2019年08月15日

天皇杯 2019 3回戦 浦和レッドダイヤモンズ 2-1 水戸ホーリーホック

2019年8月14日
天皇杯 2019 3回戦 浦和レッドダイヤモンズ 2-1 水戸ホーリーホック
H ケーズデンキスタジアム水戸 8,537人
IMG_0143.JPG IMG_0146.JPG IMG_0156.JPG

浦和レッドダイヤモンズ
監督: 大槻毅
GK: 西川周作
DF: 28岩武克弥(55分 41関根貴大)、46森脇良太、4鈴木大輔
MF: 27橋岡大樹、29柴戸海、22阿部勇樹、6山中亮輔
FW: 11マルティノス(64分 14杉本健勇)、12ファブリシオ、24汰木康也(78分 10柏木陽介)
得点: ファブリシオ(65分)、ファブリシオ(81分)
警告: なし
控え: 25福島春樹、31岩波拓也、8エヴェルトン、26荻原拓也
水戸ホーリーホック
監督: 長谷部茂利
GK: 21村上昌謙
DF: 3浜崎拓磨、4ンドカ・ボニフェイス、38宮大樹、13岸田翔平
MF: 30レレウ(67分 17福満隆貴)、25平塚悠知、20森勇人(86分 32黒川淳史)、45浅野雄也
FW: 9ジョー(74分 14清水慎太郎)、11村田航一
得点: ジョー(53分)
警告: なし
控え: 1本間幸司、15宮本拓弥、23外山凌、18白井永地

・天皇杯シーズン: 2試合1勝0分1敗、得点2失点2
・天皇杯通算: 52試合29勝0分23敗、得点95失点79
・天皇杯: 3回戦敗退

【スタジアム観戦】
公式戦スタジアム観戦345試合目
実に2000年のJ2リーグ戦以来、19年振りとなった浦和との対戦。1998年に浦和から当時JFLに所属していた地元の水戸に移籍、2000年のJ2リーグでの対浦和戦4試合全てに先発フル出場したGK本間幸司が、この試合でもベンチに控えている。そして浦和の監督はその2000年シーズンに水戸のコーチを務めていた大槻毅。そんな歴史的な幸福が水戸サポを包む天皇杯3回戦、昨年の天皇杯覇者浦和相手にリアリスト長谷部監督は4日前のリーグ戦から何と先発11名を総入替という完全ターンオーヴァーを選択、そしてレギュラー組に全く劣らない水戸サッカーが展開された驚き。判定に大きな疑義が残る3つPKで試合は決着されてしまったことの無念は残るものの、全力を尽くした水戸が手にしかけた勝利にこのチームの強さを垣間みた。サポには揶揄されながらも愛されているジョーの今季初得点、移籍後初出場となったレレウと宮のプレイ、そして最終盤、GK村上の決定的な2本のシュートを含む怒濤の反撃、と見どころ満載の一戦、この真夏の夜の夢は水戸に大きな経験値を残したはず。


by junn-chang, Aug.15, 2019
posted by junn-chang at 09:08| 茨城 ☀| Comment(0) | 2019年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: