2019年10月08日

J2 2006 第46節 水戸ホーリーホック 0-0 ベガルタ仙台

公式戦422試合目(J2-303試合目)
2006年10月22日
J2 2006 第46節 水戸ホーリーホック 0-0 ベガルタ仙台
H 笠松 3,618人
水戸ホーリーホック
監督: 前田秀樹
GK: 1本間幸司
DF: 3平松大志、4河野淳吾、32大和田真史
MF: 25鈴木良和、6小椋祥平、13椎原拓也(89分 14吉本岳史)、7秦賢二、19西野晃平(88分 29眞行寺和彦)
FW: 11塩沢勝吾(73分 23岡本勇輝)、27岩舘侑哉
得点: なし
警告: 西野晃平(61分)
控え: 21武田博行、22桑原剛

ベガルタ仙台
監督: ジョエル・サンタナ
GK: 1小針清允
DF: 14中田洋介、3渡辺広大、5池田昇平、26村上和弘
MF: 7千葉直樹、6熊林親吾(79分 27富田晋伍)、10梁勇基、24大柴克友(76分 11チアゴ・ネーヴィス)、8ロペス(45分 13中島裕希)
FW: 9ボルジェス
得点: なし
警告: 千葉直樹(24分)、ボルジェス(40分)、チアゴ・ネーヴィス(84分)
控え: 21萩原達郎、25菅井直樹
・J2シーズン: 43試合12勝8分23敗、得点40失点60
・J2通算: 303試合80勝66分157敗、得点273失点448
・J2順位: 11位/13チーム
・J2リーグ戦: 8試合連続未勝利

【スタジアム観戦】
公式戦スタジアム観戦160試合目
遂に連敗ストップ! リーグ戦7連敗(天皇杯を含めて8連敗)中の水戸、勝てないだけでなく試合内容が悪い試合が続き、迷走の中で迎えた仙台戦。一体どうしたことか、水戸らしさ復活(!)となった好試合。12節仙台戦以来の3バックを採用、組織的な守備を疲労、特に鈴木の攻守に渡る貢献は大きかった。前節で退場したアンデルソンの不在が、あまり影響しないということも現実な水戸の現在。


by junn-chang, Oct.8, 2019
posted by junn-chang at 21:19| 茨城 🌁| Comment(0) | 2006年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: