2019年09月18日

J2 2006 第31節 水戸ホーリーホック 1-2 東京ヴェルディ1969

公式戦407試合目(J2-289試合目)
2006年7月29日
J2 2006 第31節 水戸ホーリーホック 1-2 東京ヴェルディ1969
H 笠松 5,648人
水戸ホーリーホック
監督: 前田秀樹
GK: 1本間幸司
DF: 20倉本崇史、5時崎悠、4河野淳吾、32大和田真史
MF: 2森惠佑(65分 24高橋周大)、7秦賢二(81分 19西野晃平)、8権東勇介、22桑原剛(88分 17秋田政輝)
FW: 9アンデルソン、13椎原拓也
得点: アンデルソン(36分)
警告: 権東勇介(6分)、西野晃平(87分)
控え: 21武田博行、14吉本岳史

東京ヴェルディ1969
監督: ラモス瑠偉
GK: 21高木義成
DF: 43海本幸治郎、30一柳夢吾(54分 22喜名哲裕)、27青葉幸洋(61分 45飯田真輝)、44石川竜也
MF: 5ゼ・ルイス、10マルクス、14富澤清太郎、23根占真伍(82分 32久場政朋)
FW: 20廣山望、39齋藤将基
得点: ゼ・ルイス(44分)、富澤清太郎(83分)
警告: マルクス(44分)、青葉幸洋(60分)、喜名哲裕(73分)
控え: 1水原大樹、24松浦宏治
・J2シーズン: 29試合10勝7分12敗、得点28失点37
・J2通算: 289試合78勝65分146敗、得点262失点425
・J2順位: 9位/13チーム
・J2リーグ戦: 3試合連続未勝利、3試合連続失点

【スタジアム観戦】
公式戦スタジアム観戦153試合目
守護神本間復活! アンデルソンの先制点を守りきれずに惜敗。ヴェルディとの前回の対戦、アウェイの国立はアンデルソンの1点を守り劇的な勝利を収めた水戸その後の2ヶ月でメンバーが大きく変貌したヴェルディの対戦。注目は今シーズン初登場の守護神本間、200試合出場達成となったこの試合で、まさに獅子王のごとくゴール前に立ちふさがってファインセーブを連発、その存在感をアピール。そしてアンデルソン。例のごとく前線で受け、そのまま個人技で突破を再三試みて得た前半36分の得点は、まさにアンデルソンらしい1点。その後も守りに入るのではなく、攻撃的な姿勢を貫く水戸は、何度も決定機を創出したものの、逆に前半44分と後半83分という痛い時間帯に失点の惜敗。今までのスタイルから脱却するんだという強い意思が感じられた試合だった。何故かこの夜笠松に訪れた5,648人(!)をリピーターにすることが大事。但し、審判のジャッジは酷かった。


by junn-chang, Sep.18, 2019
posted by junn-chang at 06:25| 茨城 ☁| Comment(0) | 2006年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: