2019年11月30日

J2 2007 第38節 セレッソ大阪 2-0 水戸ホーリーホック

公式戦462試合目(J2-343試合目)
2007年9月2日
J2 2007 第38節 セレッソ大阪 2-0 水戸ホーリーホック
A 三木 12,711人
セレッソ大阪
監督: クルピ
GK: 22吉田宗弘
DF: 13柳沢将之、14江添建次郎、5前田和哉、23丹羽竜平
MF: 16濱田武(69分 17酒本憲幸)、4藤本康太(83分 2羽田憲司)、31ジェルマーノ、26香川真司
FW: 9古橋達弥、15小松塁(69分 20森島康仁)
得点: 古橋達弥(29分)、香川真司(89分)
警告: 古橋達弥(58分)、藤本康太(80分)
控え: 21山本浩正、18柿谷曜一朗
水戸ホーリーホック
監督: 前田秀樹
GK: 1本間幸司
DF: 17金澤大将、3平松大志、4吉本岳史、18金基洙(69分 30中村英之)
MF: 29眞行寺和彦(69分 27岩舘侑哉)、13椎原拓也、6小椋祥平、25鈴木良和
FW: 11塩沢勝吾、19西野晃平(79分 8エジナウド)
得点: なし
警告: 西野晃平(7分)、金基洙(35分)、金澤大将(61分)
控え: 21武田博行、22森賢一

・J2シーズン: 35試合5勝9分21敗、得点23失点54
・J2通算: 343試合87勝76分180敗、得点305失点511
・J2順位: 最下位/13チーム

【TV観戦】
公式戦TV観戦20試合目


by junn-chang, Nov.30, 2019
posted by junn-chang at 09:50| 茨城 ☀| Comment(0) | 2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月29日

J2 2007 第37節 水戸ホーリーホック 2-1 コンサドーレ札幌

公式戦461試合目(J2-342試合目)
2007年8月30日
J2 2007 第37節 水戸ホーリーホック 2-1 コンサドーレ札幌
H 笠松 1,779人
水戸ホーリーホック
監督: 前田秀樹
GK: 1本間幸司
DF: 4鈴木和裕、3平松大志、4吉本岳史、17金澤大将
MF: 13椎原拓也、6小椋祥平、26ビジュ、25鈴木良和
FW: 11塩沢勝吾(82分 27岩舘侑哉)、19西野晃平
得点: 塩沢勝吾(10分)、西野晃平(16分)
警告: 鈴木和裕(28分)、小椋祥平(52分)、ビジュ(75分)、本間幸司(88分)
控え: 21武田博行、30中村英之、18金基洙、29眞行寺和彦

コンサドーレ札幌
監督: 三浦俊也
GK: 28高木貴弘
DF: 3西澤淳二(62分 5池内友彦)、4曽田雄志、15ブルーノ・クアドロス、6西嶋弘之
MF: 25藤田征也(57分 8砂川誠)、16大塚真司、18芳賀博信、29西谷正也
FW: 10ダヴィ、13中山元気(45分 9石井謙伍)
得点: ダヴィ(11分)
警告: ブルーノ・クアドロス(22分)、中山元気(44分)、西嶋弘之(47分)、石井謙伍(67分)、芳賀博信(80分)、西谷正也(82分)
控え: 26佐藤優也、17カウエ
・J2シーズン: 34試合5勝9分20敗、得点23失点52
・J2通算: 342試合87勝76分179敗、得点305失点509
・J2順位: 12位/13チーム
・J2リーグ戦: 4試合連続不敗

【スタジアム観戦】
公式戦スタジアム観戦180試合目
第37節、ホームでの首位札幌戦、迎撃完遂、遂に笠松で勝利! そして最下位脱出! “聖地”笠松での未勝利記録が19試合となり、昨年9月9日以来、実に笠松での未勝利1年まであと10日、とせまったこの日、相手は首位札幌。選手の気力がこの難しい試合を勝利に変えた。この結果をどれだけ待ったことか。何度何度も、敗戦後の笠松に連呼されたアンセム、長かった。2トップの西野と塩沢の見事なゴールはもとより、2人の連携は過去最高。早い動き出し、曽田とブルーノ・クアドロスに競り負けない高さ、何本も供給された鈴木和の高精度クロス、そして全員が身体を張って守備を貫徹、特に中盤のボール奪取力は高く、タッチ数の少ないパスが綺麗に回り、最後は本間が獅子奮迅のスーパーセーヴを連発。絶対に勝つという気持ちが、魂が、感じられたそんな試合。試合後、水戸サポに囲まれた前田監督が、警備員もクラブのスタッフも付かないままに、10分以上に渡ってサポからの質問一つ一つに真摯に答え、サポもそれを真剣に聞き入る、そして最後は、自家用車で帰る前田監督をサポーターが「前田コール」で送り出す。何という水戸らしい幸福な光景なのだろう。


by junn-chang, Nov.29, 2019
posted by junn-chang at 06:26| 茨城 ☀| Comment(0) | 2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月28日

J2 2007 第36節 サガン鳥栖 0-0 水戸ホーリーホック

公式戦460試合目(J2-341試合目)
2007年8月25日
J2 2007 第36節 サガン鳥栖 0-0 水戸ホーリーホック
A 鳥栖 16,661人
サガン鳥栖
監督: 岸野靖之
GK: 1浅井俊光
DF: 15鐵戸裕史、27柴小屋雄一、5飯尾和也、29日高拓磨
MF: 16高地系治、8尹晶煥(13分 28野崎陽介)、14高橋義希(70分 7山口貴之)、24清水康也(81分 4吉田恵)
FW: 9金信泳、25藤田祥史
得点: なし
警告: 飯尾和也(78分)
控え: 12赤星拓、6村主博正
水戸ホーリーホック
監督: 前田秀樹
GK: 1本間幸司
DF: 3平松大志、4吉本岳史、5初田真也
MF: 17金澤大将、6小椋祥平、26ビジュ、25鈴木良和
FW: 11塩沢勝吾(66分 9鈴木孝明)、19西野晃平(86分 13椎原拓也)、27岩舘侑哉(59分 29眞行寺和彦)
得点: なし
警告: なし
控え: 21武田博行、4鈴木和裕

・J2シーズン: 33試合4勝9分20敗、得点21失点51
・J2通算: 341試合86勝76分179敗、得点303失点508
・J2順位: 最下位/13チーム(30節連続、最多更新)
・J2リーグ戦: 3試合連続不敗

【TV観戦】
公式戦TV観戦19試合目


by junn-chang, Nov.28, 2019
posted by junn-chang at 06:39| 茨城 ☔| Comment(0) | 2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月27日

J2 2007 第35節 徳島ヴォルティス 0-1 水戸ホーリーホック

公式戦459試合目(J2-340試合目)
2007年8月20日
J2 2007 第35節 徳島ヴォルティス 0-1 水戸ホーリーホック
A 鳴門 2,206人
徳島ヴォルティス
監督: 今井雅隆
GK: 21島津虎史
DF: 17丹羽大輝、6西河翔吾、4青葉幸洋(73分 15冨士祐樹)
MF: 32塩川岳人、28高橋健史(54分 14石田祐樹)、8ダ・シルバ、11片岡功二(85分 16挽地祐哉)
FW: 9小林康剛、33長谷川太郎
得点: なし
警告: 片岡功二(44分)、西河翔吾(56分)
控え: 30鈴木正人、24小山拓土
水戸ホーリーホック
監督: 前田秀樹
GK: 1本間幸司
DF: 4鈴木和裕、4吉本岳史(82分 30中村英之)、3平松大志、17金澤大将
MF: 13椎原拓也(65分 29眞行寺和彦)、6小椋祥平、26ビジュ、25鈴木良和
FW: 11塩沢勝吾(45分 19西野晃平)、27岩舘侑哉
得点: 小椋祥平(44分)
警告: 小椋祥平(87分)
控え: 21武田博行、18金基洙

・J2シーズン: 32試合4勝8分20敗、得点21失点51
・J2通算: 340試合86勝75分179敗、得点303失点508
・J2順位: 最下位/13チーム(29節連続、最多更新)

【TV観戦】
公式戦TV観戦18試合目


by junn-chang, Nov.27, 2019
posted by junn-chang at 06:29| 茨城 ☔| Comment(0) | 2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月26日

J2 2007 第34節 水戸ホーリーホック 1-1 アビスパ福岡

公式戦458試合目(J2-339試合目)
2007年8月16日
J2 2007 第34節 水戸ホーリーホック 1-1 アビスパ福岡
H 笠松 2,071人
水戸ホーリーホック
監督: 前田秀樹
GK: 1本間幸司
DF: 4鈴木和裕、4吉本岳史、3平松大志、17金澤大将
MF: 13椎原拓也(45分 29眞行寺和彦)、6小椋祥平、26ビジュ、25鈴木良和(72分 18金基洙)
FW: 11塩沢勝吾、27岩舘侑哉(77分 19西野晃平)
得点: 眞行寺和彦(63分)
警告: なし
控え: 31原田欣庸、22森賢一

アビスパ福岡
監督: リトバルスキー
GK: 1神山竜一
DF: 20山形辰徳、2宮本亨、8チェッコリ
MF: 11田中佑昌、7宮崎光平(73分 5長野聡)、18山形恭平、10久藤清一(63分 19林祐征)、6布部陽功、16久永辰徳(79分 29宇野沢祐次)
FW: 9リンコン
得点: 布部陽功(89分)
警告: 山形辰徳(37分)
控え: 30六反勇治、13柳楽智和
・J2シーズン: 31試合3勝8分20敗、得点20失点51
・J2通算: 339試合85勝75分179敗、得点302失点508
・J2順位: 最下位/13チーム(28節連続、最多更新)
・J2リーグ戦: 11試合連続未勝利、3試合連続失点

【スタジアム観戦】
公式戦スタジアム観戦179試合目
第34節、“聖地”笠松での福岡戦。本間のスーパーセーブと小椋が垣間見せた積極性とファンタジー、それでも埋められない11ヵ月(の笠松未勝利)。まるで手のひらで掬う水のごとく、水戸はいつまでそれを掴みそこね続けるのだろうか。あと一歩、あと1分、いやロスタイムを含めるとあと4分。1点が守りきれない。残暑(夜7時で34度!)の中、悩めるファンタジスタ眞行寺が吹っ切れた、シュート撃ちまくりのポジポジ眞行寺のゴールで1点を先制したときの喜びは最高だった。それゆえに…。


by junn-chang, Nov.26, 2019
posted by junn-chang at 06:29| 茨城 ☁| Comment(0) | 2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月24日

J2 2019 第42節 水戸ホーリーホック 1-0 ファジアーノ岡山

2019年11月24日
J2 2019 第42節 水戸ホーリーホック 1-0 ファジアーノ岡山
H ケーズデンキスタジアム水戸 8,575人
20191124_Ibaraki_J2_Mito_Okayama_03.JPG 20191124_Ibaraki_J2_Mito_Okayama_20.JPG 20191124_Ibaraki_J2_Mito_Okayama_22.JPG

水戸ホーリーホック
監督: 長谷部茂利
GK: 50松井謙弥
DF: 13岸田翔平、24細川淳矢、22瀧澤修平、7志知孝明
MF: 32黒川淳史(80分 11村田航一)、18白井永地、8前寛之、10木村祐志(74分 45浅野雄也)
FW: 14清水慎太郎(89分 27茂木駿佑)、19小川航貴
得点: 瀧澤修平(42分)
警告: 岸田翔平(71分)
控え: 21村上昌謙、38宮大樹、23外山凌、25平野悠知

ファジアーノ岡山
監督: 有馬賢二
GK: 22一森純
DF: 39増谷幸祐、3後藤圭太、4濱田水輝、21椋原健太(74分 30武田拓真)
MF: 29ユ・ヨンヒョン(58分 24赤嶺真吾)、6喜山康平、14上田康太、11三村真
FW: 9イ・ヨンジェ、15山本大貴(82分 25久保田和音)
得点: なし
警告: 喜山康平(56分)
控え: 13金山隼樹、2廣木雄磨、20チェ・ジョンウォン、16武田将平
・J2シーズン: 42試合19勝13分10敗、得点56失点37
・J2通算: 859試合253勝224分382敗、得点882失点1,147
・J2順位: 7位/22チーム

【スタジアム観戦】
公式戦スタジアム観戦355試合目
悔しい。
水戸サポになって22年、最高に、悔しい。
あと1点。この、あと1点の得失点差、今シーズン42試合を終えてのたった1点で昇格プレイオフ出場を逃した。その重み、その悔しさが、水戸の歴史を作ってゆく。
今シーズンは日常が変わった。毎週毎週、J1を現実として捉え、夢、希望を持ち続け、一喜一憂しながら暮らしたシーズン。こんな楽しいシーズン、サッカーによる日常の変化はなかった。まずそのことを感謝したい。水戸ホーリーホックに関わる全ての人に。来シーズン、再び水戸は生まれ変わるだろう、そしてこれからも一緒に歩んで行くだろう。でもこの2019年の水戸ホーリーホックを我々は決して忘れないだろう。絶対に。


by junn-chang, Nov.24, 2019
posted by junn-chang at 22:57| 茨城 🌁| Comment(0) | 2019年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月23日

J2 2007 第33節 東京ヴェルディ1969 2-0 水戸ホーリーホック

公式戦457試合目(J2-338試合目)
2007年8月12日
J2 2007 第33節 東京ヴェルディ1969 2-0 水戸ホーリーホック
A 西が丘 4,382人
東京ヴェルディ1969
監督: ラモス瑠偉
GK: 21高木義成
DF: 17土屋征夫、2萩村滋則、4戸川健太
MF: 6菅原智(88分 14富澤清太郎)、5ゼ・ルイス、22服部年宏、18海本幸治郎、10ディエゴ
FW: 9フッキ(84分 23齋藤将基)、19船越優蔵(76分 11大野敏隆)
得点: ディエゴ(22分)、船越優蔵(32分)
警告: ゼ・ルイス(81分)
控え: 26柴崎貴広、15金澤慎
水戸ホーリーホック
監督: 前田秀樹
GK: 1本間幸司
DF: 4鈴木和裕、4吉本岳史、3平松大志、5初田真也
MF: 17金澤大将、6小椋祥平、26ビジュ、25鈴木良和(56分 13椎原拓也)
FW: 9鈴木孝明(38分 27岩舘侑哉)、11塩沢勝吾(75分 19西野晃平)
得点: なし
警告: 本間幸司(22分)、ビジュ(57分)
控え: 31原田欣庸、18金基洙

・J2シーズン: 30試合3勝7分20敗、得点19失点50
・J2通算: 338試合85勝74分179敗、得点301失点507
・J2順位: 最下位/13チーム(27節連続、最多更新)
・J2リーグ戦: 10試合連続未勝利

【スタジアム観戦】
公式戦スタジアム観戦178試合目
第33節、アウェイ、西が丘(初めて行った)でのヴェルディ戦。これだけ勝てなくてもコアな水戸サポによってアウェイ自由席は完売。水戸は対ヴェルディ戦で昨年からアウェイ3戦3勝(ホームで3戦3敗はこの際忘れる)、しかも完勝の試合ばかり。選手にも、サポにも苦手意識はまったくなく、試合前も選手はかなりリラックスした感じで、よし、今夜も完勝!…….のはずが。ヴェルディのディエゴ、フッキの技術と身体能力と対等に闘うのは無理、最初の失点のシーンでのフッキが平松を吹っ飛ばしたのを見せられると、個人能力の差を実感。そして奮闘虚しく0-2で敗戦、但しサポーターの一体感は最高だった。試合開始前から延々とアンセムを連呼し、それはヴェルディサポよりも迫力あったと思う。そして試合終了のホイッスルが鳴ってからも、ずっと鳴り響く歌声。選手はただこの熱きサポの声に応えるしかない。次、頑張ろう。


by junn-chang, Nov.23, 2019
posted by junn-chang at 07:47| 茨城 ☔| Comment(0) | 2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月22日

J2 2007 第32節 ベガルタ仙台 1-1 水戸ホーリーホック

公式戦456試合目(J2-337試合目)
2007年8月5日
J2 2007 第32節 ベガルタ仙台 1-1 水戸ホーリーホック
A ユアテック仙台 13,569人
ベガルタ仙台
監督: 望月達也
GK: 16林卓人
DF: 25菅井直樹、3渡辺広大、7千葉直樹、26田ノ上信也
MF: 27富田晋伍、5ジョニウソン、10梁勇基(66分 24永井篤志)、8ロペス
FW: 13中島裕希(77分 11ファビーニョ)、20関口訓充(85分 4白井博幸)
得点: ロペス(28分)
警告: なし
控え: 1小針清允、23田村直也
水戸ホーリーホック
監督: 前田秀樹
GK: 1本間幸司
DF: 4鈴木和裕、4吉本岳史、3平松大志、18金基洙
MF: 17金澤大将(77分 29眞行寺和彦)、6小椋祥平、26ビジュ、25鈴木良和(71分 13椎原拓也)
FW: 9鈴木孝明、11塩沢勝吾
得点: 塩沢勝吾(21分)
警告: なし
控え: 31原田欣庸、30中村英之、22森賢一

・J2シーズン: 29試合3勝7分19敗、得点19失点48
・J2通算: 337試合85勝74分178敗、得点301失点505
・J2順位: 最下位/13チーム(26節連続、最多更新)
・J2リーグ戦: 9試合連続未勝利、3試合連続引分

by junn-chang, Nov.22, 2019
posted by junn-chang at 06:29| 茨城 ☀| Comment(0) | 2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月21日

J2 2007 第31節 水戸ホーリーホック 0-0 ザスパ草津

公式戦455試合目(J2-336試合目)
2007年7月28日
J2 2007 第31節 水戸ホーリーホック 0-0 ザスパ草津
H 笠松 2,773人
水戸ホーリーホック
監督: 前田秀樹
GK: 1本間幸司
DF: 4鈴木和裕、4吉本岳史、3平松大志、18金基洙
MF: 13椎原拓也、6小椋祥平、26ビジュ、25鈴木良和(87分 29眞行寺和彦)
FW: 9鈴木孝明、11塩沢勝吾(75分 23遠藤敬佑)
得点: なし
警告: 塩沢勝吾(64分)、小椋祥平(70分)、眞行寺和彦(89分)
控え: 21武田博行、16木村純哉、22森賢一

ザスパ草津
監督: 植木繁晴
GK: 1本田征治
DF: 7佐田聡太郎、4田中淳、3尾本敬、2寺田武史
MF: 6鳥居塚伸人、30松下裕樹、18櫻田和樹、9高田保則
FW: 11氏原良二、35カレカ(85分 20松浦宏治)
得点: なし
警告: 松下裕樹(38分)
控え: 22北一真、17秋葉忠宏、8山崎渡、13マーロン
・J2シーズン: 28試合3勝6分19敗、得点18失点47
・J2通算: 336試合85勝73分178敗、得点300失点504
・J2順位: 最下位/13チーム(25節連続、最多更新)
・J2リーグ戦: 8試合連続未勝利

【スタジアム観戦】
公式戦スタジアム観戦177試合目
第31節、ホームでの草津戦。スコアレスドロー、またしても勝てなかった。ホーム、すなわち笠松、すなわち聖地。水戸の「聖地」笠松において昨年9月9日の徳島戦で勝利後、実に10ヶ月を経過し、今日に至るまで勝利なし。J2リーグ公式戦、18試合連続、笠松で不勝。0勝3分15敗、得点は僅かに7点。これが「聖地」での戦いなのか? それでいいのか? 結果もさることながら試合内容が、ダメ。はっきり言って、これは前田監督の提唱するアクションサッカーでは、ない。7月7日のヴェルディ戦(あれも、笠松ではなかった)で見せた、あのサッカーはどこに行ったのか? サポーターの心に残ったのは、鮮やかなオレンジ色の月と美しくもはかない花火、それだけ。

by junn-chang, Nov.21, 2019
posted by junn-chang at 06:40| 茨城 ☁| Comment(0) | 2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月20日

J2 2007 第30節 愛媛FC 0-0 水戸ホーリーホック

公式戦454試合目(J2-335試合目)
2007年7月25日
J2 2007 第30節 愛媛FC 0-0 水戸ホーリーホック
A 愛媛 2,166人
愛媛FC
監督: 望月一仁
GK: 35川北裕介
DF: 15森脇良太、10金守智哉、5星野慎悟、13関根永悟
MF: 6井上秀人、17大山俊輔(66分 16赤井秀一)、27青野大介、18江後賢一
FW: 26内村圭宏、33ジョジマール(74分 20大木勉)
得点: なし
警告: 関根永悟(29分)、星野慎悟(51分)
控え: 21佐藤昭大、22新井翔太、14藤井貴
水戸ホーリーホック
監督: 前田秀樹
GK: 1本間幸司
DF: 4鈴木和裕、4吉本岳史、3平松大志、18金基洙
MF: 17金澤大将、6小椋祥平、13椎原拓也、29眞行寺和彦(55分 25鈴木良和)
FW: 11塩沢勝吾(69分 9鈴木孝明)、27岩舘侑哉
得点: なし
警告: 金澤大将(59分)、鈴木孝明(80分)
控え: 21武田博行、22森賢一、23遠藤敬佑

・J2シーズン: 27試合3勝5分19敗、得点18失点47
・J2通算: 335試合85勝72分178敗、得点300失点504
・J2順位: 最下位/13チーム(24節連続、最多更新)
・J2リーグ戦: 7試合連続未勝利

【TV観戦】
公式戦TV観戦17試合目


by junn-chang, Nov.20, 2019
posted by junn-chang at 06:42| 茨城 ☀| Comment(0) | 2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月19日

J2 2007 第29節 水戸ホーリーホック 1-2 京都サンガ

公式戦453試合目(J2-334試合目)
2007年7月21日
J2 2007 第29節 水戸ホーリーホック 1-2 京都サンガ
H 笠松 2,579人
水戸ホーリーホック
監督: 前田秀樹
GK: 1本間幸司
DF: 4鈴木和裕、4吉本岳史、3平松大志
MF: 17金澤大将、6小椋祥平、26ビジュ、7村松潤(67分 18金基洙)、13椎原拓也(84分 29眞行寺和彦)
FW: 11塩沢勝吾、27岩舘侑哉(79分 23遠藤敬佑)
得点: 小椋祥平(56分)
警告: ビジュ(23分)、岩舘侑哉(46分)、塩沢勝吾(52分)
控え: 21武田博行、9鈴木孝明

京都サンガ
監督: 美濃部直彦
GK: 1平井直人
DF: 34平島崇、35角田誠、6森岡隆三、13三上卓哉
MF: 20倉貫一毅(84分 14中払大介)、17石井俊也、16斉藤大介、7徳重隆明(76分 22渡邉大剛)
FW: 10パウリーニョ、31田原豊(65分 9アンドレ)
得点: パウリーニョ(20分)、田原豊(49分)
警告: 平島崇(73分)
控え: 33上野秀章、5手島和希
・J2シーズン: 26試合3勝4分19敗、得点18失点47
・J2通算: 334試合85勝71分178敗、得点300失点504
・J2順位: 最下位/13チーム(23節連続、最多更新)
・J2リーグ戦: 6試合連続敗戦、6試合連続失点

【スタジアム観戦】
公式戦スタジアム観戦176試合目
第29節、ホームでの京都戦、沈黙のスタジアム。試合後、水戸コールが連呼されなくなったのはいつからだろう。ちょっと前までは連敗を重ねても試合後のホーム笠松には、水戸コールが鳴り響いて止まなかったのに。これで聖地笠松での連続未勝利は何試合になったのだろうか。


by junn-chang, Nov.19, 2019
posted by junn-chang at 06:33| 茨城 ☔| Comment(0) | 2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月18日

J2 2007 第27節 水戸ホーリーホック 0-2 湘南ベルマーレ

公式戦452試合目(J2-333試合目)
2007年7月11日
J2 2007 第27節 水戸ホーリーホック 0-2 湘南ベルマーレ
H 笠松 1,076人
水戸ホーリーホック
監督: 前田秀樹
GK: 21武田博行
DF: 4鈴木和裕、4吉本岳史、3平松大志(73分 13椎原拓也)、18金基洙
MF: 17金澤大将、6小椋祥平、26ビジュ、7村松潤
FW: 11塩沢勝吾(59分 9鈴木孝明)、27岩舘侑哉(59分 8エジナウド)
得点: なし
警告: ビジュ(23分)、金基洙(61分)、エジナウド(75分)、椎原拓也(77分)
控え: 1本間幸司、22森賢一

湘南ベルマーレ
監督: 菅野将晃
GK: 25金永基
DF: 6田村雄三、2斉藤俊秀、3ジャーン、30山口貴弘
MF: 10アジエル、15北島義生、8坂本紘司、24加藤望(76分 14永里源気)
FW: 9梅田直哉(56分 20原竜太)、11石原直樹(87分 13鈴木将太)
得点: ジャーン(85分)、アジエル(87分)
警告: なし
控え: 1伊藤友彦、5中里宏司
・J2シーズン: 25試合3勝4分18敗、得点17失点45
・J2通算: 333試合85勝71分177敗、得点299失点502
・J2順位: 最下位/13チーム(22節連続、最多更新)
・J2リーグ戦: 5試合連続敗戦、3試合連続無得点、5試合連続失点

【スタジアム観戦】
公式戦スタジアム観戦175試合目
第27節、ホームでの湘南戦、まさに失望の一戦。前節は負けながらもあれだけ良い内容でサポーターを魅力したチームが、4日後にはこうなってしまうとは。ボランチは前節で大活躍したビジュと出場停止明けの小椋を並べた4-4-2。途中、平松の負傷で椎原をボランチに投入、ビジュをセンターバックに下げたけど、ビジュは前で使いたかった。結局はビジュの闘志と武田のファインセーブ連発以外に見るべきものがなかった試合。


by junn-chang, Nov.18, 2019
posted by junn-chang at 06:27| 茨城 ☁| Comment(0) | 2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月17日

J2 2007 第26節 水戸ホーリーホック 0-1 東京ヴェルディ1969

公式戦451試合目(J2-332試合目)
2007年7月7日
J2 2007 第26節 水戸ホーリーホック 0-1 東京ヴェルディ1969
H ひたちなか 5,561人
水戸ホーリーホック
監督: 前田秀樹
GK: 21武田博行
DF: 3平松大志、4吉本岳史、5初田真也
MF: 17金澤大将、22森賢一(74分 7村松潤)、26ビジュ、13椎原拓也(81分 8エジナウド)、18金基洙
FW: 11塩沢勝吾(79分 9鈴木孝明)、27岩舘侑哉
得点: なし
警告: 岩舘侑哉(36分)、吉本岳史(72分)
控え: 1本間幸司、4鈴木和裕

東京ヴェルディ1969
監督: ラモス瑠偉
GK: 21高木義成
DF: 14富澤清太郎、2萩村滋則、4戸川健太
MF: 11大野敏隆(81分 30一柳夢吾)、22服部年宏、18海本幸治郎、10ディエゴ、3藤田泰成(67分 8永井秀樹)
FW: 9フッキ、19船越優蔵(45分 20廣山望)
得点: 永井秀樹(78分)
警告: 萩村滋則(14分)
控え: 26柴崎貴広、13佐藤悠介
・J2シーズン: 24試合3勝4分17敗、得点17失点43
・J2通算: 332試合85勝71分176敗、得点299失点500
・J2順位: 最下位/13チーム(21節連続、最多更新)
・J2リーグ戦: 4試合連続敗戦、4試合連続失点

【スタジアム観戦】
公式戦スタジアム観戦174試合目
第26節、ホームでの東京ヴェルディ戦、圧倒的に攻めながらの敗戦。七夕の夜、快晴(試合中は寒かった)、ひたちなか市民A席無料招待、そして相手はヴェルディ、と好条件が揃ったおかげで、ひたちなかに観客はなんと5,561人! ヴェルディのディエゴとフッキをどうケアするかがポイントながら、新加入のビジュ、そして初出場の森による中盤がよく押さえた。特にビジュの運動量とメンタリティはこれまでの水戸にはなかったもの。興奮するフッキに対してDF陣も飄々と対応。攻撃は早いパスでサイド、そして真ん中から突破を図る姿勢を徹底、この面白いサッカーに観客も大喜び。でもこれだけシュートを打っても、嗚呼無得点。


by junn-chang, Nov.17, 2019
posted by junn-chang at 08:09| 茨城 ☀| Comment(0) | 2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月16日

J2 2019 第41節 鹿児島ユナイテッド 1-0 水戸ホーリーホック

2019年11月16日
J2 2019 第41節 鹿児島ユナイテッド 1-0 水戸ホーリーホック
A 白波スタジアム 7,691人
鹿児島ユナイテッド
監督: 金鐘成
GK: 31大西勝a
DF: 20酒本憲幸、23水本勝成、19堤俊輔(81分 5平出涼)、24砂森和也
MF: 38中原秀人、39ニウド、11五領淳樹、16枝本雄一郎(90+2分 21八反田康平)、32牛之濱拓
FW: 28韓勇太(64分 49ルカオ)
得点: 韓勇太(44分)
警告: 酒本憲幸(45+1分)、大西勝a(82分)、中原秀人(90分)
控え: 29猿田遥己、15藤澤典隆、18野嶽惇也、33田上裕
水戸ホーリーホック
監督: 長谷部茂利
GK: 21村上昌謙
DF: 3浜崎拓磨、24細川淳矢、38宮大樹、23外山凌
MF: 17福満隆貴、18白井永地、8前寛之、10木村祐志(71分 27茂木駿佑(88分 11村田航一))
FW: 14清水慎太郎、32黒川淳史(60分 45浅野雄也)
得点: なし
警告: なし
控え: 50松井謙弥、22瀧澤修平、7志知孝明、6平野佑一

・J2シーズン: 41試合18勝13分10敗、得点55失点37
・J2通算: 858試合252勝224分382敗、得点881失点1,147
・J2順位: 8位/22チーム

【配信観戦】
ここで落とす、か。第41節アウェイ鹿児島戦、あと2試合を2連勝して昇格プレイオフ圏内確定させたい水戸、ここで、落としてしまった。あまりにも大きな敗戦。鹿児島の地に落とした勝ち点3の重みが、試合を終えた我々にじわじわと喪失感をもたらす。これで自力でのプレイオフ圏内獲得はなくなった。次節、最終戦、甲府と京都がともに未勝利かつ水戸が勝つ、この条件のみ。でもその最終戦をホームで迎えることができる、あと1試合、死力を尽くそう! 行くぞ、J1!


by junn-chang, Nov.16, 2019
posted by junn-chang at 17:51| 茨城 ☀| Comment(0) | 2019年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月15日

J2 2007 第25節 アビスパ福岡 3-0 水戸ホーリーホック

公式戦450試合目(J2-331試合目)
2007年6月30日
J2 2007 第25節 アビスパ福岡 3-0 水戸ホーリーホック
A 博多の森 8,118人
アビスパ福岡
監督: リトバルスキー
GK: 1神山竜一
DF: 20山形辰徳、2宮本亨、5長野聡、8チェッコリ
MF: 11田中佑昌(85分 19林祐征)、18山形恭平、10久藤清一(80分 6布部陽功)、16久永辰徳、3アレックス
FW: 9リンコン(82分 24釘ア康臣)
得点: 田中佑昌(19分)、リンコン(33分)、アレックス(54分)
警告: 久永辰徳(3分)、山形辰徳(72分)
控え: 30六反勇治、32柴村直弥
水戸ホーリーホック
監督: 前田秀樹
GK: 21武田博行
DF: 4鈴木和裕、3平松大志、4吉本岳史、18金基洙
MF: 17金澤大将、6小椋祥平、26ビジュ、13椎原拓也(45分 29眞行寺和彦)
FW: 11塩沢勝吾(55分 8エジナウド)、27岩舘侑哉(74分 23遠藤敬佑)
得点: なし
警告: 小椋祥平(71分)
控え: 1本間幸司、5初田真也

・J2シーズン: 23試合3勝4分16敗、得点17失点42
・J2通算: 331試合85勝71分175敗、得点299失点499
・J2順位: 最下位/13チーム(20節連続、最多更新)
・J2リーグ戦: 3試合連続敗戦、3試合連続失点

【TV観戦】
公式戦TV観戦16試合目


by junn-chang, Nov.15, 2019
posted by junn-chang at 20:17| 茨城 ☀| Comment(0) | 2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月14日

J2 2007 第24節 水戸ホーリーホック 1-3 ベガルタ仙台

公式戦449試合目(J2-330試合目)
2007年6月27日
J2 2007 第24節 水戸ホーリーホック 1-3 ベガルタ仙台
H 笠松 2,099人
水戸ホーリーホック
監督: 前田秀樹
GK: 21武田博行
DF: 4鈴木和裕、3平松大志、4吉本岳史、18金基洙
MF: 17金澤大将、6小椋祥平、7村松潤、鈴木良和(44分 13椎原拓也)
FW: 11塩沢勝吾(83分 23遠藤敬佑)、27岩舘侑哉(45分 19西野晃平)
得点: 吉本岳史(24分)
警告: 金澤大将(89分)
控え: 1本間幸司、5初田真也

ベガルタ仙台
監督: 望月達也
GK: 1小針清允
DF: 25菅井直樹、2木谷公亮、7千葉直樹、26田ノ上信也
MF: 27富田晋伍、5ジュニウソン、10梁勇基(61分 20関口訓充)、8ロペス
FW: 13中島裕希(71分 17磯崎敬太)、18萬代宏樹(81分 9中原貴之)
得点: 萬代宏樹(16分)、富田晋伍(19分)、ロペス(78分)
警告: 富田晋伍(29分)、ロペス(44分)
控え: 21萩原達郎、3渡辺広大
・J2シーズン: 22試合3勝4分15敗、得点17失点39
・J2通算: 330試合85勝71分174敗、得点299失点496
・J2順位: 最下位/13チーム(19節連続、最多更新)
・J2リーグ戦: 4試合連続得点

【スタジアム観戦】
公式戦スタジアム観戦173試合目
惜敗、でも水戸は大丈夫。深い霧がかかった笠松、でも水戸の進む道に霧はかかっていない。たとえ2連敗でも。たとえ仙台に3失点でも。前節の京都戦では、土砂降りの雨の中でも頑なにパスサッカーを志向し続け、京都のロングボール戦術に敗れ去る、という非常識的な采配も、これをやるって決めたから徹底的にやる。だから今日の仙台戦では水戸のパスサッカー(アクションサッカー?)が成熟度を高めていることは面白い。とは言え、仙台との決定力の差は明らか、ゆえに敗戦。忘れられないのは、吉本のあまりにも美しいフリーキック。


by junn-chang, Nov.14, 2019
posted by junn-chang at 06:20| 茨城 ☁| Comment(0) | 2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月13日

J2 2007 第23節 京都サンガ 2-1 水戸ホーリーホック

公式戦448試合目(J2-329試合目)
2007年6月24日
J2 2007 第23節 京都サンガ 2-1 水戸ホーリーホック
A 西京極 2,841人
京都サンガ
監督: 美濃部直彦
GK: 1平井直人
DF: 34平島崇、35角田誠、2秋田豊、13三上卓哉
MF: 20倉貫一毅(70分 22渡邉大剛)、17石井俊也、16斉藤大介、7徳重隆明(76分 14中払大介)
FW: 10パウリーニョ、31田原豊(81分 25西野泰正)
得点: 田原豊(28分)、パウリーニョ(56分)
警告: 石井俊也(42分)、倉貫一毅(67分)、西野泰正(89分)
控え: 33上野秀章、6森岡隆三
水戸ホーリーホック
監督: 前田秀樹
GK: 21武田博行
DF: 4鈴木和裕、3平松大志、4吉本岳史、18金基洙
MF: 17金澤大将、6小椋祥平、7村松潤、13椎原拓也(87分 29眞行寺和彦)
FW: 11塩沢勝吾(59分 19西野晃平)、27岩舘侑哉(81分 23遠藤敬佑)
得点: オウンゴール(49分)
警告: なし
控え: 1本間幸司、5初田真也

・J2シーズン: 21試合3勝4分14敗、得点16失点36
・J2通算: 329試合85勝71分173敗、得点298失点493
・J2順位: 最下位/13チーム(18節連続、最多更新)
・J2リーグ戦: 3試合連続得点

【TV観戦】
公式戦TV観戦15試合目


by junn-chang, Nov.13, 2019
posted by junn-chang at 06:23| 茨城 ☁| Comment(0) | 2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月12日

J2 2007 第22節 水戸ホーリーホック 3-0 愛媛FC

公式戦447試合目(J2-328試合目)
2007年6月17日
J2 2007 第22節 水戸ホーリーホック 3-0 愛媛FC
H 水戸 2,298人
水戸ホーリーホック
監督: 前田秀樹
GK: 21武田博行
DF: 4鈴木和裕、3平松大志、4吉本岳史、18金基洙
MF: 17金澤大将、6小椋祥平、7村松潤、25鈴木良和(68分 13椎原拓也)
FW: 11塩沢勝吾(80分 23遠藤敬佑)、27岩舘侑哉(72分 19西野晃平)
得点: 吉本岳史(15分)、鈴木良和(17分)、金基洙(43分)
警告: 鈴木和裕(29分)
控え: 1本間幸司、5初田真也

愛媛FC
監督: 望月一仁
GK: 1羽田敬介
DF: 15森脇良太、3近藤徹志、10金守智哉、5星野慎悟(74分 25持留新作)
MF: 6井上秀人(52分 17大山俊輔)、27青野大介、16赤井秀一、江後賢一
FW: 11田中俊也、14藤井貴(45分 26内村圭宏)
得点: なし
警告: 金守智哉(13分)、田中俊也(27分)、星野慎悟(54分)
控え: 35川北裕介、2松下幸平
・J2シーズン: 20試合3勝4分13敗、得点15失点34
・J2通算: 328試合85勝71分172敗、得点297失点491
・J2順位: 最下位/13チーム(17節連続、最多更新)

【スタジアム観戦】
公式戦スタジアム観戦172試合目
第22節にして遂にホーム初勝利! 2連勝! 最後にホームで勝利したのは前年9月9日の徳島戦以来、なんと17試合ぶり、というか9ヶ月ぶり! 前田監督が志向するアクションサッカーが何とか形になってきたか、観ていて楽しい攻撃的サッカー。決して選手層が厚いわけではなく、正直、戦力的には相当に苦しい事情ながら、ここまでやってきたことは評価に値すると思う。得点は全て前半で、吉本(PK失敗のはねかえりを冷静にゴール)、鈴木良和、そして金基洙! キャプテン吉本が復帰してからディフェンスは確かに安定。そして小椋。彼はU22日本代表戦を経て、明らかに進化、守備に定評のある「マムシ」だけでは北京には行けないと彼は実感しているのか、スルーパスの試み、自らの攻撃参加は目に見張るものがあった。そして発表されたクラブの新しいヴィジョンは、5年後(2012年)、J1!


by junn-chang, Nov.12, 2019
posted by junn-chang at 06:41| 茨城 🌁| Comment(0) | 2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月11日

J2 2019 第40節 水戸ホーリーホック 2-0 愛媛FC

2019年11月10日
J2 2019 第40節 水戸ホーリーホック 2-0 愛媛FC
H ケーズデンキスタジアム水戸 9,874人
20191110_Ibaraki_J2_Mito_Ehime_02.JPG 20191110_Ibaraki_J2_Mito_Ehime_04.JPG 20191110_Ibaraki_J2_Mito_Ehime_09.JPG

水戸ホーリーホック
監督: 長谷部茂利
GK: 21村上昌謙
DF: 3浜崎拓磨、24細川淳矢、22瀧澤修平、23外山凌
MF: 17福満隆貴(78分 27茂木駿佑)、18白井永地、8前寛之、10木村祐志
FW: 19小川航基(90+2分 11村田航一)、32黒川淳史(45分 14清水慎太郎)
得点: 小川航基(64分)、清水慎太郎(77分)
警告: 小川航基(89分)
控え: 50松井謙弥、38宮大樹、7志知孝明、25平塚悠知

愛媛FC
監督: 川井健太
GK: 1岡本昌弘
DF: 24茂木力也、2山ア浩介、4西岡大輝
MF: 8長沼洋一、16田中裕人、6野澤英之(67分 10神谷優太)、39下川陽太
FW: 7近藤貴司、18西田剛(78分 15丹羽詩温)、30禹相皓(81分 19藤本佳希)
得点: なし
警告: なし
控え: 22原裕太郎、3玉林睦実、29川村拓夢、20河原和寿
・J2シーズン: 40試合18勝13分9敗、得点55失点36
・J2通算: 857試合252勝224分381敗、得点881失点1,146
・J2順位: 4位/22チーム

【スタジアム観戦】
公式戦スタジアム観戦353試合目
ホーム2連勝、愛媛を下して再び4位に浮上! 今週も秋晴れに包まれた小吹、ホームあと2試合、J1昇格の夢を求めて訪れた観客9,800人超! しかし試合は終始愛媛ペースだった。前節同様にペースを握れなかった前半を終え、後半は黒川に代えて清水を投入するものの愛媛の流麗なパスワークに翻弄されマイボールにできない時間帯が続く。それでも相手のミスから得た幸運なPKを小川が決めて先制、そして相手の連携ミスの隙を突いた清水が独走から追加点。こんな内容の悪い試合でも勝てた意義はあまりにも大きい。いよいよあと2試合残してまだ自動昇格圏2位の可能性を残す水戸、行くぞ4連勝、行くぞ、J1!


by junn-chang, Nov.11, 2019
posted by junn-chang at 19:13| 茨城 ☁| Comment(0) | 2019年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月09日

J2 2007 第21節 モンテディオ山形 1-2 水戸ホーリーホック

公式戦446試合目(J2-327試合目)
2007年6月13日
J2 2007 第21節 モンテディオ山形 1-2 水戸ホーリーホック
A NDソフト 2,893人
モンテディオ山形
監督: 樋口靖洋
GK: 1清水健太
DF: 29須田興輔(79分 18木藤健太)、3レオナルド、4小原章吾、13石川竜也
MF: 7宮沢克行、5渡辺匠(45分 14林晃平)、19秋葉勝、10財前宣之
FW: 11豊田陽平、26北村知隆(70分 6佐々木勇人)
得点: 豊田陽平(46分)
警告: 木藤健太(86分)
控え: 21遠藤大志、9横山拓也
水戸ホーリーホック
監督: 前田秀樹
GK: 21武田博行
DF: 4鈴木和裕、3平松大志、4吉本岳史、18金基洙
MF: 17金澤大将、6小椋祥平、7村松潤、25鈴木良和
FW: 11塩沢勝吾(60分 19西野晃平)、27岩舘侑哉(60分 9鈴木孝明)
得点: 塩沢勝吾(36分)、19西野晃平(73分)
警告: 吉本岳史(49分)、鈴木孝明(65分)
控え: 1本間幸司、28加藤広樹、13椎原拓也

・J2シーズン: 19試合2勝4分13敗、得点12失点34
・J2通算: 327試合84勝71分172敗、得点294失点491
・J2順位: 最下位/13チーム(16節連続、最多更新)
・J2リーグ戦: 10試合連続失点

【TV観戦】
公式戦TV観戦14試合目


by junn-chang, Nov.9, 2019
posted by junn-chang at 06:24| 茨城 ☁| Comment(0) | 2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月08日

J2 2007 第20節 湘南ベルマーレ 2-0 水戸ホーリーホック

公式戦445試合目(J2-326試合目)
2007年6月10日
J2 2007 第20節 湘南ベルマーレ 2-0 水戸ホーリーホック
A 平塚 3,417人
湘南ベルマーレ
監督: 菅野将晃
GK: 25金永基
DF: 5中里宏司(81分 29鈴木伸貴)、6田村雄三、2斉藤俊秀、3ジャーン
MF: 10アジエル、15北島義生、8坂本紘司、24加藤望(76分 9梅田直哉)
FW: 11石原直樹、20原竜太(60分 14永里源気)
得点: アジエル(44分)、アジエル(78分)
警告: 北島義生(23分)、中里宏司(66分)
控え: 1伊藤友彦、13鈴木将太
水戸ホーリーホック
監督: 前田秀樹
GK: 21武田博行
DF: 4鈴木和裕、5初田真也(44分退場)、4吉本岳史、18金基洙(62分 9鈴木孝明)
MF: 17金澤大将、6小椋祥平、7村松潤(77分 13椎原拓也)、25鈴木良和
FW: 11塩沢勝吾(45分 3平松大志)、27岩舘侑哉
得点: なし
警告: 初田真也(1分)、初田真也(44分)
退場: 初田真也(44分)
控え: 1本間幸司、23遠藤敬佑

・J2シーズン: 18試合1勝4分13敗、得点10失点33
・J2通算: 326試合83勝71分172敗、得点292失点490
・J2順位: 最下位/13チーム(15節連続、最多更新)
・J2リーグ戦: 6試合連続未勝利、5試合連続敗戦、3試合連続無得点、9試合連続失点

【TV観戦】
公式戦TV観戦13試合目


by junn-chang, Nov.8, 2019
posted by junn-chang at 06:26| 茨城 ☀| Comment(0) | 2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月07日

J2 2007 第19節 水戸ホーリーホック 0-1 サガン鳥栖

公式戦444試合目(J2-325試合目)
2007年6月2日
J2 2007 第19節 水戸ホーリーホック 0-1 サガン鳥栖
H 笠松 1,547人
水戸ホーリーホック
監督: 前田秀樹
GK: 21武田博行
DF: 4鈴木和裕、28加藤広樹、14吉本岳史、18金基洙
MF: 17金澤大将、13椎原拓也、7村松潤、25鈴木良和
FW: 11塩沢勝吾(72分 9鈴木孝明)、27岩舘侑哉
得点: なし
警告: 岩舘侑哉(8分)、加藤広樹(45分)
控え: 31原田欽庸、5初田真也、22森賢一、23遠藤敬佑

サガン鳥栖
監督: 岸野靖之
GK: 12赤星拓
DF: 29日高拓磨、27柴小屋雄一、5飯尾和也、4吉田恵
MF: 16高地系治、6村主博正(45分 8尹晶煥)、14高橋義希、19山城純也(45分 18廣瀬浩二)
FW: 25藤田祥史、30レオナルド(72分 7山口貴之)
得点: 尹晶煥(82分)
警告: 尹晶煥(56分)、高橋義希(89分)
控え: 1浅井俊光、26長谷川豊喜
・J2シーズン: 17試合1勝4分12敗、得点10失点31
・J2通算: 325試合83勝71分171敗、得点292失点488
・J2順位: 最下位/13チーム(14節連続、最多更新)
・J2リーグ戦: 5試合連続未勝利、4試合連続敗戦、8試合連続失点

【TV観戦】
公式戦TV観戦12試合目


by junn-chang, Nov.7, 2019
posted by junn-chang at 06:35| 茨城 ☀| Comment(0) | 2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月06日

J2 2007 第18節 ザスパ草津 1-0 水戸ホーリーホック

公式戦443試合目(J2-324試合目)
2007年5月26日
J2 2007 第18節 ザスパ草津 1-0 水戸ホーリーホック
A 熊谷 3,401人
ザスパ草津
監督: 植木繁晴
GK: 1本田征治
DF: 6鳥居塚伸人、23藤井大輔、4田中淳、3尾本敬
MF: 19後藤涼(48分 20松浦宏治)、17秋葉忠宏(68分 30松下裕樹)、18櫻田和樹、15桑原剛
FW: 9高田保則、11氏原良二
得点: 高田保則(81分)
警告: 藤井大輔(31分)、桑原剛(56分)
控え: 21常澤聡、2寺田武史、8山崎渡
水戸ホーリーホック
監督: 前田秀樹
GK: 21武田博行
DF: 4鈴木和裕、28加藤広樹、32大和田真史(30分 17金澤大将)、5初田真也
MF: 25鈴木良和、13椎原拓也(63分 6小椋祥平)、7村松潤、29眞行寺和彦(73分)
FW: 9鈴木孝明、19西野晃平(79分 23遠藤敬佑)
得点: なし
警告: 加藤広樹(84分)
控え: 1本間幸司、8エジナウド

・J2シーズン: 16試合1勝4分11敗、得点10失点30
・J2通算: 324試合83勝71分170敗、得点292失点487
・J2順位: 最下位/13チーム(13節連続、最多更新)
・J2リーグ戦: 4試合連続未勝利、3試合連続敗戦、7試合連続失点

【TV観戦】
公式戦TV観戦11試合目


by junn-chang, Nov.6, 2019
posted by junn-chang at 06:21| 茨城 ☀| Comment(0) | 2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月05日

J2 2007 第17節 水戸ホーリーホック 1-3 セレッソ大阪

公式戦442試合目(J2-323試合目)
2007年5月23日
J2 2007 第17節 水戸ホーリーホック 1-3 セレッソ大阪
H 笠松 1,291人
水戸ホーリーホック
監督: 前田秀樹
GK: 21武田博行
DF: 28加藤広樹、32大和田真史、5初田真也
MF: 25鈴木良和、13椎原拓也、7村松潤、29眞行寺和彦(73分 8エジナウド)
FW: 11塩沢勝吾(83分 4鈴木和裕)、19西野晃平、27岩舘侑哉(79分 9鈴木孝明)
得点: 西野晃平(62分)
警告: 初田真也(19分)、椎原拓也(62分)
控え: 1本間幸司、22森賢一

セレッソ大阪
監督: クルピ
GK: 22吉田宗弘
DF: 13柳沢将之、14江添建次郎、5前田和哉、23丹羽竜平
MF: 4藤本康太、9古橋達弥、7アレー、18柿谷曜一朗、26香川真司
FW: 15小松塁(77分 20森島康仁)
得点: 香川真司(14分)、前田和哉(30分)、小松塁(54分)
警告: アレー(89分)
控え: 21山本浩正、2羽田憲司、16濱田武、25宮本卓也
・J2シーズン: 15試合1勝4分10敗、得点10失点29
・J2通算: 323試合83勝71分169敗、得点292失点486
・J2順位: 最下位/13チーム(12節連続、最多タイ)
・J2リーグ戦: 3試合連続未勝利、6試合連続失点

【スタジアム観戦】
公式戦スタジアム観戦171試合目
第17節、ホームでのセレッソ大阪戦、1-3で敗戦。これでホームでは15戦連続勝ちなし。前節札幌戦からチーム状態はトーンダウン、今節も全然ダメ。3バックの平均身長188cmという水戸史上最高ハイタワーDFは前線へのロングボールを多用するものの精度が悪すぎ。そして攻撃の形が全然作れなかった。というどうしようもない試合。後半の西野の技巧的な得点だけが救い。


by junn-chang, Nov.5, 2019
posted by junn-chang at 17:00| 茨城 ☀| Comment(0) | 2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月04日

J2 2019 第39節 水戸ホーリーホック 3-1 モンテディオ山形

2019年11月2日
J2 2019 第39節 水戸ホーリーホック 3-1 モンテディオ山形
H ケーズデンキスタジアム水戸 6,874人
20191102_Ibaraki_J2_Mito_Yamagata_01.JPG 20191102_Ibaraki_J2_Mito_Yamagata_09.JPG 20191102_Ibaraki_J2_Mito_Yamagata_11.JPG

水戸ホーリーホック
監督: 長谷部茂利
GK: 21村上昌謙
DF: 3浜崎拓磨、24細川淳矢、22瀧澤修平、23外山凌
MF: 17福満隆貴(79分 38宮大樹)、18白井永地、8前寛之、10木村祐志(90分 11村田航一)
FW: 14清水慎太郎(88分 19小川航基)、32黒川淳史
得点: 清水慎太郎(58分)、木村祐志(63分)、小川航基(67分)
警告: 木村祐志(32分)
控え: 50松井謙弥、7志知孝明、25平塚悠知、27茂木駿佑

モンテディオ山形
監督: 木山隆之
GK: 21櫛引政敏
DF: 23熊本雄太、3栗山直樹、5加賀健一
MF: 36柳貴博、14本田拓也(70分 39秋山大地)、17中村駿、4三鬼海
FW: 27坂元達裕、13大槻周平(74分 37高木彰人)、40山岸祐也(65分 10井出遥也)
得点: 中村駿(78分)
警告: なし
控え: 30佐藤昭大、24古部健太、35野田裕喜、18南秀仁
・J2シーズン: 39試合17勝13分9敗、得点53失点36
・J2通算: 856試合251勝224分381敗、得点879失点1,146
・J2順位: 6位/22チーム

【スタジアム観戦】
公式戦スタジアム観戦352試合目
至福の10分間は後半に訪れた。J1昇格に向けてもう一敗もできない水戸、2位の山形をホームに迎えた第39節。水戸の心臓、ヴォランチの前が3試合ぶりに復帰と思いきや、前節まで唯一リーグ戦全試合先発フル出場を続けていた志知がベンチスタート、代わりに左サイドバックには外山が入り、2トップは清水と黒川という布陣。山形の攻撃になす術なく守備に奔走させられた前半を終えて、「J1」の二文字が秋の空に遠のいてゆくの感じたサポーターも多かったはず。ところが、後半の入り方に成功した水戸が次第にペースを握り、圧巻の、そして驚喜の10分間が訪れる、清水、木村、そして小川! 特に小川が後退出場直後に1アシスト1得点、この意味は小川にとってもチームにとっても、あまりにも大きい。これで再びプレイオフ圏の6位に復帰、未知の昇格争いもあといよいよ3試合、いくぞ4連勝!


by junn-chang, Nov.4, 2019
posted by junn-chang at 22:50| 茨城 ☀| Comment(0) | 2019年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月02日

J2 2007 第16節 コンサドーレ札幌 3-0 水戸ホーリーホック

公式戦441試合目(J2-322試合目)
2007年5月19日
J2 2007 第16節 コンサドーレ札幌 3-0 水戸ホーリーホック
A 札幌ドーム 15,251人
コンサドーレ札幌
監督: 三浦俊也
GK: 28高木貴弘
DF: 3西澤淳二、4曽田雄志、15ブルーノ・クアドロス(23分 5池内友彦)、6西嶋弘之
MF: 25藤田征也(74分 8砂川誠)、17カウエ(78分16大塚真司)、18芳賀博信、29西谷正也
FW: 10ダヴィ、13中山元気
得点: ダヴィ(1分)、カウエ(31分)、曽田雄志(83分)
警告: 西嶋弘之(10分)
控え: 26佐藤優也、9石井謙伍
水戸ホーリーホック
監督: 前田秀樹
GK: 1本間幸司
DF: 4鈴木和裕、5初田真也、28加藤広樹
MF: 17金澤大将、6小椋祥平、7村松潤、25鈴木良和
FW: 11塩沢勝吾(83分 23遠藤敬佑)、19西野晃平(67分 9鈴木孝明)、27岩舘侑哉(83分 29眞行寺和彦)
得点: なし
警告: 加藤広樹(68分)
控え: 21武田博行、13椎原拓也

・J2シーズン: 14試合1勝4分9敗、得点9失点26
・J2通算: 322試合83勝71分168敗、得点291失点483
・J2順位: 最下位/13チーム
・J2リーグ戦: 5試合連続失点

【TV観戦】
公式戦TV観戦10試合目


by junn-chang, Nov.2, 2019
posted by junn-chang at 07:47| 茨城 ☀| Comment(0) | 2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月01日

J2 2007 第14節 水戸ホーリーホック 1-1 徳島ヴォルティス

公式戦440試合目(J2-321試合目)
2007年5月6日
J2 2007 第14節 水戸ホーリーホック 1-1 徳島ヴォルティス
H 笠松 1,067人
水戸ホーリーホック
監督: 前田秀樹
GK: 1本間幸司
DF: 4鈴木和裕、5初田真也、32大和田真史
MF: 17金澤大将、6小椋祥平、7村松潤、25鈴木良和
FW: 11塩沢勝吾、19西野晃平、27岩舘侑哉(62分 23遠藤敬佑)
得点: 塩沢勝吾(70分)
警告: 村松潤(25分)、大和田真史(33分)、遠藤敬佑(64分)、小椋祥平(89分)
控え: 21武田博行、13椎原拓也、29眞行寺和彦、8エジナウド

徳島ヴォルティス
監督: 今井雅隆
GK: 21島津虎史
DF: 4青葉幸洋、2河野淳吾、6西河翔吾
MF: 16挽地祐哉、17丹羽大輝、7アンドレ(66分 8ダ・シルバ)、24小山拓土(45分 11片岡功二)、19岡本竜之介
FW: 10クレベルソン(75分 29麦田和志)、18羽地登志晃
得点: クレベルソン(24分)
警告: アンドレ(40分)
控え: 30鈴木正人、23天羽良輔
・J2シーズン: 13試合1勝4分8敗、得点9失点23
・J2通算: 321試合83勝71分167敗、得点291失点480
・J2順位: 最下位/13チーム
・J2リーグ戦: 4試合連続失点

公式戦スタジアム観戦170試合目
雨の笠松で引き分け、ホーム初勝利ならず。前節、アウェイの国立で東京ヴェルディに5-1の大勝による今季初勝利を飾った水戸。今節はその勢いのままホームでの今季初勝利といきたかったものの、今回も勝利はならず。大雨の中、最後までペースを掴むことが出来ず、水戸が志向するサッカーができなかった、というのが敗因、まさに好調に水を差された感じ。同じメンバー、同じシステムで挑んだことは、このピッチでどう勝つか、のオプションがなかったといえばそれまで。前回ホームで勝ったのは、昨年の9月9日第35節の徳島戦、この日の引き分けで遂にホーム14戦連続勝ちなし。悪天候とは言えこの日も観客1,067人。観客数が増えないわけだ。


by junn-chang, Nov.1, 2019
posted by junn-chang at 06:21| 茨城 🌁| Comment(0) | 2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする