2010年05月06日

水戸ホーリーホック観戦記 2010年 J2 第11節 横浜FC戦

fcmitohollyhock.gif

スタジアム観戦(水戸公式戦スタジアム観戦236試合目)
10.05.05 2010年 J2 第11節 ○3-1 横浜FC
K’sスタ 3,466人
得点:片山、吉原、森村

☆フリエ迎撃! 7位に浮上 そして本間がJ2 350試合出場!

遂に、流れの中からFWが得点を決めた! ガチャ! コータY! コータM!
前々節、ここホームK’sスタでまさかの●0-4を喫した水戸でしたが、アウェイ富山で持ち直し、真価の問われる一戦となったこの試合。相手はよりにもよって横浜FC(苦笑)。
連戦での疲労からか試合開始直後からパス精度が低く、心配したのですが、均衡を破ったのはポジポジ男、ガチャ! 移籍後初先発でやってくれました。ある意味、今の水戸に最も必要なポジティヴィティ=ガチャなのかもしれません。
そして約10分後のコータY。やっと決めてくれた、ドンピシャ・ヘッド! 
最後は試合終了間際のコータM。もう足が止まりかけていた森村でしたが、いやあ、凄いシュートでしたね。
実は水戸サポなら誰でも思い出したであろう、昨年の夏、三ッ沢での終了間際の被弾による悪夢の引分け。1点差に詰め寄られたロスタイム、超いやな雰囲気でしたが、森村が救ってくれました。
横浜FCにこういう勝ち方ができたことの意義は大きい!
決して完璧な試合ではなかったけど、今までの水戸にない、貴重な勝ち方が出来た試合として、今季のターニングポイントとなる試合になったかもしれません。

そして幸司、J2 350試合出場達成おめでとう! 
この試合で水戸はJ2リーグ戦460試合目だったので、実にJ2の11年間で出場率76.1%!
凄いです。
目指せ、500試合!
行くぞ、J1!

水戸ホーリーホック
監督:木山隆之
GK:本間幸司 DF:藤川祐司、作田裕次、大和田真史、森賢一
MF:西岡謙太(60村田翔)、中村英之、大橋正博(82大塚翔太)、森村昴太
FW:吉原宏太(72遠藤敬佑)、片山真人
得点:片山真人(27)、吉原宏太(39)、森村昴太(90+2)
警告:吉原宏太(55)、森賢一(66)
サブ:原田欽庸、保崎淳、小池純輝、常盤聡


横浜FC
監督:岸野靖之
GK:大久保択生 DF:柳沢将之、渡邉将基、戸川健太、高地系治
MF:根占真伍(45小野智吉)、シルビーニョ(68久木野聡)、武岡優斗、寺田紳一(45片山奨典)
FW:大黒将志、西田剛
得点:西田剛(88)
警告:武岡優斗(45)
サブ:関憲太郎、早川知伸、サーレス、難波宏明

INDEX
http://junn-chang-futebol.seesaa.net/article/98460523.html

by junn-chang, May.6, 2010
posted by junn-chang at 21:45| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 2010年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック