2011年12月18日

天皇杯 2011年 4回戦 水戸ホーリーホック 0-1 FC東京

【スタジアム観戦】
(水戸ホーリーホック公式戦スタジアム観戦276試合目)
2011年12月17日
天皇杯 2011年 4回戦 水戸ホーリーホック 0-1 FC東京
(K’sデンキスタジアム水戸)
   
20111217mitofctokyo.jpg

初のベスト8進出ならず。冬の寒空の下、途絶えた夢と、新しい夢の始まり。
ホームで迎えた天皇杯4回戦。クラブとして初めてJ1チーム(G大阪)を破り、辿り着いた場所。たとえスタジアムの半分以上をFC東京のサポで占有されようとも、ここはホーム。
正直、勝てた試合だったと思います。互角に渡り合えていた部分もあるし、後半の球際のしつこさはよくやっていたと思います。
ただ、ある意味今シーズンの水戸を象徴するような試合でもありました。ある時期から(隆行加入後と言ってもいいかも)試合のペースを握る試合展開ができるようになったけど、前半はなかなかペースが続けず、後半自分たちの試合にしながら、ゴールが決まらない・・・という展開。
前半早い段階でオウンゴールを献上してしまったわけですが、後半途中まで0-0で行けていれば、結果は変わっていたかも。つまり、勝てた試合、と言ってもその前提はあって、その前提が作れなかったから負けた、という至極当然の結末。
決めるべきときに決める。それが出来なかった。ホームで。
そう、天皇杯の快進撃は、札幌、G大阪とともにアウェイで延長戦を3-2で制したものでした。それは素晴らしいことですが、ともにアウェイであることで感動の共有ができなかったこと。それをホームで再現できなかったこと。つまりホームでサポーターに感動を与えること。これが来季の水戸が目指すべきことでしょう。

これで今シーズンも終了。監督、選手、スタッフ、そしてサポーターのみんな、お疲れ様でした。
震災から始まって激動の、決して忘れることのできない2011年シーズンでした。
来年も頑張りましょう!

公式記録
http://www.jfa.or.jp/match/matches/2012/0101tennouhai/schedule_result/pdf/m77.pdf

by junn-chang, Dec.18, 2011
posted by junn-chang at 08:55| 茨城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 2011年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック