2017年06月30日

水戸ホーリーホック 試合記録【2017年6月】

水戸ホーリーホック 試合記録【2017年6月】

2017年6月3日
J2 2017 第17節 水戸ホーリーホック 2-0 大分トリニータ
H ケーズデンキスタジアム水戸 3,778人
水戸ホーリーホック
監督: 西ケ谷隆之
GK: 笠原昴史
DF: 浜崎拓磨、細川淳矢、福井諒司、佐藤祥
MF: 佐藤和弘、内田航平(66分 白井永地)、橋本晃司(81分 今瀬淳也)、外山凌(59分 船谷圭祐)
FW: 林陵平、前田大然
得点: 前田大然(80分)、林陵平(88分)
警告: 細川淳矢(41分)、佐藤祥(90+1分)
控え: 小泉勇人、田向泰輝、清水貴文、萬代宏樹

大分トリニータ
監督: 片野坂知宏
GK: 上福元直人
DF: 鈴木義宣、竹内彬、福森直也
MF: 岸田翔平、川西翔太、鈴木惇、山岸智(64分 國分伸太郎)
FW: 後藤優介、吉平翼(57分 三平和司)、伊佐耕平(82分 林容平)
得点: なし
警告: なし
控え: 高木駿、岩田智輝、黒木恭平、前田凌佑
【TV観戦】
前田! 林! 2-0で2連勝!フォアチェックはJ2での必須事項ではあるものの、前田の最前線でのボール奪取率は半端でない。この試合の2得点もその姿勢が起点となっての結果。かなり苦戦した試合を2-0の勝利に導いたのは前田ゆえ、そして最終盤で船谷も、(フル出場した)佐藤和弘もが相手GKにプレッシャーをかけ続けた光景すら前田効果と言える、か。試合を観ることが楽しい今の水戸。これでクラブ新記録の10戦負けなし!

2017年6月11日
J2 2017 第18節 松本山雅 0-1 水戸ホーリーホック
A 松本平広域公園総合球技場 11,004人
松本山雅
監督: 反町康治
GK: 鈴木智幸
DF: 田中隼磨、飯田真輝、後藤圭太、橋内優也
MF: 安川有(72分 安藤淳)、岩間雄大、宮阪政樹、石原崇兆
FW: 高崎寛之(77分 三島康平)、工藤浩平(86分 セルジーニョ)
得点: なし
警告: 岩間雄大(74分)、田中隼磨(82分)
控え: ゴ・ドンミン、當間建文、パウリーニョ、山本大貴
水戸ホーリーホック
監督: 西ケ谷隆之
GK: 笠原昴史
DF: 浜崎拓磨、細川淳矢、福井諒司、佐藤祥
MF: 佐藤和弘(70分 今瀬淳也)、内田航平、橋本晃司(88分 パウロン)、外山凌(62分 山村佑樹)
FW: 林陵平、白井永地
得点: 福井諒司(70分)
警告: 細川淳矢(41分)、佐藤祥(90+1分)
控え: 小泉勇人、齊藤隆成、清水貴文、船谷圭祐

【TV観戦】
3連勝! 福井、渾身のヘッド! これまで一度も勝ったことのない松本にアウェイで挑んだ一戦、しかもレンタル元との対戦故に絶好調のスピードスター前田レスという皮肉な状況下で、2トップの1角に白井を置いた水戸。全く主導権を握れないまま劣勢を強いられたのはある意味で想定内。耐えに耐えた中、この日もクリエイティヴなプレイでチームの中心となっていた橋本のフリーキックに頭で合わせた福井の虎の子の1点を守りきり、プラン通りの勝利。しかもかつて水戸のエースとして君臨した高崎、三島を完封、この1勝の価値はあまりにも大きい。これでクラブ記録を更新する11戦負けなし!

2017年6月17日
J2 2017 第19節 水戸ホーリーホック 3-1 ジェフユナイテッド市原千葉
H ケーズデンキスタジアム水戸 5,666人
水戸ホーリーホック
監督: 西ケ谷隆之
GK: 笠原昴史
DF: 浜崎拓磨(58分 パウロン)、細川淳矢、今瀬淳也、佐藤祥
MF: 佐藤和弘(90+1分 伊藤槙人)、内田航平(73分 白井永地)、橋本晃司、外山凌
FW: 林陵平、前田大然
得点: 橋本晃司(39分)、佐藤和弘(46分)、林陵平(62分)
警告: 内田航平(41分)、伊藤槙人(90+4分)
控え: 小泉勇人、湯澤陽介、船谷圭祐、山村佑樹

ジェフユナイテッド市原千葉
監督: フアン・エスナイデル
GK: 山本海人
DF: 近藤直也、岡野洵、山本真希、乾貴哉
MF: 佐藤勇人、町田也真人(76分 菅嶋弘希)、高橋壱晟(54分 熊谷アンドリュー)
FW: 指宿洋史、船山貴之(55分 ラリベイ)、清武功暉
得点: 清武功暉(90+2分)
警告: 乾貴哉(28分)、岡野洵(77分)、佐藤勇人(86分)
控え: 佐藤優也、大久保裕樹、キム・ボムヨン、アランダ
【TV観戦】
2012年以来、5年振りの4連勝! そしてクラブ記録を更新する12戦負けなし! いまだかつてない軌道を走りながら進化(深化)する水戸が証明し続ける西ケ谷イズム、そして深める自信。ハイラインのパスサッカーで脅威の保持率をみせる不思議な千葉を完全迎撃。橋本の得点も、佐藤和弘の得点も凄かったけど、シュートゼロにも関わらず圧倒的な存在感と走力を見せつけた前田、ファインセーヴを連発した笠原、激しい上下動で初のフルタイム出場を果たした外山、と言い出せば全員の名を挙げなければならないほど、有機的なチーム力をみせた水戸の圧巻劇場。

2017年6月21日
天皇杯 2017 2回戦 水戸ホーリーホック 延長1-2 ロアッソ熊本
H ケーズデンキスタジアム水戸 968人
水戸ホーリーホック
監督: 西ケ谷隆之
GK: 本間幸司
DF: 伊藤槙人、パウロン、齊藤隆成
MF: 白井永地、田中恵太(115分 外山凌)、船谷圭祐、湯澤洋介、斉藤翔太(69分 清水貴文)
FW: 山村佑樹、宮本拓弥(75分 萬代宏樹)
得点: 伊藤槙人(10分)
警告: なし
控え: 笠原昴史、今瀬淳也、佐藤和弘、クォン・ヨンジン

ロアッソ熊本
監督: 池谷友良
GK: 畑実
DF: 黒木晃平、イム・ジンウ、村上巧(45分 植田龍仁朗)、三鬼海(112分 光永祐也)
MF: 米原秀亮、上里一将、上村周平
FW: 中山雄登(70分 八久保颯)、巻誠一郎、菅沼実
得点: 上里一将(73分)、菅沼実(118分)
警告: 米原秀亮(25分)、植田龍仁朗(50分)
控え: 野村政孝、岡本賢明、上原拓郎、西塔恵太

2017年6月25日
J2 2017 第20節 水戸ホーリーホック 2-1 カマタマーレ讃岐
H ケーズデンキスタジアム水戸 3,028人
水戸ホーリーホック
監督: 西ケ谷隆之
GK: 笠原昴史
DF: 浜崎拓磨、細川淳矢、福井諒司、佐藤祥
MF: 今瀬淳也(75分 白井永地)、内田航平、佐藤和弘(89分 船谷圭祐)、外山凌(75分 湯澤洋介)
FW: 林陵平、前田大然
得点: 湯澤洋介(78分)、船谷圭祐(90+2分)
警告: 佐藤祥(84分)
控え: 本間幸司、伊藤槙人、パウロン、山村佑樹

カマタマーレ讃岐
監督: 北野誠
GK: 清水健太
DF: 市村篤司(83分 武田有祐)、エブソン、李栄直、高木和正
MF: 渡邉大剛(74分 岡村和哉)、山本翔平(83分 西弘則)、永田亮太、仲間隼斗
FW: 馬場賢治、原一樹
得点: 仲間隼斗(73分)
警告: なし
控え: 松原修平、中島大貴、綱田大志、森川裕基
【スタジアム観戦】
船谷、ロスタイムにフリーキックでの劇的逆転弾! 2000年シーズン以来(17年ぶり!)の5連勝達成! 遂に4位浮上。この(水戸サポにとって)歴史的な試合をスタジアムで観戦できることの幸福(幸運にも一時帰国、今シーズン国内の試合初観戦)。でも観客は何故か3,242人という寂しさに、試合内容はなお一層の寂しさ。この大事な試合に橋本レスで挑んだ水戸は、ヴォランチに内田と今瀬を配置、これが攻撃を組み立てられず、タメを作れず、前線への効果的なパスも皆無という、水戸らしい連動性の高いサッカーはどこに?な状態。そして後半、遂に失点。この時点でこの試合をひっくり返すなんて誰が想像しただろう(それぐらい良くなかった)。ところがここから西ヶ谷采配が冴える、今瀬と外山を下げて湯沢と白井を投入、その僅か3分後、前田が奪ったボールを湯沢がドリブルで切り崩しそのまま得点! 更に89分に投入された船谷(そう、いつもならパウロン投入のところを、この日は船谷、つまりは絶対に勝つという意思)が、ロスタイムに劇的フリーキック弾! 圧巻の西ヶ谷劇場に包まれた小吹。思い起こせば、17年前、あのときは5連勝中4試合がVゴール、ホームスタジアムで試合ができず、5連勝目は日立での甲府戦、Vゴールは村田だった。さあ、次でクラブ新記録に挑もう!

by junn-chang, Jun.30, 2017
posted by junn-chang at 22:38| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球団水戸葵戦記 2017年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

J2 2017 第20節 水戸ホーリーホック 2-1 カマタマーレ讃岐

【水戸ホーリーホック スタジアム観戦記 2017年】

20170625_mito_sanuki_1.JPG   20170625_mito_sanuki_2.JPG   20170625_mito_sanuki_3.JPG
2017年6月25日
【スタジアム観戦 - 水戸公式戦スタジアム観戦329試合目】
J2 2017 第20節 水戸ホーリーホック 2-1 カマタマーレ讃岐
H ケーズデンキスタジアム水戸 3,028人
水戸ホーリーホック
監督: 西ケ谷隆之
GK: 笠原昴史
DF: 浜崎拓磨、細川淳矢、福井諒司、佐藤祥
MF: 今瀬淳也(75分 白井永地)、内田航平、佐藤和弘(89分 船谷圭祐)、外山凌(75分 湯澤洋介)
FW: 林陵平、前田大然
得点: 湯澤洋介(78分)、船谷圭祐(90+2分)
警告: 佐藤祥(84分)
控え: 本間幸司、伊藤槙人、パウロン、山村佑樹

カマタマーレ讃岐
監督: 北野誠
GK: 清水健太
DF: 市村篤司(83分 武田有祐)、エブソン、李栄直、高木和正
MF: 渡邉大剛(74分 岡村和哉)、山本翔平(83分 西弘則)、永田亮太、仲間隼斗
FW: 馬場賢治、原一樹
得点: 仲間隼斗(73分)
警告: なし
控え: 松原修平、中島大貴、綱田大志、森川裕基
【スタジアム観戦】
船谷、ロスタイムにフリーキックでの劇的逆転弾! 2000年シーズン以来(17年ぶり!)の5連勝達成! 遂に4位浮上。この(水戸サポにとって)歴史的な試合をスタジアムで観戦できることの幸福(幸運にも一時帰国、今シーズン国内の試合初観戦)。でも観客は何故か3,242人という寂しさに、試合内容はなお一層の寂しさ。この大事な試合に橋本レスで挑んだ水戸は、ヴォランチに内田と今瀬を配置、これが攻撃を組み立てられず、タメを作れず、前線への効果的なパスも皆無という、水戸らしい連動性の高いサッカーはどこに?な状態。そして後半、遂に失点。この時点でこの試合をひっくり返すなんて誰が想像しただろう(それぐらい良くなかった)。ところがここから西ヶ谷采配が冴える、今瀬と外山を下げて湯沢と白井を投入、その僅か3分後、前田が奪ったボールを湯沢がドリブルで切り崩しそのまま得点! 更に89分に投入された船谷(そう、いつもならパウロン投入のところを、この日は船谷、つまりは絶対に勝つという意思)が、ロスタイムに劇的フリーキック弾! 圧巻の西ヶ谷劇場に包まれた小吹。思い起こせば、17年前、あのときは5連勝中4試合がVゴール、ホームスタジアムで試合ができず、5連勝目は日立での甲府戦、Vゴールは村田だった。さあ、次でクラブ新記録に挑もう!

by junn-chang, Jun.25, 2017
posted by junn-chang at 23:14| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球団水戸葵戦記 2017年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月01日

小泉勇人(Yuto Koizumi)

小泉勇人(Yuto Koizumi)

2017年から2018年に水戸ホーリーホックに在籍したGK


1995年9月14日生まれ、茨城県出身。
2011年、鹿島アントラーズユースに入団。
2012年、2年生、U-18プレミアリーグEast 2試合出場0得点。
2013年、3年生、U-18プレミアリーグEast 18試合出場0得点、日本クラブユース選手権3試合出場0得点。
2013年4月、J1の鹿島アントラーズのトップチームに2種登録。
2014年、J1の鹿島アントラーズのトップチームに昇格、2年半在籍。
2014年、在籍1年目、公式戦出場なし。
2014年、JリーグU-22選抜に選出、J3リーグ戦1試合出場0得点。
2014年4月6日、J3第5節YSCC戦でJ3リーグ戦初出場。
2015年、在籍2年目、公式戦出場なし。
2015年、JリーグU-22選抜に選出。
2016年、在籍3年目、公式戦出場なし。
2017年、在籍4年目、公式戦出場なし。
2017年5月、J2の水戸ホーリーホックに期限付き移籍。1年間在籍。
2017年、在籍1年目、公式戦出場なし。
2018年、在籍2年目(完全移籍)、公式戦出場なし。

2018年6月、J3のグルージャ盛岡に期限付き移籍、半年間在籍。J3リーグ戦12試合出場0得点。
2019年、J3のザスパクサツ群馬に移籍。

【水戸ホーリーホック在籍期間】

2017年 - 2018年

【水戸ホーリーホック公式戦出場記録】

2017年 J2リーグ戦: 出場なし、天皇杯: 出場なし
2018年 J2リーグ戦: 出場なし、天皇杯: 出場なし

通 算 公式戦: 出場なし
    J2リーグ戦: 出場なし
    天皇杯: 出場なし

【出場記録】
(◎フル出場 ▽途中交代 ▲途中出場 ★得点 n/a不明)

■2011年 鹿島アントラーズユース 1年生
プリンスリーグU-18関東1部: (優勝/10チーム: プレミアリーグ昇格)
Jユース杯:(ベスト8)

■2012年 鹿島アントラーズユース 2年生
U-18プレミアリーグ East: 2試合出場0得点(7位/10チーム)
日本クラブユース選手権: 出場なし(ベスト8)
Jユース杯: (2回戦敗退)
2012.07.01 U-18プレミアリーグ 2012 第7節 △1-1 三菱養和 ◎
2012.07.08 U-18プレミアリーグ 2012 第8節 ○2-1 旭川実業高校 ◎

■2013年 鹿島アントラーズユース 3年生
U-18プレミアリーグ East: 18試合出場0得点(8位/10チーム)
日本クラブユース選手権: 3試合出場0得点(グループリーグ敗退)
Jユース杯:(ベスト8)
2013.04.07 U-18プレミアリーグ 2013 第1節 ○3-1 JFAアカデミー福島 ◎
2013.04.14 U-18プレミアリーグ 2013 第2節 ●1-2 清水 ◎
2013.04.21 U-18プレミアリーグ 2013 第3節 ●0-2 青森山田高校 ◎
2013.04.28 U-18プレミアリーグ 2013 第4節 △3-3 東京V ◎
2013.05.04 U-18プレミアリーグ 2013 第5節 ●1-3 三菱養和 ◎
2013.05.12 U-18プレミアリーグ 2013 第6節 ○3-1 静岡学園高校 ◎
2013.06.30 U-18プレミアリーグ 2013 第7節 ●0-1 桐光学園高校 ◎
2013.07.07 U-18プレミアリーグ 2013 第8節 ●0-7 流通経済大学付属柏高校 ◎
2013.07.21 U-18プレミアリーグ 2013 第9節 ●0-1 札幌 ◎
2013.07.25 日本クラブユース選手権 2013 Group-A △1-1 三菱養和 ◎
2013.07.26 日本クラブユース選手権 2013 Group-A ●1-3 磐田 ◎
2013.07.28 日本クラブユース選手権 2013 Group-A △2-2 京都 ◎
2013.08.27 U-18プレミアリーグ 2013 第10節 ●0-3 JFAアカデミー福島 ◎
2013.09.01 U-18プレミアリーグ 2013 第11節 ●1-3 清水 ◎
2013.09.08 U-18プレミアリーグ 2013 第12節 ○2-1 青森山田高校 ◎
2013.09.22 U-18プレミアリーグ 2013 第13節 ○3-1 三菱養和 ◎
2013.09.29 U-18プレミアリーグ 2013 第14節 ●2-3 東京V ◎
2013.10.05 U-18プレミアリーグ 2013 第15節 ○2-1 静岡学園高校 ◎
2013.11.24 U-18プレミアリーグ 2013 第16節 ○7-1 桐光学園高校 ◎
2013.12.01 U-18プレミアリーグ 2013 第17節 △1-1 流通経済大学付属柏高校 ◎
2013.12.08 U-18プレミアリーグ 2013 第18節 △1-1 札幌 ◎

■2013年 鹿島アントラーズ(J1) 背番号37(2種登録)
J1リーグ戦: 出場なし(5位/18チーム)
Jナビスコ杯: 出場なし(ベスト8)
スルガ銀行チャンピオンシップ: 出場なし(優勝)
天皇杯: 出場なし(ベスト16)

■2014年 鹿島アントラーズ(J1) 背番号31
J1リーグ戦: 出場なし(3位/18チーム)
Jナビスコ杯: 出場なし(グループリーグ敗退)
天皇杯: 出場なし(2回戦敗退)

■2014年 JリーグU-22選抜(J3) 
J3リーグ戦: 1試合出場0得点(10位/12チーム)
2014.04.06 J3-1 J3 2017 第5節 ○2-0 YSCC ▲45
【J3リーグ戦初出場】

■2015年 鹿島アントラーズ(J1) 背番号31
J1リーグ戦: 出場なし(5位/18チーム)
Jナビスコ杯: 出場なし(優勝)
AFCアジアチャンピオンズリーグ: 出場なし(グループリーグ敗退)
天皇杯: 出場なし(3回戦敗退)

■2016年 鹿島アントラーズ(J1) 背番号31
J1リーグ戦: 出場なし(優勝/18チーム)
Jルヴァン杯: 出場なし(グループリーグ敗退)
スルガ銀行チャンピオンシップ: 出場なし(準優勝)
FIFAクラブワールドカップ: 出場なし(準優勝)
天皇杯: 出場なし(優勝)

■2017年 鹿島アントラーズ(J1) 背番号31
J1リーグ戦: 出場なし(準優勝/18チーム)
富士ゼロックススーパーカップ: 出場なし(優勝)
AFCアジアチャンピオンズリーグ: 出場なし(ベスト16)

■2017年 水戸ホーリーホック(J2) 背番号40
J2リーグ戦: 出場なし(14位/22チーム)
天皇杯: 出場なし(2回戦敗退)

■2018年 水戸ホーリーホック(J2) 背番号21
J2リーグ戦: 出場なし(10位/22チーム)
天皇杯: 出場なし(3回戦敗退)


■2018年 グルージャ盛岡(J3) 背番号32
J3リーグ戦: 12試合出場0得点(13位/17チーム)
2018.07.22 J3-2 J3 2018 第19節 ○2-1 G大阪U-23 ◎
2018.08.25 J3-3 J3 2018 第20節 ●2-5 琉球 ◎
2018.09.02 J3-4 J3 2018 第21節 ●1-2 秋田 ◎
2018.09.09 J3-5 J3 2018 第22節 △3-3 鳥取 ◎
2018.09.16 J3-6 J3 2018 第23節 ●0-3 沼津 ◎
2018.09.21 J3-7 J3 2018 第24節 ○1-0 群馬 ◎
2018.09.30 J3-8 J3 2018 第25節 △2-2 福島 ◎
2018.10.07 J3-9 J3 2018 第26節 ●1-2 藤枝 ◎
2018.10.14 J3-10 J3 2018 第27節 ○2-1 富山 ◎
2018.10.20 J3-11 J3 2018 第28節 ●0-1 鹿児島 ◎
2018.10.28 J3-12 J3 2018 第29節 ●1-2 北九州 ◎
2018.11.03 J3-13 J3 2018 第30節 ●0-2 FC東京U-23 ◎

■2019年 ザスパクサツ群馬(J3) 背番号1
J3リーグ戦:

by junn-chang, Jun.1, 2017
Last Update, Jan.19, 2019
posted by junn-chang at 20:21| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 在籍選手・監督全記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする