2010年04月29日

水戸ホーリーホック観戦記 2010年 J2 第9節 東京ヴェルディ戦

fcmitohollyhock.gif

スタジアム観戦(水戸公式戦スタジアム観戦235試合目)
10.04.29 2010年 J2 第9節 ●0-4 東京ヴェルディ
K’sスタ 2,508人
得点:なし

☆堅守崩壊 完敗、そして突きつけられた現実

やっと天気になった観戦日和のホーム試合で●0-4!
水戸の10番はかつてヴェルディに在籍していた大橋、片やヴェルディの10番は昨年まで水戸に在籍していた菊岡、という10番対決に注目していたのですが、大橋の負けというよりは、チームとして完敗。
前節にやっと今季初勝利をあげたヴェルディではありますが、実力の差は断然水戸よりも上。その事実を明確に突きつけられた試合でした。
個人技の差は明らかながら、パスワーク、中盤の構成力、運動量、そして素晴らしすぎるシュートの巧さ。そのどれをとっても劣っていた水戸。
これまでは得点力のなさを堅守とセットプレイの決定力でカヴァしてきた水戸ですが、これだけ実力差があると誤魔化せないということでしょう。特にこれまでは良くやっていた村田&西岡のボランチは全く通用しませんでした。
中盤の構成力&守備力がない上に、前線の得点力がないのだからもう無理。遠藤の1トップは全く機能していなかったし。
あらためて一から考え直す機会を与えてくれた一戦としてこの試合を記憶しましょう。
それでも、行くぞ、J1!

それにしても、菊岡は水を得た魚のようでしたね。

水戸ホーリーホック
監督:木山隆之
GK:本間幸司 DF:藤川祐司、作田裕次、大和田真史、中村英之(53吉原宏太)
MF:西岡謙太、村田翔、大橋正博(72常盤聡)、森村昴太、小池純輝(53大塚翔太)
FW:遠藤敬佑
得点:なし
警告:遠藤敬佑(60)、大和田真史(77)、吉原宏太(90+2)
サブ:原田欽庸、保崎淳、森賢一、片山真人


東京ヴェルディ
監督:川勝良一
GK:土肥洋一 DF:福田健介、富澤清太郎、土屋征夫、吉田正樹
MF:柴崎晃誠、佐伯直哉、菊岡拓朗、飯尾一慶(71高木俊幸)
FW:河野広貴(83高木善朗)、平本一樹(88井上平)
得点:平本一樹(17)、菊岡拓朗(50)、柴崎晃誠(70)、佐伯直哉(76)
警告:河野広貴(15)
サブ:柴崎貴広、飯田真輝、高橋祥平、菅原智

INDEX
http://junn-chang-futebol.seesaa.net/article/98460523.html

by junn-chang, Apr.29, 2010
posted by junn-chang at 20:43| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 2010年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック