白井康介(90+2分 パク・カンイル)、茂木力也
FW: 瀬沼優司、阪野豊史
得点: 瀬沼優司(8分)、阪野豊史(65分)
警告: 林堂眞(83分)
控え: 大西勝a、パク・チャニョン、藤直也
【スタジアム観戦】
(一時帰国中に)桜咲く小吹で2試合連続観戦できた幸福。前節でようやく初勝利を上げた水戸は同じスタメンで、キーヤン率いる愛媛を迎えたものの、勝敗を分けたのは決定機をものにしたか、できなかったかの差。前節の後半を引きずるように、ミスも多く自分たちのペースを維持できなかった、作ったチャンスを決めきれなかった、ということ。片や愛媛は、数少ないチャンスを確実に決めた。この日、小吹の桜は水戸の前々監督にために咲いていたかのよう。

2016年4月23日
J2 2016 第9節 東京ヴェルディ 0-3 水戸ホーリーホック
A 駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場 3,999人
東京ヴェルディ
監督: 冨樫剛一
GK: 柴崎貴広
DF: 安西幸輝、田村直也(63分 平智広)、井林章、安在和樹
MF: 高木純平、中後雅喜、南秀仁、平本一樹、高木善朗
FW: 高木大輔(54分 アラン・ピニェイロ(68分 北脇健慈))
得点: なし
警告: なし
控え: 太田岳志、中野雅臣、楠美圭史、杉本竜士
水戸ホーリーホック
監督: 西ケ谷隆之
GK: 本間幸司
DF: 田向泰輝、細川淳矢、宗株熏、佐藤祥
MF: 今瀬淳也、兵働昭弘(89分 白井永地)、湯澤洋介(83分 萬代宏樹)、ロメロ・フランク(61分 佐藤和弘)
FW: 三島康平、船谷圭祐
得点: 今瀬淳也(36分)、船谷圭祐(60分)、湯澤洋介(73分)
警告: 宗株熏(22分)
控え: 笠原昴史、佐藤和樹、伊藤槙人、宮本拓弥

【TV観戦】
熊本と九州各地の地震の影響で前節長崎戦が延期、2週間ぶりのリーグ戦はアウェイ東京V戦。3-0の完勝! 縦への意識、それが結実した試合。ヴォランチで先発した今瀬がまるで覚醒したかのように試合開始から積極的にミドルシュートを放ち、あ、違うな、と感じていたらFWさながらの中央突破からのJ初得点。更にFW起用となった船谷のCKからのヘディング得点、初先発して高速ドリブラーの本領を発揮した湯澤の得点と、西ケ谷采配が完全に決まった完勝劇。本田の復帰、その前に立ち塞ぐ宗株熏という安定感も含めて自信を深めた一戦に。

2016年4月29日
J2 2016 第10節 水戸ホーリーホック 1-0 ジェフユナイテッド市原千葉
H ケーズデンキスタジアム水戸 6,042人
水戸ホーリーホック
監督: 西ケ谷隆之
GK: 本間幸司
DF: 田向泰輝、細川淳矢、宗株熏、佐藤祥
MF: 今瀬淳也、兵働昭弘(87分 白井永地)、湯澤洋介(79分 萬代宏樹)、ロメロ・フランク(68分 佐藤和弘)
FW: 三島康平、船谷圭祐
得点: 宗株熏(5分)
警告: 佐藤祥(73分)
控え: 笠原昴史、佐藤和樹、伊藤槙人、宮本拓弥

ジェフユナイテッド市原千葉
監督: 関塚隆
GK: 佐藤優也
DF: 阿部翔平、近藤直也、イ・ジュヨン、大久保裕樹(71分 オナイウ阿道)
MF: 長澤和輝(58分 北爪健吾)、井出遥也、富澤清太郎、町田也真人
FW: 吉田眞起人、エウトン(62分 船山貴之)
得点: なし
警告: エウトン(45+2分)
控え: 藤嶋栄介、若狭大志、小池純輝、佐藤勇人
【TV観戦】
宗株熏、水戸初得点! 2試合連続完封でジェフを撃破! 前節完勝したヴェルディ戦とスタメン、ベンチともに全く同じメンバー、交代パターンも全く同じの徹底ぶりをみせて再びの勝利。アグレッシヴに前線からプレスをかけて、流動的に攻守の切り替えを早くする、というベースの上にゴールへの意識をどこまで維持できるか、という課題に一定の結果が出て来た水戸、一試合一試合積み上げてゆこう。

by junn-chang, May.4, 2016
posted by junn-chang at 10:06| 茨城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球団水戸葵戦記 2016年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月10日

J2 2016 第7節 水戸ホーリーホック 1-2 愛媛FC

【水戸ホーリーホック スタジアム観戦記 2016年】

20160409_mito_ehime1.JPG   20160409_mito_ehime2.JPG
2016年4月9日
【スタジアム観戦 - 水戸公式戦スタジアム観戦327試合目】
J2 2016 第7節 水戸ホーリーホック 1-2 愛媛FC
H ケーズデンキスタジアム水戸 4,070人
水戸ホーリーホック
監督: 西ケ谷隆之
GK: 笠原昴史
DF: 伊藤槙人、宗株熏、佐藤和樹(90分 田向泰輝)
MF: 佐藤祥、内田航平、兵働昭弘(75分 湯澤洋介)、船谷圭祐、ロメロ・フランク
FW: 三島康平、宮本拓弥(43分 山村佑樹)
得点: 三島康平(20分)
警告: 宗株熏(32分)、湯澤洋介(90+4分)
控え: 石井綾、細川淳矢、佐藤和弘、萬代宏樹

愛媛FC
監督: 木山隆之
GK: 児玉剛
DF: 玉林睦実、西岡大輝、林堂眞
MF: 小島秀仁、安田晃大(86分 江口直生)、表原玄太(66分 近藤貴司)、白井康介(90+2分 パク・カンイル)、茂木力也
FW: 瀬沼優司、阪野豊史
得点: 瀬沼優司(8分)、阪野豊史(65分)
警告: 林堂眞(83分)
控え: 大西勝a、パク・チャニョン、藤直也
【スタジアム観戦】
(一時帰国中に)桜咲く小吹で2試合連続観戦できた幸福。前節でようやく初勝利を上げた水戸は同じスタメンで、キーヤン率いる愛媛を迎えたものの、勝敗を分けたのは決定機をものにしたか、できなかったかの差。前節の後半を引きずるように、ミスも多く自分たちのペースを維持できなかった、作ったチャンスを決めきれなかった、ということ。片や愛媛は、数少ないチャンスを確実に決めた。この日、小吹の桜は水戸の前々監督にために咲いていたかのよう。

by junn-chang, Apr.10, 2016
posted by junn-chang at 08:08| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球団水戸葵戦記 2016年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月03日

J2 2016 第6節 水戸ホーリーホック 1-0 ザスパクサツ群馬

【水戸ホーリーホック スタジアム観戦記 2016年】

20160403_mito_gunma.JPG
2016年4月3日
【スタジアム観戦 - 水戸公式戦スタジアム観戦326試合目】
J2 2016 第6節 水戸ホーリーホック 1-0 ザスパクサツ群馬
H ケーズデンキスタジアム水戸 4,657人
水戸ホーリーホック
監督: 西ケ谷隆之
GK: 笠原昴史
DF: 伊藤槙人、宗株熏、佐藤和樹(90分 今瀬淳也)
MF: 佐藤祥、内田航平、兵働昭弘(83分 湯澤洋介)、船谷圭祐、ロメロ・フランク
FW: 三島康平、宮本拓弥(62分 萬代宏樹)
得点: 三島康平(20分)
警告: ロメロ・フランク(83分)
控え: 石井綾、細川淳矢、佐藤和弘、山村佑樹

ザスパクサツ群馬
監督: 服部浩紀
GK: 清水慶記
DF: 石川大徳(82分 永井雄一郎)、川岸祐輔、坪内秀介、高瀬優孝
MF: 松下裕樹、山岸祐也(88分 志村駿太)、舩津徹也、小林竜樹、高橋駿太(62分 瀬川祐輔)
FW: 小牟田洋佑
得点: なし
警告: 高瀬優孝(22分)
控え: 鈴木雄太、川島將、青木良太、中村駿
★今季水戸戦初のスタジアム観戦。半年ぶりの小吹で観たものは、今季初勝利! 三島、渾身の先制点! ある意味、試合内容は今季で一番悪かったかもしれない。特に後半、風上に立った優位を全く活かせず、連携もいまいち、僅かな決定も決めきれずに、主審の判定の曖昧さも相俟ってほとんど自分たちの流れを作れないまま、最後は防戦一方で終了、という内容ながら、先制点を奪って勝つ、という定石のウノ・ゼロ。必要なのは、結果だっただけに、訪れた安堵を素直に喜ぼう。二日前に中国広州で広州ダービーを観戦して来た直後に水戸での観戦、観客数は10分の1という落差を感じながらも、やはり水戸の試合を観ること、それが人生だ、と感じます。勝って良かった。

by junn-chang, Apr.3, 2016
posted by junn-chang at 21:22| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球団水戸葵戦記 2016年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月27日

水戸ホーリーホック 試合記録【2016年3月】

水戸ホーリーホック 試合記録【2016年3月】

2016年3月6日
J2 2016 第2節 水戸ホーリーホック 0-1 セレッソ大阪
H ケーズデンキスタジアム水戸 10,420人
水戸ホーリーホック
監督: 西ケ谷隆之
GK: 本間幸司
DF: 伊藤槙人、宗株熏、佐藤和樹(74分 萬代宏樹)
MF: 佐藤祥(81分 湯澤洋介)、内田航平、兵働昭弘、船谷圭祐、ロメロ・フランク
FW: 三島康平、佐藤和弘(66分 山村佑樹)
得点:
警告:
控え: 笠原昴史、田向泰輝、細川淳矢、今瀬淳也

セレッソ大阪
監督: 大熊清
GK: キム・ジンヒョン
DF: 松田陸、茂庭照幸、山下達也、丸橋祐介
MF: ソウザ、山村和也、ブルーノ・メネゲウ(66分 関口訓充)
FW: 柿谷曜一郎、杉本健勇、リカルド・サントス(80分 田代有三)
得点: 柿谷曜一郎(45+1分)
警告: キム・ジンヒョン(79分)
控え: 丹野研太、中澤聡太、田中裕介、橋本英郎、玉田圭司
【TV観戦】
柿谷擁するセレッソを迎えた幸運があるにしても、ホーム開幕戦、祝! 10,420人! その観客を呆然とさせたGKキム・ジンヒョンのアシストからの柿谷の得点。その一瞬以外はセレッソに対してほぼ互角に渡り合えた水戸。流動的な布陣で高いライン位置を保つ水戸、という新鮮さとアグレッシヴな姿勢による期待感。これで結果がでていれば文句なしの開幕戦だったはず。でのその“文句”を、心に秘めて一年間戦う準備ができた、と言おう。

2016年3月13日
J2 2016 第3節 ツエーゲン金沢 0-0 水戸ホーリーホック
A 石川県西部緑地公演陸上競技場 2,929人
ツエーゲン金沢
監督: 森下仁之
GK: 原田欽庸
DF: 辻尾真二(86分 小柳達司)、太田康介、作田裕次、馬渡和彰
MF: 古田寛幸(72分 安柄俊)、山藤健太、可児壮隆、大槻優平
FW: 水永翔馬、山ア雅人(60分 星野有亮)
得点: なし
警告: 水永翔馬(75分)
控え: 原田直樹、メンデス、ロマリーニョ、玉城峻吾
水戸ホーリーホック
監督: 西ケ谷隆之
GK: 本間幸司
DF: 伊藤槙人、宗株熏、佐藤和樹
MF: 佐藤祥、ロメロ・フランク、兵働昭弘、船谷圭祐(78分 萬代宏樹)、佐藤和弘(73分 今瀬淳也)
FW: 三島康平、山村佑樹(60分 湯澤洋介)
得点: なし
警告: なし
控え: 笠原昴史、田向泰輝、細川淳矢、宮本拓弥

【TV観戦】
悔しすぎるスコアレスドロー。圧倒的とは言えないまでも終始金沢よりボールを支配しながらまたしても最後の決め手を欠いて無得点。両サイドDFの上がりは前節同様に積極的だったものの、フランクをヴォランチへ下げたことで強引な突破が少なく、湯澤投入でできたアクセントもフィニッシュに至らず。守備は安定、攻撃的姿勢も維持できているだけに、悔しい。未だ未勝利なれど、次、頑張ろう。

2016年3月20日
J2 2016 第4節 水戸ホーリーホック 2-3 ファジアーノ岡山
H ケーズデンキスタジアム水戸 5,193人
水戸ホーリーホック
監督: 西ケ谷隆之
GK: 笠原昴史
DF: 田向泰輝、宗株熏、伊藤槙人
MF: 佐藤祥(88分 山村佑樹)、内田航平、兵働昭弘、船谷圭祐(62分 湯澤洋介)、ロメロ・フランク
FW: 三島康平、佐藤和弘(76分 宮本拓弥)
得点: 三島康平(64分)、宮本拓弥(90+2分)
警告: 船谷圭祐(15分)
控え: 石井綾、佐藤和樹、今瀬淳也、萬代宏樹

ファジアーノ岡山
監督: 長澤徹
GK: 中林洋次
DF: 篠原弘次郎、岩政大樹、竹田忠嗣
MF: 加地亮、渡邊一仁、矢島慎也(85分 関戸健二)、片山瑛一
FW: 伊藤大介(73分 島田譲)、押谷祐樹(67分 豊川雄太)、赤嶺真吾
得点: 岩政大樹(52分)、押谷祐樹(62分)、岩政大樹(90+3分)
警告: 押谷祐樹(17分)、篠原弘次郎(48分)、岩政大樹(71分)、赤嶺真吾(81分)
控え: 椎名一馬、久保飛翔、田中奏一、久保裕一
【TV観戦】
歓喜、そして沈黙。ロスタイム、J2初出場となった大卒ルーキー宮本の豪快初得点がもたらした同点劇をに異なる結末をもたらしたのは、岡山の執念、か。アウェイでロスタイムに押しまくられ、同点とされたて岡山でありながら、その直後に、岩政が攻め上がり、あの場所にいたという事実。それが全て。同点にした安堵と、絶対に勝つという気持ち、最後の1分間にお互いが抱いた気持ちの差は、想像以上に大きい。水戸、未だ勝利なし。

2016年3月26日
J2 2016 第5節 FC岐阜 1-0 水戸ホーリーホック
A 岐阜メモリアルセンター長良川競技場 4,484人
FC岐阜
監督: ラモス瑠偉
GK: 高木義成
DF: 益山司、阿部正紀、田代雅也、野垣内俊
MF: 田森大己、風間宏矢(74分 関根直哉)、水野泰輔、青木翼(70分 苅部隆太郎)
FW: 瀧谷亮(61分 難波宏明)、レオ・ミネイロ
得点: レオ・ミネイロ(42分)
警告: レオ・ミネイロ(44分)、野垣内俊(74分)
控え: 常澤聡、レオナルド・ロシャ、小野悠斗、田中パウロ淳一
水戸ホーリーホック
監督: 西ケ谷隆之
GK: 笠原昴史
DF: 田向泰輝、細川淳矢、伊藤槙人、佐藤和樹(75分 湯澤洋介)
MF: 内田航平(83分 萬代宏樹)、兵働昭弘、船谷圭祐、佐藤和弘(65分 宮本拓弥)
FW: 三島康平、ロメロ・フランク
得点: なし
警告: なし
控え: 石井綾、今瀬淳也、佐藤祥、山村佑樹

【TV観戦】
5節を終えて未勝利、そして遂に最下位。今年の水戸はいい、と思いつつ、実際に試合内容そのものには不安よりも期待の方が大きく、ハイラインとか、コレクティヴとかという形容で語られるチームになっていると実感しているだけに、まだ5節とはいえこの順位は、不思議。でもその不思議を紐解けば、選手もサポーターも<いい試合>を感じ、いいじゃん、というナチュラル・ハイ的気分を共有しつつ、<危機>を感じていないこと、か。降格争いをしていたのはつい数ヶ月前だというのに…。この試合で見せた終盤の猛攻を、追いつくためにではなく、先制点を取るために次の試合で再現して欲しい。悲観は全くない、<勝ち>にこだわろう。

by junn-chang, Mar.27, 2016
posted by junn-chang at 10:34| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球団水戸葵戦記 2016年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月04日

水戸ホーリーホック 試合記録【2016年2月】

水戸ホーリーホック 試合記録【2016年2月】

2016年2月21日
プレシーズンマッチ 鹿島アントラーズ 2-1 水戸ホーリーホック
A カシマサッカースタジアム 9,802人
鹿島アントラーズ
監督: 石井正忠
GK: 櫛引正敏
DF: 西大伍、ブエノ(77分 植田直通)、昌子源、山本修斗(81分 青木剛)
MF: カイオ、小笠原満男、三竿健斗(84分 大橋尚志)、遠藤康(72分 中村充孝)
FW: 赤崎秀平(76分 鈴木優磨)、ジネイ(63分 高崎寛之
得点: ジネイ(9分)、鈴木優磨(87分)
警告: カイオ(26分)
控え: 川俣慎一郎
水戸ホーリーホック
監督: 西ケ谷隆之
GK: 本間幸司
DF: 伊藤槙人、宗株熏、佐藤和樹(73分 田向泰輝)
MF: 佐藤祥(84分 今瀬淳也)、内田航平、船谷圭祐(87分 細川淳矢)、ロメロ・フランク、兵働昭弘
FW: 三島康平、佐藤和弘(75分 萬代宏樹)
得点: ロメロ・フランク(36分)
警告: 佐藤祥(26分)、伊藤槙人(86分)
控え: 石川綾、白井永地、山村佑樹

【TV観戦】
2016年初戦は恒例の鹿島戦。昨年は天皇杯で鹿島に初勝利を果たしたことで、実質的には胸を借りる状況ではあっても、ちょっといい気分の水戸サポ、という構図が嬉しい。そして試合内容も敗戦ながらも鹿島を圧倒。新加入選手6名を配し、昨年のこの試合に出ていたのは本間、船谷、三島だけという新布陣が機能、いい仕上がりを見せた一戦に。ベテラン兵働の加入、ロメロ・フランクの復帰の他、新加入メンバーに期待を寄せられる今シーズン。

2016年2月28日
J2 2016 第1節 京都サンガFC 1-1 水戸ホーリーホック
A 京都市西京極総合運動公園陸上競技場 6,983人
京都サンガFC
監督: 石丸清隆
GK: 菅野孝憲
DF: 菅沼駿哉、染谷悠太、本多勇喜、石櫃洋祐
MF: アンドレイ、山瀬功治、佐藤健太郎
FW: イ・ヨンジェ、有田光希(76分 エスクデロ競飛王)、石田雅俊(80分 高橋祐治)
得点: 有田光希(53分)
警告: 佐藤健太郎(16分)、イ・ヨンジェ(59分)
控え: 清水圭介、下畠翔吾、岩沼俊介、國領一平、永島悠史
水戸ホーリーホック
監督: 西ケ谷隆之
GK: 本間幸司
DF: 伊藤槙人、宗株熏、佐藤和樹(88分 田向泰輝)
MF: 佐藤祥、内田航平(77分 今瀬淳也)、船谷圭祐、ロメロ・フランク、兵働昭弘
FW: 三島康平、佐藤和弘(79分 萬代宏樹)
得点: 三島康平(73分)
警告: ソン・ジュフン(75分)、萬代宏樹(90分)
控え: 石川綾、細川淳矢、白井永地、山村佑樹

【TV観戦】
遂に迎えた2016年シーズンJ2第1節。前年最終節でロスタイムに失点し敗れた西京極、京都戦から3ヶ月、両チームとも大幅にメンバーが変わったゆえに、再戦とは言えずとも奇妙な連続戦を感じる開幕戦。水戸は一週間前の鹿島戦で得た自信を保持したまま、先発、ベンチともに全く同じメンバー、かつ交代投入された3人(鹿島戦は4人)も同じという西ケ谷采配の徹底ぶりが功を奏し、上出来のドロー。3-5-2、シュート意識の高いロメロ・フランク、中盤に安定をもたらす兵働、そして3人の佐藤、と新鮮み溢れる2016年版水戸は期待できる! 今年も頑張ろう!

by junn-chang, Mar.4, 2016
posted by junn-chang at 22:28| 茨城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球団水戸葵戦記 2016年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする