2009年03月04日

水戸ホーリーホック観戦記 2007年 サテライト 横浜FC戦

fcmitohollyhock.gif

07.07.01 J サテライト 07 Group-B ●1-2 横浜FC
得点: 鈴木孝
水戸ツインフィールド 400人

前日のJ2福岡戦では連戦の疲れ(中2日で西京極→笠松→博多の森)と猛暑で全然動けなかった水戸。その連戦を考えると、福岡戦は少しメンバー入れ替えても良かったんじゃないかと思いますが、となればこのサテライトでの出来次第でその考えが確認できるというもの。
と、いう目で観戦しましたが、ちょっとこれは....な内容。
前半のメンバー
GK: 本間
DF: 木村、篠、初田、島貫
MF: 石川、眞行寺、大橋、遠藤
FW: エジナウド、鈴木孝
後半開始から
GK: 原田
DF: 木村、篠、初田、柳沢
MF: 石川、島貫、大橋、眞行寺
FW: エジナウド、鈴木孝
後半途中から
GK: 原田
DF: 島貫、篠、初田、柳沢
MF: 石川、木村、大橋、眞行寺
FW: エジナウド、鈴木孝
前半こそ遠藤とエジナウドの動きの良さが目立ち、鈴木孝の得点で先制したものの、後半は攻守に渡って構成力が保てず、やりたいサッカーの意図が伝わって来ませんでした。
ま、サテライトだからということも言えますが。機会を得た選手はここで頑張らないとねー。これじゃ前田監督も、福岡に帯同させないか、みたいな。
まず守備ラインが不安定。キャプテンを任された初田は高さはあるものの守備を統率できていないし、コーチングも今いちかな。本間の方が声を出していたと思います。それに特に前半は横浜の玉乃のスルーパスで裏を何度も取られていたし。
それと中盤を省略するのか繋ぐのか意思が統一されていなかったような。
簡単に言うとピッチ上でキャプテンシーを発揮する選手がいないってこと。
横浜FCとは対照的だったです。
島貫は木澤監督に何度も指示を受けながらも3つのポジションをこなしていて器用そう。
それと、ビジュが加入したことによりエジナウドがもっと輝いてくれればと期待します。

by junn-chang, July 1, 2007
posted by junn-chang at 20:15| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック