2019年12月14日

天皇杯 2007 4回戦 鹿島アントラーズ 2-0 水戸ホーリーホック

公式戦472試合目(天皇杯-27試合目)
2007年11月4日
天皇杯 2007 4回戦 鹿島アントラーズ 2-0 水戸ホーリーホック
A カシマ 7,005人
鹿島アントラーズ
監督: オズワルド・オリヴェイラ
GK: 21曽ヶ端準
DF: 2内田篤人、3岩政大樹、4大岩剛、7新井場徹
MF: 15青井剛、40小笠原満男、10本山雅志(78分 11ダニーロ)、8野沢拓也
FW: 18マルキーニョス(83分 17興梠慎三)、9田代有三(71分 13柳沢敦)
得点: 田代有三(21分)、小笠原満男(65分)
警告: 大岩剛(29分)
控え: 1小澤英明、22石神直哉、16中後雅喜、23船山祐二
水戸ホーリーホック
監督: 前田秀樹
GK: 31原田欽庸
DF:4鈴木和裕、3平松大志、14吉本岳史、30中村英之(63分 11塩沢勝吾)
MF: 17金澤大将、6小椋祥平、26ビジュ、25鈴木良和(71分 29眞行寺和彦)、20倉本崇史
FW: 19西野晃平(71分 7村松潤)、
得点: なし
警告: ビジュ(82分)
控え: 21武田博行、13椎原拓也、8エジナウド

・天皇杯シーズン: 2試合1勝0分1敗、得点1失点2
・天皇杯通算: 27試合16勝0分11敗、得点62失点42
・天皇杯: 4回戦敗退

【スタジアム観戦】
公式戦スタジアム観戦187試合目
天皇杯4回戦、公式戦で2度目の実現となった茨城ダービー、絶好調の強豪鹿島アントラーズ相手に、惜敗。でも、試合内容はここ数試合では最高の出来、こんな試合を毎試合できればJ2の最下位に沈むこともないのに。前半から鹿島は小笠原を中心に試合を支配、水戸は時折カウンターを仕掛けるという予想通りの展開。後半、水戸は中村に代えて塩沢を投入した辺りから、積極的な仕掛けを見せ始め、試合内容は均衡、前線の2人の動きとパスの出し手側の意思が一致しない点が多い、という課題はあったものの試合内容は良かった。負けは負け、とはいえ、水戸はホームで凡戦を続けるくせに、アウェイで強敵と対戦するとき、見違えるような試合をする


by junn-chang, Dec.14, 2019
posted by junn-chang at 10:20| 茨城 ☁| Comment(0) | 2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする