2019年09月21日

J2 2006 第34節 水戸ホーリーホック 0-1 柏レイソル

公式戦410試合目(J2-292試合目)
2006年8月19日
J2 2006 第34節 水戸ホーリーホック 0-1 柏レイソル
H 笠松 9,482人
水戸ホーリーホック
監督: 前田秀樹
GK: 1本間幸司
DF: 20倉本崇史、4河野淳吾、5時崎悠、18金基洙
MF: 22桑原剛(66分 19西野晃平)、14吉本岳史、30マルキーニョ、29眞行寺和彦
FW: 9アンデルソン(69分 11塩沢勝吾)、13椎原拓也
得点: なし
警告: 河野淳吾(77分)
控え: 21武田博行、2森惠佑

柏レイソル
監督: 石崎信弘
GK: 31加藤慎也
DF: 2小林亮、32岡山一成、40鎌田次郎、13小林祐三
MF: 8リカルジーニョ(89分 23藏川洋平)、18山根巌、7大谷秀和、25平山智規(45分 10フランサ)
FW: 11ディエゴ、20李忠成(73分 22鈴木達也)
得点: ディエゴ(49分)
警告: 小林祐三(65分)
控え: 1南雄太、42佐藤由紀彦
・J2シーズン: 32試合10勝7分15敗、得点31失点44
・J2通算: 292試合78勝65分149敗、得点265失点432
・J2順位: 9位/13チーム
・J2リーグ戦: 6試合連続未勝利、5試合連続敗戦、6試合連続失点

【スタジアム観戦】
公式戦スタジアム観戦154試合目(後半のみ観戦)
5連敗! ホーム笠松に首位柏のサポーターが大挙として押し寄せ、リーグ戦過去最高の観客動員数となった今節、首位柏相手に0-1、遂に5連敗。直近数試合の攻撃的な志向と、連覇しながらも監督、選手ともに肯定的に捉えていた内容は、この試合では全くみせることが出来ず、水戸は攻撃の形を作れなかった。にも関わらず、今節終了後の前田監督のコメントからは、負けたことの悔しさよりも期待値の方が強く感じられたことにはやや違和感が。チームスタイルの変革(つまりはアンデルソン頼みからの脱却)を行っていることはわかる。でも5連敗だよ。


by junn-chang, Sep.21, 2019
posted by junn-chang at 23:18| 茨城 ☁| Comment(0) | 2006年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: