2019年12月17日

J2 2007 第51節 水戸ホーリーホック 1-0 セレッソ大阪

公式戦475試合目(J2-355試合目)
2007年11月25日
J2 2007 第51節 水戸ホーリーホック 1-0 セレッソ大阪
H 笠松 4,563人
水戸ホーリーホック
監督: 前田秀樹
GK: 1本間幸司
DF: 20倉本崇史、3平松大志(84分 30中村英之)、14吉本岳史、4鈴木和裕
MF: 17金澤大将、6小椋祥平、7村松潤(89分 13椎原拓也)、25鈴木良和
FW: 11塩沢勝吾、19西野晃平(80分 8エジナウド)
得点: 西野晃平(56分)
警告: 小椋祥平(12分)、西野晃平(61分)
控え: 21武田博行、29眞行寺和彦

セレッソ大阪
監督: クルピ
GK: 22吉田宗弘
DF: 13柳沢将之、2羽田憲司、5前田和哉、23丹羽竜平
MF: 17酒本憲幸(60分 18柿谷曜一朗)、4藤本康太(45分 16濱田武)、28山下達也、26香川真司
FW: 9古橋達弥、20森島康仁(60分 15小松塁)
得点: なし
警告: 森島康仁(33分)、丹羽竜平(64分)
控え: 21山本浩正、3阪田章裕
・J2シーズン: 47試合8勝10分29敗、得点31失点68
・J2通算: 355試合90勝77分188敗、得点313失点524
・J2順位: 12位/13チーム

【スタジアム観戦】
公式戦スタジアム観戦188試合目
前田サッカー完成形! ホーム最終戦、セレッソ相手に有終の美! 最下位脱出! 遂に今年もホーム最終戦。一年間の想いと記憶が交錯して感慨深い。予算が苦しく戦力的にもきつい中で、シーズン当初、「正直、今シーズンは1勝もできないかもしれない」と言った前田監督が自身の目指すアクション・サッカーへの変革をシーズン通して敢行、簡単に結果がついて来ないのを承知で、監督も選手も、そしてサポーターも水戸を信じてやってきた、そういう苦しいながらも充実した印象深いシーズン。そしてこのホーム最終戦でみせたサッカーは、その完成形を示す素晴らしいものだったと思う。まだ昇格の可能性を残す強豪セレッソ相手に互角に戦い、一歩も引かず、見事に勝利を収めたこの結果は最大の賞賛に値する、まさに全員で勝ち取った結果。「勝てないかもしれない」と言って本当に「勝てない監督」を1年間支持した水戸サポーターの想いは、前田監督続投しかない。今日の試合後、サポーターが掲げた横断幕と前田コールの意味を、フロントにはよく考えて欲しい。


by junn-chang, Dec.17, 2019
posted by junn-chang at 06:25| 茨城 ☁| Comment(0) | 2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする