2019年10月17日

J2 2007 第3節 水戸ホーリーホック 1-3 ザスパ草津

公式戦429試合目(J2-310試合目)
2007年3月17日
J2 2007 第3節 水戸ホーリーホック 1-3 ザスパ草津
H 笠松 1,684人
水戸ホーリーホック
監督: 前田秀樹
GK: 1本間幸司
DF: 17金澤大将、3平松大志、4鈴木和裕、32大和田真史
MF: 29眞行寺和彦、6小椋祥平、7村松潤、13椎原拓也(65分 23遠藤敬佑)
FW: 9鈴木孝明、19西野晃平
得点: 眞行寺和彦(8分)
警告: 眞行寺和彦(46分)、村松潤(65分)、鈴木和裕(72分)
控え: 31原田欣庸、18金基洙、8エジナウド、27岩舘侑哉

ザスパ草津
監督: 植木繁晴
GK: 1本田征治
DF: 7佐田聡太郎、5チカ、4田中淳、3尾本敬
MF: 6鳥居塚伸人、17秋葉忠宏、18櫻田和樹、8山崎渡(84分 15桑原剛)
FW: 9高田保則、19後藤涼(72分 20松浦宏治)
得点: 櫻田和樹(48分)、チカ(60分)、松浦宏治(89分)
警告: 尾本敬(49分)
控え: 21常澤聡、2寺田武史、11氏原良二
・J2シーズン: 2試合0勝0分2敗、得点1失点4
・J2通算: 310試合82勝67分161敗、得点282失点461
・J2順位: 11位/13チーム
・J2リーグ: 5試合連続未勝利、3試合連続敗戦、7試合連続失点

【スタジアム観戦】
公式戦スタジアム観戦164試合目
開幕2連敗。開幕戦は負けたものの今シーズンに期待を抱かせる出来、かつ第2節は試合なしで休養充分で迎えたホームでの北関東ダービーマッチ。それなのに。眞行寺が冷静に決めた先制ゴールで1-0で終えた前半はまだしも、後半早々の失点から一気に選手のクオリティとテンションが下がってしまい、まるでスタジアムを包む冷えきった空気に同化したかのよう。後半は明らかに攻撃が手詰まりだったにも関わらず、岩舘もエジナウドも投入しなかった采配にも疑問。


by junn-chang, Oct.17, 2019
posted by junn-chang at 06:28| 茨城 ☀| Comment(0) | 2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月16日

J2 2007 第1節 水戸ホーリーホック 0-1 モンテディオ山形

公式戦428試合目(J2-309試合目)
2007年3月4日
J2 2007 第1節 水戸ホーリーホック 0-1 モンテディオ山形
H 笠松 6,543人
水戸ホーリーホック
監督: 前田秀樹
GK: 1本間幸司
DF: 17金澤大将、3平松大志、4鈴木和裕、32大和田真史
MF: 25鈴木良和、6小椋祥平、7村松潤、29眞行寺和彦(88分 27岩舘侑哉)
FW: 9鈴木孝明、19西野晃平(79分 8エジナウド)
得点: なし
警告: なし
控え: 31原田欣庸、18金基洙、13椎原拓也

モンテディオ山形
監督: 樋口靖洋
GK: 1清水健太
DF: 17木村誠、3レオナルド、4小原章吾、13石川竜也
MF: 7宮沢克行(66分 16臼井幸平)、5渡辺匠、19秋葉勝、10財前宣之
FW: 11豊田陽平(83分 14林晃平)、26北村知隆(89分 9横山拓也)
得点: 渡辺匠(76分)
警告: 豊田陽平(27分)、秋葉勝(33分)、財前宣之(64分)
控え: 21遠藤大志、22園田拓也
・J2シーズン: 1試合0勝0分1敗、得点0失点1
・J2通算: 309試合82勝67分160敗、得点281失点458
・J2順位: 9位/13チーム
・J2リーグ: 4試合連続未勝利、6試合連続失点

【スタジアム観戦】
公式戦スタジアム観戦163試合目
開幕戦、惜敗。3月初旬とは思えない暖かさの中、ホーム笠松で迎えた2007シーズン開幕戦。相手は今年も山形。サポーター同士が友好的な関係にあるため、試合前のエール交換も楽しみの一つで「一緒に上がろう、J1!」が笠松に響く。さて、肝心の試合は、1週間前の鹿島戦での大敗が嘘のように、立て直してきた水戸。開始早々から積極的な攻撃を仕掛け、前半3分で3度のコーナーキックを得るなど、試合の入り方は良かった。新加入でセンターバックに入った鈴木和裕の安定感と正確なロングフィード、右サイドの金澤と鈴木良のコンビネーションの良さ、小椋と椎原のヴォランチの豊富な運動量など、希望を感じさせる今年の水戸。しかし、76分に失点した後は、急に水戸のクオリティが下がったのはいただけない、そしてそのまま0-1で敗戦。


by junn-chang, Oct.16, 2019
posted by junn-chang at 06:28| 茨城 ☁| Comment(0) | 2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月15日

いばらきサッカーフェスティバル 2007 水戸ホーリーホック 0-4 鹿島アントラーズ

2007年2月25日
いばらきサッカーフェスティバル 2007 水戸ホーリーホック 0-4 鹿島アントラーズ
H 笠松 8,239人
水戸ホーリーホック
監督: 前田秀樹
GK: 1本間幸司
DF: 3平松大志(80分 5初田真也)、4鈴木和裕、32大和田真史、17金澤大将(80分 10金東燦)
MF: 29眞行寺和彦(57分 8エジナウド)、6小椋祥平、13椎原拓也(18金基洙)、7村松潤
FW: 9鈴木孝明(66分 27岩舘侑哉)、19西野晃平(66分 11塩沢勝吾)
得点: なし
警告: 椎原拓也(28分)
控え:

鹿島アントラーズ
監督: オズワルド・オリヴェイラ
GK: 21曽ヶ端準
DF: 2内田篤人、3岩政大樹、5ファボン、7新井場徹(66分 22石神直哉)
MF: 16中後雅喜(77分 32吉澤佑哉)、8野沢拓也、10本山雅志、11ダニーロ(25分 25遠藤康)
FW: 18マルキーニョス(71分 17興梠慎三)、13柳沢敦(71分 9田代有三)
得点: 野沢拓也(24分)、マルキーニョス(37分)、柳沢敦(48分)、中後雅喜(50分)
警告: 新井場徹(11分)
いばらきサッカーフェスティバル通算: 3試合0勝0分3敗、得点1失点8

【スタジアム観戦】
プレシーズンマッチでの茨城ダービー、3度目の開催は初のホーム笠松。そして今年も鹿島に完敗。元々のチーム力の差は仕方がないにしても、鹿島が新戦力のフィット感を確かめながらの試合だったのに対し、水戸は今年も大幅に変わったメンバーが未だ固定されず手探り状態。リーグ戦開幕まであと1週間の段階でチームの仕上がりの差は明らか。焦燥感だけが残った試合。


by junn-chang, Oct.15, 2019
posted by junn-chang at 06:32| 茨城 ☔| Comment(0) | 2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月14日

J2 2019 第36節 柏レイソル 2-3 水戸ホーリーホック

2019年10月14日
J2 2019 第36節 柏レイソル 2-3 水戸ホーリーホック
A 三協フロンティア柏スタジアム 9,260人
柏レイソル
監督: ネルシーニョ
GK: 23中村航輔
DF: 18瀬川祐輔、15染谷悠太、50山下達也、33高橋峻希
MF: 9クリスティアーノ、27三原雅俊(63分 17手塚康平)、7大谷秀和、22マテウス・サヴィオ
FW: 10江坂任(84分 19ガブリエル)、31ジュニオール・サントス(72分 39細谷真大)
得点: 染谷悠太(15分)、クリスティアーノ(44分)
警告: なし
控え: 16滝本晴彦、2鎌田次郎、37鵜木郁哉
水戸ホーリーホック
監督: 長谷部茂利
GK: 21村上昌謙
DF: 3浜崎拓磨(76分 13岸田翔平)、24細川淳矢、38宮大樹、7志知孝明
MF: 17福満隆貴、18白井永地、8前寛之、10木村祐志(90+3分 45浅野雄也)
FW: 11村田航一、14清水慎太郎(84分 22瀧澤修平)
得点: 木村祐志(32分)、浜崎拓磨(37分)、清水慎太郎(76分)
警告: 前寛之(44分)
控え: 50松井謙弥、6平野佑一、32黒川淳史、9ジョー

・J2シーズン: 36試合16勝12分8敗、得点48失点32
・J2通算: 853試合250勝223分380敗、得点874失点1,142
・J2順位: 5位/22チーム

【配信観戦】
首位柏に逆転勝ち! 5位に浮上! 台風19号の影響で2日延期となったアウェイ、雨の柏戦、2試合連続3失点で今シーズン初の連敗を喫した前節から流れを変えた水戸は、GK村上(!)とDF浜崎がリーグ戦初先発。これが功を奏し、先制点を許しながらもアグレッシヴに水戸のサッカーを展開、そして躍動する浜崎、1得点1アシストの大活躍。前半で追いつかれても後半は清水の得点で引き離す勝負強さ。小川が不在、黒川はベンチのまま、という試合で首位柏に一歩も引かずに勝利、というその意味はあまりにも大きい。J1昇格へここからの未知のラストスパートに、伸びしろが見えて来た。まだまだ食らい付いて行くぞ、J1へ。


by junn-chang, Oct.14, 2019
posted by junn-chang at 20:43| 茨城 ☁| Comment(0) | 2019年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月13日

J2 2006 第52節 モンテディオ山形 5-1水戸ホーリーホック

公式戦427試合目(J2-308試合目)
2006年12月2日
J2 2006 第52節 モンテディオ山形 5-1水戸ホーリーホック
A 山形 3,878人
モンテディオ山形
監督: 樋口靖洋
GK: 21清水健太
DF: 17木村誠、3レオナルド、4小原章吾、26木藤健太
MF: 6佐々木勇人(73分 6高橋健二)、19秋葉勝、8永井篤志、31宮沢克行(81分 28財前宣之)
FW: 9レアンドロ、20根本亮助(81分 11原竜太)
得点: レアンドロ(3分)、佐々木勇人(14分)、宮沢克行(37分)、木村誠(61分)、秋葉勝(78分)
警告: なし
控え: 1桜井繁、5渡辺匠
水戸ホーリーホック
監督: 前田秀樹
GK: 1本間幸司
DF: 3平松大志、14吉本岳史、4河野淳吾、32大和田真史
MF: 22桑原剛(42分 11塩沢勝吾)、25鈴木良和(56分 18金基洙)、13椎原拓也、29眞行寺和彦
FW: 9アンデルソン(71分 27岩舘侑哉)、19西野晃平
得点: アンデルソン(25分)
警告: 河野淳吾(17分)
控え: 21武田博行、26斉藤乙

・J2シーズン: 48試合14勝9分25敗、得点48失点69
・J2通算: 308試合82勝67分159敗、得点281失点457
・J2順位: 10位/13チーム
・J2リーグ: 3試合連続未勝利、5試合連続失点

by junn-chang, Oct.13, 2019
posted by junn-chang at 07:54| 茨城 ☁| Comment(0) | 2006年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月12日

J2 2006 第51節 水戸ホーリーホック 1-1 ザスパ草津

公式戦426試合目(J2-307試合目)
2006年11月26日
J2 2006 第51節 水戸ホーリーホック 1-1 ザスパ草津
H 笠松 3,116人
水戸ホーリーホック
監督: 前田秀樹
GK: 1本間幸司
DF: 3平松大志、14吉本岳史、4河野淳吾、18金基洙
MF: 25鈴木良和、6小椋祥平、8権東勇介(68分 29眞行寺和彦)、22桑原剛(83分 11塩沢勝吾)
FW: 9アンデルソン、19西野晃平
得点: 西野晃平(49分)
警告: なし
控え: 21武田博行、32大和田真史、16木村純哉

ザスパ草津
監督: 植木繁晴
GK: 1高木貴弘
DF: 7佐田聡太郎、5チカ、25田中淳、11寺田武史
MF: 6鳥居塚伸人、15中井義樹(71分 19後藤涼)、18櫻田和樹(61分13山崎渡)、10島田裕介
FW: 9高田保則、24太田恵介
得点: 高田保則(79分)
警告: 鳥居塚伸人(31分)、チカ(89分)
控え: 22北一真、3依田光正、30秋葉忠宏
・J2シーズン: 47試合14勝9分24敗、得点47失点64
・J2通算: 307試合82勝67分158敗、得点280失点452
・J2順位: 10位/13チーム
・J2リーグ: 4試合連続失点

【スタジアム観戦】
公式戦スタジアム観戦162試合目
ホーム最終戦を勝利で飾れず。最後にホームでの勝利は9月9日の徳島戦ゆえに約3ヶ月近くホームで未勝利のままシーズン終了となってしまった。大和田をベンチに置いて、キャプテン吉本を久々に先発起用、アンデルソンと西野の2トップという布陣、最も機能していたのは両サイドの鈴木と金基洙か。適切なポジショニングとパスカット、丁寧なパス、そして時折見せる攻め上がりは良かった。前線では、西野の高さとアンデルソンのキープ力、という持ち味は出ていたものの決定機は少ないまま。均衡した試合はお互い決定機の乏しい内容ながら、後半49分、西野の突破から得たPKを自ら決めて先制! でもホーム最終戦勝利まであと10分を守りきれず痛恨の失点でドロー。これで最終節アウェイの山形戦を残してシーズン終了。


by junn-chang, Oct.12, 2019
posted by junn-chang at 08:10| 茨城 ☔| Comment(0) | 2006年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月11日

J2 2006 第49節 水戸ホーリーホック 0-1 コンサドーレ札幌

公式戦425試合目(J2-306試合目)
2006年11月18日
J2 2006 第49節 水戸ホーリーホック 0-1 コンサドーレ札幌
H 笠松 3,526人
水戸ホーリーホック
監督: 前田秀樹
GK: 1本間幸司
DF: 20倉本崇史(45分 24高橋周大)、3平松大志、4河野淳吾、18金基洙
MF: 25鈴木良和、6小椋祥平、8権東勇介(86分 11塩沢勝吾)、22桑原剛(69分 27岩舘侑哉)
FW: 9アンデルソン、19西野晃平
得点: なし
警告: 小椋祥平(41分)
控え: 21武田博行、14吉本岳史

コンサドーレ札幌
監督: 柳下正明
GK: 31佐藤優也
DF: 3西澤淳二、4曽田雄志、6西嶋弘之
MF: 16大塚真司、15加賀健一、18芳賀博信、8砂川誠(66分 25藤田征也)、29西谷正也(82分 20上里一将)
FW: 10フッキ、11相川進也(88分 9石井謙伍)
得点: 相川進也(79分)
警告: 芳賀博信(57分)、上里一将(89分)
退場: 3西澤淳二(86分)
控え: 1林卓人、21金子勇樹
・J2シーズン: 46試合14勝8分24敗、得点46失点63
・J2通算: 306試合82勝66分158敗、得点279失点451
・J2順位: 10位/13チーム
・J2リーグ: 3試合連続失点

【スタジアム観戦】
公式戦スタジアム観戦161試合目
3連勝ならず。7連敗を経て3バックに変更後は2勝1分だっただけに、アンデルソンの復帰と倉本の起用により4バックへ戻した上での敗戦は惜しまれる。前半で倉本が再び負傷してしまい高橋を投入後も小椋を下げて4バックを維持したことも含めて、すっきりしなかった。冷えきったスタジアムに何か熱いものを探しても、見当たらない、そんな一戦。


by junn-chang, Oct.11, 2019
posted by junn-chang at 06:22| 茨城 ☔| Comment(0) | 2006年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月10日

J2 2006 第48節 徳島ヴォルティス 1-2 水戸ホーリーホック

公式戦424試合目(J2-305試合目)
2006年11月11日
J2 2006 第48節 徳島ヴォルティス 1-2 水戸ホーリーホック
A 春野 3,317人
徳島ヴォルティス
監督: 東泰
GK: 1山口篤史
DF: 25谷池洋平、33西河翔吾、20大森健作
MF: 34小野雄平(72分 10大島康明)、19岡本竜之介、23金位漫(87分6大場啓)、8伊藤彰、11片岡功二
FW: 7ジョルジーニョ、13小林康剛
得点: ジョルジーニョ(40分)
警告: 伊藤彰(24分)
控え: 31高橋範夫、4井手口純、30金尚佑
水戸ホーリーホック
監督: 前田秀樹
GK: 1本間幸司
DF: 3平松大志、4河野淳吾、32大和田真史
MF: 25鈴木良和、6小椋祥平、13椎原拓也(55分 22桑原剛)、7秦賢二(45分 20倉本崇史)、19西野晃平
FW: 11塩沢勝吾(71分 29眞行寺和彦)、27岩舘侑哉
得点: 西野晃平(46分)、西野晃平(83分)
警告: 大和田真史(7分)、椎原拓也(36分)、鈴木良和(76分)、本間幸司(86分)
控え: 21武田博行、14吉本岳史

・J2シーズン: 45試合14勝8分23敗、得点46失点62
・J2通算: 305試合82勝66分157敗、得点279失点450
・J2順位: 10位/13チーム
・J2リーグ: 3試合連続不敗

by junn-chang, Oct.10, 2019
posted by junn-chang at 06:23| 茨城 ☀| Comment(0) | 2006年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月09日

J2 2006 第47節 東京ヴェルディ1969 1-4 水戸ホーリーホック

公式戦423試合目(J2-304試合目)
2006年10月28日
J2 2006 第47節 東京ヴェルディ1969 1-4 水戸ホーリーホック
A 味の素 5,287人
東京ヴェルディ1969
監督: ラモス瑠偉
GK: 21高木義成
DF: 43海本幸治郎、4戸川健太、30一柳夢吾(51分 22喜名哲裕)、3藤田泰成
MF: 8永井秀樹、6菅原智(29分 25平本一樹)、14富澤清太郎、10マルクス
FW: 17シウバ、20廣山望(57分 39齋藤将基)
得点: 齋藤将基(63分)
警告: 一柳夢吾(3分)、齋藤将基(89分)
控え: 34常澤聡、15金澤慎
水戸ホーリーホック
監督: 前田秀樹
GK: 1本間幸司
DF: 3平松大志、4河野淳吾、32大和田真史
MF: 25鈴木良和、6小椋祥平、13椎原拓也(88分 14吉本岳史)、7秦賢二(77分 17秋田政輝)、19西野晃平
FW: 11塩沢勝吾(64分 29眞行寺和彦)、27岩舘侑哉
得点: 塩沢勝吾(13分)、西野晃平(22分)、河野淳吾(46分)、西野晃平(54分)
警告: 大和田真史(33分)
控え: 21武田博行、18金基洙

・J2シーズン: 44試合13勝8分23敗、得点44失点61
・J2通算: 304試合81勝66分157敗、得点277失点449
・J2順位: 11位/13チーム

by junn-chang, Oct.9, 2019
posted by junn-chang at 06:16| 茨城 ☁| Comment(0) | 2006年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月08日

J2 2006 第46節 水戸ホーリーホック 0-0 ベガルタ仙台

公式戦422試合目(J2-303試合目)
2006年10月22日
J2 2006 第46節 水戸ホーリーホック 0-0 ベガルタ仙台
H 笠松 3,618人
水戸ホーリーホック
監督: 前田秀樹
GK: 1本間幸司
DF: 3平松大志、4河野淳吾、32大和田真史
MF: 25鈴木良和、6小椋祥平、13椎原拓也(89分 14吉本岳史)、7秦賢二、19西野晃平(88分 29眞行寺和彦)
FW: 11塩沢勝吾(73分 23岡本勇輝)、27岩舘侑哉
得点: なし
警告: 西野晃平(61分)
控え: 21武田博行、22桑原剛

ベガルタ仙台
監督: ジョエル・サンタナ
GK: 1小針清允
DF: 14中田洋介、3渡辺広大、5池田昇平、26村上和弘
MF: 7千葉直樹、6熊林親吾(79分 27富田晋伍)、10梁勇基、24大柴克友(76分 11チアゴ・ネーヴィス)、8ロペス(45分 13中島裕希)
FW: 9ボルジェス
得点: なし
警告: 千葉直樹(24分)、ボルジェス(40分)、チアゴ・ネーヴィス(84分)
控え: 21萩原達郎、25菅井直樹
・J2シーズン: 43試合12勝8分23敗、得点40失点60
・J2通算: 303試合80勝66分157敗、得点273失点448
・J2順位: 11位/13チーム
・J2リーグ戦: 8試合連続未勝利

【スタジアム観戦】
公式戦スタジアム観戦160試合目
遂に連敗ストップ! リーグ戦7連敗(天皇杯を含めて8連敗)中の水戸、勝てないだけでなく試合内容が悪い試合が続き、迷走の中で迎えた仙台戦。一体どうしたことか、水戸らしさ復活(!)となった好試合。12節仙台戦以来の3バックを採用、組織的な守備を疲労、特に鈴木の攻守に渡る貢献は大きかった。前節で退場したアンデルソンの不在が、あまり影響しないということも現実な水戸の現在。


by junn-chang, Oct.8, 2019
posted by junn-chang at 21:19| 茨城 🌁| Comment(0) | 2006年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする