2020年07月02日

J2 2011 第2節 東京ヴェルディ 3-2 水戸ホーリーホック

公式戦622試合目(J2-498試合目)
2011年6月29日
J2 2011 第2節 東京ヴェルディ 3-2 水戸ホーリーホック
A 味の素スタジアム 2,164人
東京ヴェルディ
監督: 川勝良一
GK: 26柴崎貴広
DF: 18森勇介、17土屋征夫、23高橋祥平、22和田拓也
MF: 7河野広貴(32分 16飯尾一慶)、21小林祐希、10菊岡拓朗(79分 9平繁龍一)、5佐伯直哉
FW: 19マラニョン(70分 2福田健介)、19阿部拓馬
得点: 飯尾一慶(39分)、阿部拓馬(49分)、菊岡拓朗(64分)
警告: なし
控え: 34新井章太、20深津康太、4アポジ、27市川雅彦
水戸ホーリーホック
監督: 柱谷哲二
GK: 1本間幸司
DF: 7小池純輝、4尾本敬、20塩谷司、3保ア淳
MF: 28小澤司、6西岡謙太(82分 19神村奨)、8村田翔(76分 16鈴木将也)、15島田祐輝(59分 22小幡純平)
FW: 11常盤聡、13岡本達也
得点: 島田祐輝(8分)、常盤聡(15分)
警告: 保ア淳(45+2分)、鈴木将也(88分)
控え: 23小野博信、25代健司、18鶴野太貴、14大塚翔太

・J2シーズン: 13試合4勝4分5敗、得点14失点17
・J2通算: 498試合136勝113分249敗、得点479失点718
・J2順位: 15位/20チーム
・J2リーグ戦: 4試合連続得点

【スタジアム観戦】
公式戦スタジアム観戦259試合目
日が暮れても空気は猛暑のまま、味スタ上空で鳴りやまない稲光の下、ピッチに仁王立ちする闘将・柱谷哲二。愛憎溢れる古巣に逆転負けのくやしさは相当なものだったはず。開始15分までに島田(スーパーゴール!)と常盤で2点、このリードを守り切れなかった、或いは勝ち切れなかったのは、残念ながら采配の差だった、か。サイドを崩せず、真中から崩そうとした攻めの単調さ。技術と支配力ではどう考えてもヴェルディが上なだけに、彼らに彼らのサッカーをやらせてしまえば…、じりじりと追い込まれての逆転負け。つまりは戦局に対する修正力の差、それは采配力、か。島田を下げた後、保アが上がれなくなり、逆サイドでは小池が上がったスペースを突かれる、その繰り返し。後半、最も得点の匂いがしたのはサイドバックの小池であったことと、そして最も危険だったのは小池が不在となったスペースだったことが印象的。闘将敗北。首都のクラブに2連敗。
それにしても菊岡よ、一体水戸から何点取るんだ?


by junn-chang, Jul.2, 2020
posted by junn-chang at 06:17| 茨城 ☔| Comment(0) | 2011年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする