2010年09月24日

水戸ホーリーホック観戦記 2010年 J2 第27節 ファジアーノ岡山戦

fcmitohollyhock.gif

スタジアム観戦(水戸公式戦スタジアム観戦243試合目)
10.09.23 2010年 J2 第27節 △1-1 ファジアーノ岡山
K’sスタ 1,456人
得点:吉原

☆大雨の死闘、吉原の同点弾で辛くもドロー

負けない水戸。それは成長だと思います。
でもここ数試合、目指しているサッカーと結果のアンマッチがあり、パスサッカーによる中盤の構成力という課題のクリアが焦点だったのですが、この日もそれを先送りです。
原因は、雨。(しかも前日の真夏日から一転、スタジアムの気温は15℃以下?)
大雨でピッチコンディション最悪、意図のあるパスを成功させることはとても無理な状態で、運不運も含めて少ないシュートチャンスを確実に決めることができるかがこの試合のポイントと言えたでしょう。
そしてそのチャンスを決めたのが、・・・・・・なんと白谷!
(美しく見事なミドルシュートでした。得点後の白谷の喜びようが、彼が無念のまま去った水戸への複雑な思いと、岡山に完全移籍した元ユース年代日本代表エースの意地とを表していたと思います。これが白谷にとってJ初得点!)
元水戸の3人を擁する岡山に、しかも白谷に点を取られたままで終わるわけにはいかない水戸ですが、最後に同点ゴールを決めたのは後半途中から投入された吉原! ここ数試合若手が結果を残している中で、あらためて存在感を示してくれました。
この試合、引き分けで良しとはできないけど、最後に追いついたという点でさらに自信がついたであろうことはプラスでしょう。
課題のクリアは、次の大分戦で!

水戸ホーリーホック
監督:木山隆之
GK:本間幸司 DF:小池純輝、作田裕次、大和田真史、保崎淳
MF:村田翔(77中山悟志)、下田光平、大橋正博(72島田祐輝)、遠藤敬佑
FW:常盤聡、片山真人(72吉原宏太)
得点:吉原宏太(88)
警告:大和田真史(31)、保崎淳(78)
サブ:原田欽庸、加藤広樹、中村英之、森村昴太


ファジアーノ岡山
監督:影山雅永
GK:廣永遼太郎 DF:山中誠晃、後藤圭太、近藤徹志、野田紘史
MF:キム・テヨン、田所諒、小林優希(81宮田直樹)、喜山康平(59白谷建人
FW:西野晃平(71三木良太)、岸田裕樹
得点:白谷建人(69)
警告:西野晃平(20)、キム・テヨン(29)、喜山康平(54)、白谷建人(86)
サブ:真子秀徳、野本安啓、千明聖典、妹尾隆佑

INDEX
http://junn-chang-futebol.seesaa.net/article/98460523.html

by junn-chang, Sep.24, 2010
posted by junn-chang at 08:54| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 2010年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック