2019年12月03日

J2 2007 第41節 水戸ホーリーホック 1-2 東京ヴェルディ1969

公式戦465試合目(J2-346試合目)
2007年9月22日
J2 2007 第41節 水戸ホーリーホック 1-2 東京ヴェルディ1969
H 笠松 4,028人
水戸ホーリーホック
監督: 前田秀樹
GK: 1本間幸司
DF: 4鈴木和裕、3平松大志、4吉本岳史(9分 5初田真也)、30中村英之
MF: 17金澤大将、7村松潤(69分 22森賢一)、26ビジュ、25鈴木良和(60分退場)
FW: 11塩沢勝吾、13椎原拓也(86分 29眞行寺和彦)
得点: 鈴木良和(18分)
警告: 平松大志(15分)、鈴木和裕(16分)、村松潤(58分)
退場: 鈴木良和(60分)
控え: 21武田博行、8エジナウド

東京ヴェルディ1969
監督: ラモス瑠偉
GK: 21高木義成
DF: 18海本幸治郎(81分 15金澤慎)、17土屋征夫、2萩村滋則、22服部年宏
MF: 6菅原智、7名波浩(79分 13佐藤悠介)、20廣山望、16飯尾一慶(45分 31シウバ)
FW: 9フッキ、10ディエゴ
得点: フッキ(58分)、廣山望(83分)
警告: 名波浩(14分)
控え: 26柴崎貴広、4戸川健太
・J2シーズン: 38試合5勝9分24敗、得点25失点59
・J2通算: 346試合87勝76分183敗、得点307失点515
・J2順位: 最下位/13チーム
・J2リーグ戦: 4試合連続敗戦、5試合連続失点

【スタジアム観戦】
公式戦スタジアム観戦182試合目
第41節、ホームでのヴェルディ戦。不可解な判定、水戸逆転負けで4連敗。試合開始直後、前半9分にキャプテン吉本が負傷交代という緊急事態が発生、そして前田監督は代わりに初田を投入すると、ビジュを1列下げて、中村をディエゴのマンマークにつけるという作戦に変更、この作戦は見事に成功、中村はディエゴを試合終了までかなり抑えていた。水戸の先取点は椎原が右サイドを突破、難しい体勢から上げた素晴らしいクロスから、鈴木良が鮮やかなミドル・シュート! 今夜は行けそうな予感が笠松に充満! そして後半はまったく予想外の展開に。後半13分、ビジュのペネルティエリア外でのファウルが何故かPKの判定となりフッキに決められて同点、その後試合を再開したものの、その直後になんと鈴木良が一発退場! 何が起こったのか全くわからないまま場内騒然に。試合内容は良かっただけに、主審の不可解な判定によって負けた、典型的な試合。


by junn-chang, DEc.3, 2019
posted by junn-chang at 05:35| 茨城 ☁| Comment(0) | 2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: