2019年12月19日

いばらきサッカーフェスティバル 2008 鹿島アントラーズ 3-0 水戸ホーリーホック

2008年2月24日
いばらきサッカーフェスティバル 2008 鹿島アントラーズ 3-0 水戸ホーリーホック
A カシマ 7,012人
鹿島アントラーズ
監督: オズワルド・オリヴェイラ
GK: 21曽ヶ端準
DF: 27笠井健太、16中後雅喜、4大岩剛(53分 30大道広幸)、7新井場徹(70分 23船山祐二)
MF: 10本山雅志(78分 25遠藤康)、15青木剛、40小笠原満男(65分 14増田誓志)、8野沢拓也(74分 16小谷野顕治
FW: 18マルキーニョス(60分 17佐々木竜太)、11ダニーロ
得点: 中後雅喜(16分)、野沢拓也(46分)、小笠原満男(49分)
警告: 笠井健太(72分)
控え: 1小澤英明
水戸ホーリーホック
監督: 木山隆之
GK: 1本間幸司
DF: 17金澤大将、3平松大志、32大和田真史(83分 30中村英之)、4鈴木和裕(83分 2小澤雄希)
MF: 18赤星貴文、13椎原拓也(70分 7村松潤)、8菊岡拓朗(53分 25鈴木良和)、6堀健人(76分 23遠藤敬佑)
FW: 9荒田智之(61分 29眞行寺和彦)、19西野晃平
得点: なし
警告: なし
控え:31原田欽庸

いばらきサッカーフェスティバル通算: 4試合0勝0分4敗、得点1失点11

【スタジアム観戦】
プレシーズンマッチの茨城ダービー、4度目の開催となる「いばらきサッカーフェスティバル」。5年間指揮をとった前田秀樹監督から、J最年少監督となった木山隆之監督に交代となった新生水戸、主力中の主力であったキャプテンのDF吉本岳史、MF小椋祥平が移籍してしまたものの、新加入の赤星貴文、菊岡拓朗、堀健人、荒田智之が先発に名を連ね、高まる期待。とは言っても、相手はJ1王者の鹿島、実力の違いは明らか、その差はいかんともし難い。特に前半はなすすべなし。個々の技術は致し方ないにしても、二列目からの飛び出しとか、両サイドからの攻撃とか、水戸がやりたいことはすべて鹿島の方が上。しかも致命的なパスミスが多かった。失点はすべてミスからだし。後半、水戸が荒田に代えて眞行寺を投入し、堀をFWに上げたあたりから(というよりは、鹿島がサブ組みに選手交代を進めてから、というべきか)、得点の可能性を感じさせたけど。戦術というよりは、気持ちの問題か。それにしても日陰となった水戸のゴール裏は寒かった。極寒。体感3度か? 鹿島のゴール裏は陽が当たって暖かそうだった。


by junn-chang, Dec.19, 2019
posted by junn-chang at 06:19| 茨城 ☁| Comment(0) | 2008年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする