2010年09月06日

水戸ホーリーホック観戦記 2010年 天皇杯 2回戦 Sagawa Shiga戦

fcmitohollyhock.gif

スタジアム観戦(水戸公式戦スタジアム観戦242試合目)
10.09.05 2010年 天皇杯 2回戦 ○4-2 Sagawa Shiga FC
笠松 1,355人
得点:大和田、島田、片山、保崎(PK)

☆怒涛の大逆転! トラウマ払拭!

冷静に考えれば勝って当たり前の試合。それを大逆転でこれだけの感動をサポーターに与えること自体が異常、なのだとは思うのですが…久々に燃えた! 感動した! よくやった!
試合前には「実力は互角」などと評され、当然前年の初戦敗退(しかも大学生相手に)というトラウマを引きずって挑んだ試合。
なんとDFの超イージーなミスから試合開始30秒で失点、さらに前半10分少しで遠藤が負傷交代、前半は0-1で終了…、そして後半に喫した2点目で、サポーターのほとんど全員が覚悟したはず、情けない敗戦を。
ところが! まあ、意地を見せてくれたということでしょう。
キーヤンの交替選手投入の仕方を見て、やるしかねえ、と思わなきゃ嘘。
勝因は、「意地」とSagawaの運動量が後半極端に落ちたこと…(笑) まあ、いいか。
これでまた水戸は間違いなく成長した(笑)。格下相手に戦って、勝って成長するJ2クラブ?
それでも、いい。現実だから。

それにしても、久々に訪れた“聖地”笠松のピッチの状態は酷かったなあ。

それともう1つ。Sagawaの選手には最大限の敬意を表したいです。
しかし、水戸のスポンサーを揶揄した横断幕を掲げた(途中で外したけど)サポーターには、呆れました。選手の健闘に水を差すサポなんていらない。ましてやSagawaは企業のサッカー部じゃないの? 相手のスポンサー企業をおちょくる横断幕なんて…。
(まさか仕掛けたのは水戸サポじゃないだろうねー)

水戸ホーリーホック
監督:木山隆之
GK:本間幸司 DF:保崎淳、作田裕次、大和田真史、森賢一
MF:村田翔(45常盤聡)、大橋正博、森村昴太(71中山悟志)
FW:小池純輝、片山真人、遠藤敬佑(14島田祐輝)
得点:大和田(65)、島田祐輝(80)、片山真人(83)、保崎淳(90+1)
警告:森賢一(49)、常盤聡(61)、保崎淳(74)、大和田真史(75)
サブ:原田欽庸、中村英之、下田光平、大塚翔太


Sagawa Shiga FC
監督:中口雅史
GK:森田耕一郎 DF:奈良輪雄太、求衛昭紀、冨山卓也、旗手真也
MF:山根伸泉、岡村政幸(85濱田雄太)、高橋延仁、中村元、大沢朋也(71米倉将文)
FW:御給匠
得点:御給匠(1)、岡村政幸(56)
警告:森田耕一郎(90+1)
サブ:村山智彦、大杉誠人、野村博司、馬場悠企、宇佐美潤

INDEX
http://junn-chang-futebol.seesaa.net/article/98460523.html

by junn-chang, Sep.6, 2010
posted by junn-chang at 20:40| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 2010年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック