2020年01月14日

J2 2008 第23節 水戸ホーリーホック 3-4 ベガルタ仙台

公式戦497試合目(J2-377試合目)
2008年6月28日
J2 2008 第23節 水戸ホーリーホック 3-4 ベガルタ仙台
H ひたちなか市総合運動公園陸上競技場 3,107人
水戸ホーリーホック
監督: 木山隆之
GK: 1本間幸司
DF: 4鈴木和裕(82分 8菊岡拓朗)、3平松大志、32大和田真史、2小澤雄希
MF: 18赤星貴文、30中村英之(54分 7村松潤)、16パク・チュホ、6堀健人
FW: 9荒田智之、19西野晃平(43分 23遠藤敬佑)
得点: 荒田智之(55分)、村松潤(70分)、大和田真史(73分)
警告: 本間幸司(19分)、西野晃平(33分)、パク・チュホ(40分)、遠藤敬佑(62分)、大和田真史(66分)、平松大志(76分)
控え: 28首藤慎一、26ビジュ

ベガルタ仙台
監督: 手倉森誠
GK: 16林卓人
DF: 23田村直也、5一柳夢吾、32岡山一成、26田ノ上信也(78分 4細川淳矢
MF: 8永井篤志、7千葉直樹、10梁勇基、11関口訓充
FW: 14平瀬智行(80分 27佐藤由紀彦)、15田中康平(65分 9中原貴之)、
得点: 梁勇基(4分)、梁勇基(19分)、田村直也(23分)、平瀬智行(77分)
警告: 田中康平(34分)、田村直也(35分)、佐藤由紀彦(89分)
控え: 1萩原達郎、27富田晋伍
・J2シーズン: 21試合5勝4分12敗、得点24失点39
・J2通算: 377試合95勝81分201敗、得点338失点565
・J2順位: 13位/15チーム
・J2リーグ戦: 4連敗、6試合連続失点

【スタジアム観戦】
公式戦スタジアム観戦198試合目
壮絶な一戦!そこにあったのは、水戸が標榜するサッカーの愚直なまでの追求と精神的な成長、そして主審のあまりにも曖昧なジャッジ。前半、試合開始直後にパク・チュホが相手ボールを奪取、一気に攻めあがった時点で、この試合水戸のスタイルを徹底して完遂しようとする気迫は感じられた。しかしまさかの3失点を喫してしまう。しかし後半、前半終了間際に入った遠藤と後半早々に入った(古巣相手の)村松の活躍によって形勢は一気に逆転、J昇格後、一度も勝利していない超難敵仙台に3点ビハインドという逆境から、怒涛の同点劇! 荒田! 村松! 大和田! わずか20分足らずの間に3得点! という鳥肌の立つ怒濤の攻撃は圧巻だった。よし、このまま逆転だ、という矢先にまたしても自陣でFKを与え、セットプレイによる失点。うーん。結果は4連敗。無念。ところで主審のジャッジはあまりにも曖昧すぎた! しかも勝敗を左右するプレイへのジャッジがことごとく曖昧で、結果的に試合結果を誘導してしまったことは事実。水戸に出されたイエローは6枚、取られたファウル(つまり相手のFK)は29回! その内、正当なチャージがどれだけあったことか。特にイエローカードの基準がデタラメ! 意図的なファイルでないプレイに何故イエロー乱発? 理解できない。


by junn-chang, Jan.14, 2020
posted by junn-chang at 06:13| 茨城 ☀| Comment(0) | 2008年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: