2020年08月13日

J2 2020 第11節 京都サンガ 2-2 水戸ホーリーホック

2020年8月12日
J2 2020 第11節 京都サンガ 2-2 水戸ホーリーホック
A サンガスタジアム by KYOCERA 3,749人
京都サンガ
監督: 實好礼忠
GK: 34若原智哉
DF: 2飯田貴教(82分 30石櫃洋祐)、19麻田将吾、23ヨルディ・バイス、6本多勇喜
MF: 8荒木大吾(82分 32上月壮一郎)、10庄司悦大、29中野克哉(69分 7レナン・モッタ)、17ジュニーニョ(75分 18野田隆之介)、41金久保順
FW: 9ピーター・ウタカ
得点: ジュニーニョ(32分)、ピーター・ウタカ(55分)
警告: ヨルディ・バイス(73分)
控え: 21清水圭介、14中川風希、31福岡慎平
水戸ホーリーホック
監督: 秋葉忠宏
GK: 50松井謙弥
DF: 3前嶋洋太(88分 13岸田翔平)、2住吉ジェラニ・レショーン、4ンドカ・ボニフェイス、23外山凌
MF: 10山口一真、5木村祐志(69分 8安藤輝)、6平野佑一、11村田航一(45分 18深堀隼平)
FW: 9中山仁斗(81分 48アレフ・ピットブル)、16山谷侑士(69分 27松崎快)
得点: ンドカ・ボニフェイス(42分)、中山仁斗(54分)
警告: アレフ・ピットブル(90+3分)
控え: 1本間幸司、20森勇人

・J2シーズン: 11試合3勝4分4敗、得点19失点19
・J2通算: 870試合256勝228分386敗、得点901失点1,166
・J2順位: 14位/22チーム

【配信観戦】
激闘の果てのドロー。走りきっても届かない勝ち点3。
雷雨で試合開始が30分遅れとなったアウェイ京都戦。二度リードを許しながらもしぶとく追いつき、執念のドローとしたものの、まったく満足感のない選手の表情が物語る勝利への渇望が観る者を熱くさせた一戦。京都の得点の鮮やかさに比べれば、水戸の2得点はいずれもこぼれ球を押し込んだ、いわば泥臭い得点だったことも、今の水戸の気持ちの入りようを感じさせたし、最後まで走り切った選手たち、とりわけ(前々節でもそうだったが)試合終了とともにピッチ上に仰向けに倒れ込んだ山口の表情が印象的だった。


by junn-chang, Aug.13, 2020
posted by junn-chang at 16:13| 茨城 ☁| Comment(0) | 2020年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする