2016年07月03日

水戸ホーリーホック 試合記録【2016年6月】

水戸ホーリーホック 試合記録【2016年6月】

2016年6月3日
J2 2016 第16節 水戸ホーリーホック 0-0 清水エスパルス
H ケーズデンキスタジアム水戸 8,827人
水戸ホーリーホック
監督: 西ケ谷隆之
GK: 本間幸司
DF: 田向泰輝、細川淳矢、今瀬淳也、佐藤祥
MF: 白井永地(58分 宮本拓弥)、石神幸征、兵働昭弘、湯澤洋介(81分 山村佑樹)
FW: 三島康平、船谷圭祐
得点: なし
警告: 佐藤祥(70分)
控え: 笠原昴史、伊藤槙人、佐藤和樹、佐藤和弘、萬代宏樹

清水エスパルス
監督: 小林伸二
GK: 杉山力裕
DF: 川口尚紀、犬飼智也、ビョン・ジュンホン、松原后
MF: 河井陽介、竹内涼、村田和哉(84分 枝村匠馬)、白崎凌兵
FW: 大前元紀、鄭大世(81分 北川航也)
得点: なし
警告: 鄭大世(34分)、犬飼智也(45分)、ビョン・ジュンホン(90+3分)
控え: 碓井健平、福村貴幸、杉山浩太、六平光成、金子翔太
【TV観戦】
水戸、惜しすぎるスコアレスドロー。またしても最後の決め手を欠き勝利を逃す。前節群馬に8-0の大勝を収めた清水をホームに迎えたリーグ戦初対決は、守備の要の宗株熏を韓国U-23代表で欠くものの、今瀬をCBに戻しヴォランチに石神、フランクの代わりに白井を今季初先発で起用した布陣は、強風の中、ボール運びが難しい試合となりながらも、自分達のペースで試合を進め、水戸のチームコンセプトが安定していることを再び示した試合に。これで15試合12失点となり、失点数の少なさだけではリーグ4位。でも得点12点ゆえに16位、か。

2016年6月8日
J2 2016 第17節 横浜FC 1-1 水戸ホーリーホック
A ニッパツ三ツ沢球技場 2,077人
横浜FC
監督: 増田功作(代行)
GK: 渋谷飛翔
DF: 市村篤司、西河翔吾、大ア玲央、田所涼
MF: 佐藤謙介、寺田紳一、野村直輝(67分 野上結貴)、小野瀬康介、松下年宏(80分 津田知宏)
FW: 大久保哲哉(55分 イバ)
得点: 大ア玲(12分)
警告: 野村直輝(49分)、佐藤謙介(71分)、野上結貴(90+3分)
控え: 南雄太、ナ・ソンス、中里崇宏、三浦知良
水戸ホーリーホック
監督: 西ケ谷隆之
GK: 本間幸司
DF: 田向泰輝、細川淳矢、宗株熏、佐藤祥
MF: 白井永地(45分 佐藤和弘)、石神幸征、兵働昭弘、湯澤洋介(65分 佐藤和樹)
FW: 三島康平、船谷圭祐(90+1分 ロメロ・フランク)
得点: 三島康平(14分)
警告: なし
控え: 笠原昴史、今瀬淳也、山村佑樹、萬代宏樹

【TV観戦】
三島、圧巻のヘッド! 鬼門中の鬼門三ツ沢、貴重な勝ち点1(と言うべきか)。3試合連続のドローとなったアウェイ横浜FC戦、中3日ながらこの日も水戸の標榜するサッカー自体はできていたと思うし、三島頼りの攻撃であることも、チームとしてのフィニッシュ構成力に欠けることもそのまま。飛躍的に決定力を上げること無理ゆえに、日々の僅かな積み上げしかないということなのだろうけど、ね。もう一つ、新たなアクセントが欲しい。

2016年6月12日
J2 2016 第18節 水戸ホーリーホック 2-2 町田ゼルビア
H ケーズデンキスタジアム水戸 4,280人
水戸ホーリーホック
監督: 西ケ谷隆之
GK: 本間幸司
DF: 田向泰輝、細川淳矢、宗株熏、佐藤祥
MF: 石神幸征(53分 兵働昭弘)、今瀬淳也、船谷圭祐、佐藤和弘(72分 ロメロ・フランク)
FW: 三島康平、萬代宏樹(53分 湯澤洋介)
得点: ロメロ・フランク(77分)、三島康平(83分)、
警告: 石神幸征(34分)
控え: 笠原昴史、佐藤和樹、白井永地、山村佑樹

町田ゼルビア
監督: 相馬直樹
GK: 高原寿康
DF: 三鬼海、金聖基、カルフィン・ヨン・ア・ピン、松本怜大
MF: 森村昴太(76分 重松健太郎)、李漢宰、井上裕大、谷澤達也(84分 久木野聡)
FW: 中島裕希(63分 戸島章)、鈴木孝司
得点: 鈴木孝司(10分)、鈴木孝司(90+4分)
警告: 松本怜大(43分)
控え: 内藤圭佑、畠中槙之輔、鈴木崇史、松下純土
【TV観戦】
幻の逆転劇、あと1分守りきれず、痛恨の4試合連続ドロー。中3日で続いた3連戦の最後、ホームで上位町田を迎えた水戸。前後半でここまで違うか、というほど兵働を先発から外した影響の大きさを示した試合、石神と今瀬の組み合わせはあまりにも守備的すぎたか。その兵働、湯澤、さらにフランクを投入したことで全体のリズムが攻撃的に変化、今季初、歓喜の逆転劇をもたらしことは大きな経験値になったはず。負傷でスプリントできない宗株熏を前線に残し、宗株熏が寄せたことでもたらした金聖基のミスを三島(!)が決めるという光景と、その後も三島が前線でプレッシャーをかけ続けるその献身性に感動していたのに、5バックにしながら最後の同点被弾のシーンでの守備の雑さは一体何だったんだ、というかなり複雑な余韻を残してゲームは終了。

2016年6月19日
J2 2016 第19節 レノファ山口 1-0 水戸ホーリーホック
A 維新百年記念公園陸上競技場 4,599人
レノファ山口
監督: 上野展裕
GK: 一森純
DF: 小池龍太、ユン・シンヨン、北谷史孝、香川勇気
MF: 鳥養祐矢(66分 原口拓人)、庄治悦大、三幸秀稔(90+1分 宮城雅史)、島屋八徳(82分 黒木恭平)、福満隆貴
FW: 岸田和人
得点: 福満隆貴(74分)
警告: 岸田和人(85分)、香川勇気(89分)
控え: 村上昌謙、廣木雄磨、加藤大樹、望月嶺臣
水戸ホーリーホック
監督: 西ケ谷隆之
GK: 本間幸司
DF: 田向泰輝、細川淳矢、宗株熏、佐藤祥
MF: ロメロ・フランク、兵働昭弘(79分 グエン・コンフォン)、佐藤和弘(57分 今瀬淳也)、湯澤洋介(66分 佐藤和樹)
FW: 三島康平、船谷圭祐
得点: なし
警告: なし
控え: 笠原昴、白井永地、山村佑樹、萬代宏樹

【TV観戦】
惜敗。いつもの水戸のサッカーを徹底し、いつものように1点勝負、つまりは1点とれなければ勝てない、重い、1点。西ケ谷監督のマグネットボードに描かれた戦術に間違いはない、と信じているからこそ、我々の悔しさは怒りに代わることは、ない。

2016年6月26日
J2 2016 第20節 モンテディオ山形 2-2 水戸ホーリーホック
A NDソフトスタジアム山形 5,113人
モンテディオ山形
監督: 石ア信弘
GK: 山岸範宏
DF: 宇佐美宏和(64分 荒堀謙次)、栗山直樹、田代真一、高木利弥
MF: 伊藤俊、川西翔太、アルセウ、汰木康也(45分 佐藤優平)
FW: 林陵平(45分 大黒将志)、ディエゴ
得点: ディエゴ(56分)、川西翔太(84分)
警告: アルセウ(67分)
控え: 富居大樹、山田拓巳、松岡亮輔、ディエゴ・ローザ
水戸ホーリーホック
監督: 西ケ谷隆之
GK: 本間幸司
DF: 田向泰輝、細川淳矢、宗株熏、佐藤祥
MF: ロメロ・フランク、兵働昭弘、白井永地(89分 萬代宏樹)、湯澤洋介(81分 山村佑樹)
FW: 三島康平、船谷圭祐(83分 佐藤和弘)
得点: 三島康平(23分)、白井永地(24分)
警告: ロメロ・フランク(59分)
控え: 笠原昴、今瀬淳也、石神幸征、宮本拓弥

【TV観戦】
2点先制(というV東京戦以来の展開)、ほぼ完璧な試合展開を見せた前半だっただけに、後半に追いつかれたこと、というよりも3点目を取りきれなかったことがすべて、か。但し、圧倒的な強さを見せる三島を軸に、得失点面だけで言えば、前半の幸福な展開と後半の失望、となるものの、水戸のなすべきことが出来た試合としていい試合だったと思う。

by junn-chang, Jul.2, 2016
posted by junn-chang at 00:05| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球団水戸葵戦記 2016年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック